TAD式 絶対感覚ストレッチ法 | オリンピック選手もサポートするカナダ公認マッサージ・セラピストが教える身体と健康【第62回】

 エクササイズ慣れした患者さんに「体硬いですね!」というと、「もっと頑張ってストレッチします!」と物分かりがよい。しかし、今までも十分にストレッチをしてきて、この硬い体があるわけであって、同じことを再度行って効果が上がる可能性は低いかも?ここで提案したいのが、「TAD式 絶対感覚ストレッチ法」です。別に難しいこと、新しい方法を学べと言ってるわけではありません。今迄やってきたことを、より正確に、そして効果を確認しながら行う即効性のある改善策です。

 そもそも、ストレッチしている人に、「今何を目的としてストレッチしてるの?」という質問をして正確に答えられる人はほとんどいません。これでは十分な効果は期待できません。どこの緊張を取るために、どの筋肉、腱、筋膜をどのように緩めるとか、腱や筋膜などストレッチでは伸ばしにくい所の対策をどうするか?などを理解すると効果の上がるストレッチになります。

 また、正確なストレッチが出来ているかどうかの目安として自分の絶対感覚を使うのもアイディアです。ここで言う絶対感覚とは、正確なポイントにアプローチしている感覚を「こんな感じ!」と自分の感覚で記憶することです。絶対感覚を使うことにより間違った動きを防止します。これが出来れば、今までやって来たストレッチの効果が目に見える形で上がります。

【TAD式 絶対感覚ストレッチの注意点】

❶アプローチの時間を守る

 正確なストレッチをしても、筋肉を伸ばしてあげる十分な時間をキープしないと効果が半減してしまいます。

❷正確なポイントの確認

 目的とする筋肉の位置を理解する。どこからどこへ付着してるかなどを理解して刺激が届いていることを確認する。

【TAD式 絶対感覚ストレッチのメリット】

 通常行っているストレッチで起こる最大のミスは、目的とする筋肉へ正確な刺激が届いていないことです。何故この様な事が起こるかと言うと、ストレッチの形だけを覚えることに気を取られて、肝心なストレッチにより結果的に「どうなるべき」という確認方法が抜けてしまうことにあります。簡単な防止策として、ストレッチの前後の変化を写真などで撮影して客観的に確認するのは、とても効果的です。間違えに直ぐに気がつくのが大きなメリットです。変化が無いのは、やり方が間違ってる可能性が高いのです。

 3ヶ月後の効果を期待して黙々とストレッチするのではなく、毎回、日々の効果を確認することによりミスは直ぐに修正して確実に効果を上げるコンディショニングを行いましょう。

 TAD式コンディショニングを、より丁寧に解説したブログ「金メダルに導くマッサージセラピストの目線」を始めました。
http://massage.sablage.biz/top-athletes/message-from-ace-skater/

FLOW SHIATSU CLINIC

720 Spadina Ave. Suite 507 スパダイナ駅徒歩2分
電話: 416-323-3700
テキスト: 647-828-0700
tadshiatsu@gmail.com

テキスト、E メールでのご予約をおすすめします。