まるでホグワーツ!? 7万人の学生生活をサポートする7つのカレッジ|特集 トロント大学「U of T」

 およそ7万人の学生が通うトロント大学のセント・ジョージ・キャンパス。学生の進路やキャンパスライフのサポートを円滑にすべく、7つのカレッジが存在する。どのカレッジも、各学部の学生の割合が均等になっており、学生が受けられる授業にも違いはない。しかし、それぞれのカレッジには異なる文化や伝統、建物の外観や雰囲気などがある。まるでハリーポッターの映画にでてくる建物のようなものから、現代的な建築様式を取り入れたもまであり、とても興味深い。

1.VICTORIA COLLEGE

コーヒーやサンドウィッチなど楽しめるNED’S CAFÉ

 トロント大学のなかで最も歴史があるカレッジのひとつ。1836年に設立され、現在では3300人の学生が所属している。敷地内にあるBurwash Dining HallとGreat Hallは実際に映画「ハリーポッター」のダイニングホールのモデルになっている。このダイニングホールのすぐそばには、カジュアルなカフェ「NED’S CAFE」がある。冬には、学生たちが暖炉の周りにあるソファーで食事を楽しむ様子も見られる。また、敷地内には、E.J.Pratt Libraryという図書館があり、ここには30万冊もの本が貯蔵されている。ビクトリア・カレッジでは、多くの分野にまたがるプログラムを受けることができ、他では見られない専攻や授業もある。敷地内には4つの寮があり、伝統的なものからアパートメントスタイルまで、自分好みの寮を選べる。

2.TRINITY COLLEGE

ホグワーツのダイニングホールのようだ。

Trinity Quadと呼ばれる中庭

 トロント大学のなかでも比較的小規模で歴史的なカレッジのひとつ。1851年に設立。1800人の生徒が所属している。カレッジの中にチャペルがあることも特徴の一つだ。トリニティ・カレッジの目の前には、Trinity Quadと呼ばれる中庭が広がっている。このカレッジの文化のひとつに、Wednesday Night High Table Dinnerと呼ばれる夕食会がある。これは、学生が学年ごとに座り、ガウンを着て教授と食事をしながら談話を楽しむもの。ハリーポッターのワンシーンを彷彿させるような光景だ。

3.NEW COLLEGE

とてもユニークなデザインの学生寮。

 新しく現代的なカレッジ内には広い緑地が広がっており、居心地がよい空間が広がっている。1962年に設立。5000人の生徒が所属。50%の学生の母国語が英語以外ということもあり、とても多様性があるカレッジだ。また、図書館は自然光がたくさん入ることが特徴的である。スポーツ複合施設やHart House(ジムや大学の学生が利用する劇場やレストランなど)が5分圏内にある。ニュー・カレッジが提供する専攻の中にはカリブ海研究や仏教の研究、ジェンダー研究など面白いものがいくつもある。リーダーシップを身につけるためのDRIVE Leadership Programを無料で受講することも可能だ。

4.INNIS COLLEGE

開放的なオープンテラス。

 7つのカレッジのなかでも小規模なカレッジ。1964年に設立。1954人の生徒が所属。カレッジの建物も二つしかなく、敷地も小さい。しかし、その小ささゆえ親密なコミュニティが生まれている。イニス・カレッジには、Town Hallと呼ばれる映画館があり、毎週金曜日に無料で映画を観ることができる。また、映画学も有名であり、映画学に関するユニークなプログラムも用意されている。定員数が少ないため、イニス・カレッジを第一候補にした人のみ入ることができる。

5.WOODSWORTH COLLEGE

もっとも人気がある学生寮

 7つのカレッジのなかでも新しいカレッジ。1974年に設立。6100人の生徒が所属。そして、ビクトリア様式と現代的な建物が特徴だ。ウッズワースの学生寮はとても人気のあることで有名だ。その寮はまるで高層マンションのようなガラス張りの建物で、371人の学生が暮らしている。犯罪学や雇用関係論などといった面白いプログラムもウッズワースカレッジで選ぶこともできる。

 カレッジ内にはKRUGER HALLという名のイベントホールがあり、学生が勉強していることもあれば、大規模なイベントが開催されていることもある。また、交流の場としてラウンジやカフェがあり、勉強やリラックスできる場所が整えられている。

6.ST. MICHAEL’S COLLEGE

St.Basil’s Church

John M.Kelly Library 1階にはカフェがある。

 最も大きいカレッジのひとつで、敷地内には20以上の建物がある。バスケットボールのフープも備えられており、数名でバスケを楽しめるスペースもある。1852年に設立。カトリックの伝統をルーツにもつカレッジであり、敷地内にもとても立派なSt Basil’s Churchがある。このカレッジでは、卒業生の一人である英文学者マーシャル・マクルーハンに関する文学が所蔵されているほか、メディア研究、さらにはキリスト教研究などユニークで幅広いプログラムを提供している。また、カレッジ内には、The Mikeとよばれるオリジナルの新聞もあり、カレッジに関する情報を簡単に手に入れることができる。 唯一、女性寮があるカレッジだ。

7.UNIVERSITY COLLEGE

隣にはSTUDENTS’ UNIONという建物があり、その上には私たちになじみのあるようなキャラクターが・・・。

 最も象徴的なカレッジとして有名。1853年に設立。4500人の生徒が所属。イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学のデザインをもとに、ロマネスク・リヴァイヴァル建築様式で建設されている。1884年に大学で初めて、女性の入学がユニバーシティ・カレッジで認められた。カナダ研究や認知科学などといった幅広いプログラムが提供されている。また、1年に1回Fireballというソーシャル・イベントがあり、このイベントは1890年に起こった火事から「Fireball」という名前が付けられている。ディナーやデザートが提供され、DJの音楽でダンスやバンドのライブを楽しむことができ、このカレッジの大きなイベントのひとつになっている。