隔絶された世界

読者の皆様こんにちは。

以前チャイナタウン近くを散策していた時、ふと気になるお店があったもので入ってみました。そこはなんと『アンティークショップ』!

アンティークショップという場所に自ら進んで入ったのは初めてです。普段脂っぽい料理のレストランしか行かない私からしてみれば、そこは非常に新鮮な世界でしたね。

中はというと、どこもかしこも骨董品や芸術品に満ち溢れていました。

現世とは隔絶された世界

現世とは隔絶された世界

いやはや、店内を見るだけでも相当体力を使いますね。というのも、店内が狭いというのもあるのですが、「品物を壊してはいけない」という緊張感を常に強いられます。置いてある品物も、どれも高級そうに見えてきます。(実際そうだったのかもしれませんが)。幸か不幸か、私はそういった物の価値が一切わからないことで有名ですので、逆に純粋に楽しめましたね。

古代ヨーロッパの将軍から・・・

古代ヨーロッパの将軍から・・・

現代中国の建国者まで。こういった場所も時代もバラバラな点がもうトロントらしさを体現する。

現代中国の建国者まで。こういった場所も時代もバラバラな点がもうトロントらしさを体現する。

もちろんここは美術館などではなく、れっきとしたお店ですので、もし気に入ったものがあれば購入されてみるのもいいでしょう。大きな像や絵画もあれば、小さな人形などもありましたので、コレクターのような方々だけでなく皆さん楽しめると思います。

皆さんのお気に入りの『あんてぃーく』なお店はありますか?

こういう雑多な感じ好き

こういう雑多な感じ好き