Canon 今月の注目カメラ「7D MarkⅡ」

キャノン・カナダからTORJA読者にスペシャル・オファー!

カメラ・アクセサリー15%OFF

ディスカウント・クーポンコード:TORJA15

http://estore.canon.ca/shop/en-CA/catalog
※2015年1月1日〜2015年12月31日まで、または在庫がなくなるまで有効
※カナダ国内のみ有効(このクーポンが禁止されている地域では無効になります。)
※特定の商品は数が限られていることがございます。
※在庫状況により、1商品につき10個まで注文可
※価格には税金が含まれていません。(お客様負担)
※デリバリーはカナダ国内のみ(個人や法人が在住する住所のみ)
※ディーラー、代理店、その他販売業者はこの割引が適用されません。
※キャノンeStoreの利用規約に従っています。 このキャンペーンコードは一年間有効なので、ぜひお手元に保管ください。

Colourful days with Camera in Canada

第3回 上山 望さん

カナダでの生活や思い出を写真としてたくさん残すことで、カナダを離れた後、写真を見ることで記憶をたどって、そのとき感じたことや思ったことが鮮やかに甦るように・・・・・

趣味がカメラという思い入れについて教えてください。

7d-mark-ii-01物心つく頃から機械モノが大好きでした。その中でも叔父が一眼レフカメラを持っていてすごい格好いいなとあこがれていました。元々、撮られるのあまりは好きな方ではないです(笑)撮る方にまわれば撮られることないじゃないですか。それで撮り続けていたら単純だけれど色々と奥が深いことに気づき面白くなってきました。
学生時代にEOS Kiss(初代)を手に入れまして、そこから少しずつ深みにはまっていき、ボディが壊れてしまったことを口実に、デジタル一眼に移行しました。20Dという当時の中級機だったのですが、レンズは今まで使っているのがそのまま使えるのはうれしかったですね。(やはり写りはちょっと甘かったため、よいレンズが欲しいという欲求がたまってしまいましたが・・・)デジタルに移行してから失敗を恐れなくなりまして、それから大分撮り方が変わりましたが、それと同時にもっといっぱい写真を撮って上手になってからまたフィルムで上手な写真を撮ってみたいと考えるようになり、レンズなどもデジタル専用ではないモノを少しずつ揃えていきました。そうこうしているうちにフルサイズと呼ばれている一眼レフも手が届く価格になってきたのでフィルムには戻らずに6Dを買い増しして今に至ります。
20Dは2004年の古い機種ですが、コンパクトカメラと比べて今でも十分なクォリティで撮れるので、時々出して使っています。初めての場合は中古からスタートするのもよいかもしれませんね。

カナダでの生活も長くなってきましたが、カナダでのカメラ生活の魅力は?

各地を訪ねても写真に映える風光明媚なところが多いので下手なりにたくさん写真を撮っています。アルゴンキンの紅葉や、ナイアガラの滝、ケベックの建築物、プリンスエドワード島の青い海に浮かぶ赤い土と緑のコントラストなど、カナダを離れた後、ここでの生活、思い出をたくさん残すことで、後々写真を見ることで記憶をたどってそのとき感じたことや思ったことが鮮やかに蘇るよう写真を撮る事を心がけつつ、色々と楽しみながら思い出を残すように撮っています。

7D MarkⅡを使ってみていかがでしたか?

IMAGE MONSTERの後継機はやはりIMAGE MONSTERでしたね。昨今のフルサイズブームのあおりか、ハイエンドAPS-Cのカメラは他社を含めて出てきていませんでした。その中でこの性能をこの価格で出していただいたことに賛辞を贈りたいと思います。
センサーサイズは小型ながら、プロ用の1Dxと肩を並べるようなAF・連写性能を持ち、それでいて値段は1/3程度となっています。先代はデジタル機器としては驚異的な5年もの長きにわたって販売され続けていました。この機種も先代同様長寿モデルとなるだけの性能を持っていると感じました。
また、動画撮影能力も非常に優れていて、デュアルピクセルCMOSのおかげもあってAFが非常に速く実用的になっています。映像を撮られる方にもおすすめできると思います。フルサイズの高感度を気にされない方、すでにEF-Sレンズを持たれている方には絶対にお勧めできますね。特に、野鳥などの動物撮影や、モータースポーツ、航空機、鉄道写真を趣味とされている方は待ちわびていた事と思います。また、初心者の方は敷居が高いと感じられるかもしれませんが、本気で写真を始めたいとお考えでしたら購入の候補に入れることをお勧めします。構図に集中でき一瞬のチャンスを逃さず思い通りに撮れるので、上達する近道だと感じました。

きっとこれからもカメラを手放せないと思いますが、今後はどのような写真を撮っていきたいですか?

撮りたい写真をじっとシャッターチャンスを待って撮るという撮り方をしてみたいのですが、さすがに生活があるので難しいですね。それよりも、何気ない日常を撮った何年か後に思い出が蘇るような写真を残せたらと思います。

今月の注目カメラ「7D Mark Ⅱ」

7d-mark-ii-02

大き目なグリップがしっかり手に馴染む

7d-mark-ii-03

上面のボタン類は1ボタンに2つの機能が割り当てられており、前後の電子ダイヤルでそれぞれの操作をおこなう。

7d-mark-ii-04

オーソドックスに使いやすく並んだ操作系ボタン


プロフェッショナルな写真家の創造力をかき立てる一眼レフカメラ登場

このキャノンEOS 7D Mark Ⅱは写真家や動画撮影者といったカメラを必要としている人の高い要求に応え、様々な創造の機会を提供できるデジタル一眼レフカメラだ。キャノンが誇る最高峰のオペレーションシステムに丈夫且つ洗練されたデザインで今まで撮影の難しかった状況下ので撮影も簡単に行えるようになった。キャノンEOS 7D Mark ⅡはAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用。DIGIC 6エンジンとの併用で有効画素数は2020万画素を実現。高ISO感度は100-16000とどのような光源下にも対応でき、65測距点から処理されるAFシステムで素早く被写体を捉えることができる。撮影した画像はSDカード、CFカード両方の使用が可能で、内蔵されているGPSから撮影場所の確認も簡単に行うことができる。キャノンが誇るEF、EF Sレンズとの互換性も抜群なのでこだわった一枚を撮りたい写真家におすすめの一台だ。

自社開発・自社生産のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)で高画素と高感度を両立

有効画素数約2020万画素、常用ISO感度最高16000を達成した高解像度センサーは、空気感、光のニュアンス、被写体の繊細なディテール、微妙な色彩のグラデーションまで刻みとることができる。同センサーは8チャンネル読み出し技術を採用し、画素一つ一つの読み出し速度を上げることで高画素と高速連続撮影を両立。CMOS半導体工程に新プロセスを導入し、S/N比や集光効率の向上を実現、DIGIC 6に情報が到達させる前に低ノイズ化を実行することで高感度撮影を可能にしている。

EOS史上初、映像エンジンDIGIC 6を2基搭載

速度と精度の両方を高次元で実現するためにEOS 7D Mark Ⅱは2基の映像エンジンDIGIC 6を搭載。約2020万画素CMOSセンサーから出力される8チャンネル高速信号読み出しに対応するため、4チャンネルのアナログ信号をデジタル信号に変換するフロントエンド処理回路を2個採用。デュアル DIGIC 6とセットで働く高速並列処理回路により、階調や色を繊細に捉え、自然な画像を、より高速に生成することが可能になった。

最高約10コマ/秒の高速連続撮影

従来のカメラでは捉えることが難しかった被写体の動きの中にある決定的瞬間。EOS 7D Mark Ⅱでは有効画素数 約2020万画素という高画素のまま高速連続撮影を可能にした。高性能のセンサー、映像エンジンと合わせてシャッター/ミラー機構を新開発。ミラーアップ時のバウンド抑制を改善するなど、より短いレリーズタイムラグを実現、衝撃の緩和によって高速連続撮影時でも高精度AIサーボAFと安定したファインダー像を保つことに成功した。

EOS最大のオールクロス65点AFセンサー

より速く、正確にピントを合わせるために追及された測距点のAFフレームの多点化とクロス測距化。広範囲且つ高密度に配置された65点の測距点が被写体の色や形にとらわれることなく思い通りの構図で高精度に捉えることを実現。使用頻度の高い中央測距点には高いピント精度を実現するF2.8とF5.6光束対応クロス測距(デュアルクロス測距)を配置。また中央1点に限れば低輝度限界はEV-3を達成。暗い場所での撮影も高精度なAFを活かして、高感度撮影が行える。

被写体の特徴を見分ける優れたAF機能

被写体の顔や色を解析しAFを最適に制御するEOS iSAシステムと高速で動く被写体、予期せぬ動きをする被写体を追尾し続けるEOS iTR AFが連携することで高精度な被写体検出、追尾を実現。カメラが被写体を認識した後は被写体の動きが急変し測距点を外れてしまっても、ファインダーないの別測距点に移動してピントを合わせ続けることができる。他にもAFにはあらゆる撮影シーンに対応するために、7つの測距エリア選択モードを搭載している。

広く、明るい視野を実現。視野率約100%の光学ファインダー

動く被写体を追う時に重要になるのがこの光学ファインダー。新ガラスペンタプリズムを採用し、視野率約100%を実現。明るく、ピントの掴みやすいこの光学ファインダーでの撮影を重視しつつ、ライブビュー撮影や電子ビューファインダー撮影のメリットを取り入れようと理想を追求し生まれたのが、インテリジェントビューファインダーII。ファインダー視野内に65点の測距点表示をはじめ、撮影モード、ドライブモード、AF動作、記録形式などの撮影情報を表示。これらの情報は自分の撮影スタイルに合わせてカスタマイズも可能。

見やすさにこだわったワイド3インチ・約104万ドット液晶モニター

屋外での光の反射も少ないクリアビューⅡLCD液晶を採用。3インチ・約104万ドットの高解像度液晶モニターのおかげで拡大表示にも充分な解像度を確保。発色性、色再現性にも優れ、撮影時のみならず、画像の確認時にも役立つ自然な画像表示を実現。操作中の指紋やホコリなどの汚れが拭き取りやすいよう、汚れ防止コーティングが施されている。