自分にぴったりのBBQグリルの選び方

を楽しもう
自分にぴったりのBBQグリルの選び方

晴れている日には外で食事を楽しみたい。それを可能にしてくれるのがBBQ。カナダ人によっては毎晩のようにバックヤードでBBQを楽しむ人もいるほどだ。世界最大級の品揃えを誇るOntario Gas BBQのオーナーDuff Dixonさんに今のトレンドやBBQグリルを選ぶコツを聞いてきました。


取り扱っているBBQグリルについて教えて下さい。

弊社ではWeber、Napoleon、Broil Kingの3つのブランドを主に取り扱っています。3社ともノースアメリカの会社で特にNapoleon、Broil Kingはオンタリオの工場で製造されているのが特長です。やはりBBQグリルは屋外で使う物なので使用しているうちにメンテナンスや新しいパーツが必要になります。その時はカナダ国内、またはアメリカのブランドの方が早く対応してくれます。BBQグリルはバックヤードで使う屋外用がメインで値段も安いものだと300ドルぐらいから、高いものでは2万ドル、3万ドルするものもあります。またスモーカーやピザオーブン、持ち運び可能な小さいサイズのグリルもあります。

BBQグリルで最近の流行りはなんですか?

インターネットの発達でお客様がそれぞれ何を欲しいかしっかりわかっていますし、料理用のアクセサリーが増えたことでBBQでも手の込んだ料理をする人が増えていますね。また料理を楽しむ人の増加とともにバックヤードに完全なアウトサイドキッチンを造る人が増えています。完全カスタマイズで作るのですがBBQグリルのサイズ、収納、シンク、バーシンクなど様々なオプションがあり、弊社の人気ブランドはLynxです。

他にはBig Green Eggが今のトレンドだと思います。通常グリルではスモークには向きませんし、スモーカーでは温度が上がらないのでBBQには向きません。ですが、このBig Green Eggは分厚いセラミックのおかげで思い通りに温度を調整することができ、ステーキを焼くことも、ローストチキンを作ることも、リブをスモークすることもできるのが魅力です。

完全なアウトサイドキッチン

完全なアウトサイドキッチン

今話題のBig Green Egg

今話題のBig Green Egg

BBQグリルを選ぶときのコツは?

それは完全にお客様次第ですね。予算がどれぐらいなのか、または欲しいBBQグリルのサイズやオプションで変わってきます。例えば同じサイズのカートでも、グリルのみ、サイドバーナー付きや、サイドバーナーとロースト用のバックバーナー付きとオプションを選ぶことができます 。またはグリルカバーをステンレススチールにするかしないかなどでも金額が変わってきます。実際に見て自分に必要なオプションを選ぶことで満足のいくグリルが購入できると思います。また購入の際には何点か覚えておきたいこともあります。

基本はBBQグリルのみ

基本はBBQグリルのみ

サイドバーナー付きグリル

サイドバーナー付きグリル

サイドバーナーとロースト用バックバーナー付き

サイドバーナーとロースト用バックバーナー付き

鉄vsステンレス

料理にこだわりを持っている人は鉄製を選ぶ傾向が強いですね。ステンレスよりも熱を保てるので食材をのせた直後の温度のムラが少ないからです。ただ鉄製グリルの方が雨や食塩などの影響を受けやすくきちんと管理しないと錆びてしまう恐れがあります。なので値段は高くなりますが手軽に使いたい人にはステンレススチールをおすすめします。ステンレススチールでもできるだけグリルが大きく重く作られているものなら、より熱を保つことができるので料理にこだわりたい人でも満足いくかもしれません。参考までに鉄製グリルの平均寿命は3〜5年、ステンレススチールではその倍の6〜10年ぐらいです。

印を入れて特別感を演出印

印を入れて特別感を演出印

天然ガスvsプロパンガス

バックヤード用のグリルの場合はガスを選ぶことが可能です。頻繁にBBQをするのであればガスがなくなることを心配しなくて済む天然ガスをおすすめします。ただガス栓を引かなければならないので金額的に非常に高くなってしまうこともあり、また一度繋げてしまうとグリルを動かせる範囲が限られてしまいます。ご家庭によっては冬にガレージでBBQをしたり、バックヤードの真ん中へ動かしてBBQパーティーをする方もいるので、そういう方はプロパンガスを選んでください。

ガスvs炭

バックヤード用のグリルはほとんどがガスですね。持ち運び可能なサイズのグリルでも7対3または6対4ぐらいでガスの方が人気があります。やはり片付けや手入れが簡単というのが理由です。ただ炭の扱いに慣れているのであれば炭火で食べるBBQは独特のフレーバーがついて美味しいですよね。炭の点火が難しいと思っている人も多いかもしれませんが、弊社で取り扱っている着火剤は天然素材なので変な雑味が入ることはないですし、私のおすすめは煙突効果です。これらを使えば炭火BBQも簡単に楽しめますよ。

(左)直火を避けてじっくり焼き上げる(右)トウモロコシのまとめ焼きも楽チン

(左)直火を避けてじっくり焼き上げる
(右)トウモロコシのまとめ焼きも楽チン

炭の人気ブランド

炭の人気ブランド


BBQ用の炭について教えて下さい。

弊社で取り扱っている炭の種類は11種類です。炭にはLumpとBriquetteの2種類があり、Lumpは自然に作られた炭で不揃いな形をしていますが、より高温になるのでステーキやバーガーパティを焼くのに向いています。BriquetteはLumpでは使用できないサイズの隅を集めて削りジャガイモやコーンスターチで固めてブロックのような形に揃えて作られます。こちらはあまり高温にならないのでリブやチキンをじっくりローストするのに向いています。

スモーク用で人気のフレーバーはなんですか?

まずスモーク用には細かなWood Chipsや大きめのChunksなどサイズや形状にも種類があります。通常のBBQグリルで使用する際にはSmoker Boxが必要となりますがChipsがおすすめです。他ではスモーカーでの使用が主になります。フルーツ系ではAppleやCherry、カナダらしいものではHickoryやMaple、ユニークなのではWine/ Whisky BarrelsやJack Danielsだと思います。
読者にメッセージをお願いします。

BBQを楽しむためにはもっと夏日が必要ですね。今年は涼しい日が多いですが、晴れている日に誰かのバックヤードに集まったり、持ち運び可能なグリルを公園などに持ち出して積極的に楽しんでください。通常の料理と一緒で何を作っても良いのでいろいろ試してみることをおすすめします。

bbq-grills-10

読者にメッセージをお願いします。
若い人に人気なポータブルグリル Weber Q 1200

若い人に人気なポータブルグリル Weber Q 1200

BBQを楽しむためにはもっと夏日が必要ですね。今年は涼しい日が多いですが、晴れている日に誰かのバックヤードに集まったり、持ち運び可能なグリルを公園などに持ち出して積極的に楽しんでください。通常の料理と一緒で何を作っても良いのでいろいろ試してみることをおすすめします。


 

Ontario Gas BBQ
3310 Langstaff Rd. Vaughan
905-761-8511
bbqs.com