『会ってみたいカナディアン』 ミシサガ市長 Bonnie Crobbieさん

ミシサガ市長 Bonnie Crobbieさん

bonnie-crobie20160804
bonnie-crobie20160805
bonnie-crobie20160806
ミシサガの由来は「Great River Mouth」が語源と言われ、1600年代フランスのトレイダーが北ヒューロン湖ミシサガ族と遭遇したのが始まりと伝えられている。ミシサガは1968年に町となり、1974年に市政が発足した。現在人口71万人を超えカナダで第六番目の大都市に成長した。ミシサガ市長クロンビー女史はポーランド系とウクライナ系のカナダ移民の家庭の一人娘として育った。クロンビー氏は幼少の頃より活発で、ダンスや陸上など各種スポーツに親しみ、読書好きだった。とり分け不動産業だった父の影響を受けて幼少の頃からビジネスや政治に強く関心があった。トロント大学St. Michael’s College卒業後、1992年ヨーク大学Schulich School of BusinessのMBAを取得した。職歴としてInsurance Board of Canada、McDonald’s社、Walt Disney社に於いて渉外広報とマーケティングを学び、20年にわたるビジネス体験をした。この経験は彼女の人生経験に大きく役立っている。1996年ミシサガにCargo Cosmetics社の共同創業者として参画した起業経験もその成果の一つである。

2008年カナダ連邦議員に当選、2011年連邦議員選挙落選後、同年9月ミシサガ市議会議員に初当選した。2014年36年間の長期に渡りミシサガ市長職を継続したマカリオン市長の後任に推薦されたボニー・クロンビー氏は63.49%の得票を得て市長に就任した。市政以外にも多くのコミュニティ・リーダーや、ボランティア・サービスに参画し、2012年カナダ総督よりカナダへの貢献と功績を称え「Queens’ Diamond Jubilee Medal」を授与された。

ミシサガ市の特色はイノベーションと技術革新にあり、63,000の事業所により42万人の雇用を創生し、経済発展と充実した教育制度、住民重視の政策を推進している。成人住民の1/3は大学卒業の資格を持ち、3万8000人の留学生が居住している。地理的交通インフラはカナダ最大のトロント国際空港があり、7本の主要ハイウエイが交差し、米国国境まで90分の市場性が有利な拠点の利を備えている。ミシサガ市の年間予算C$700mは健全財政を保ち、市の財政基盤はS&PによるAAAの評価を堅持している。

同市にはトロント大学のミシサガキャンパスや、国際コンベンション施設International Centre、Congress Centreが有り、主たる産業クラスターには、①ライフサイエンス(380社)、②IT情報、③ハイテク製造(航空宇宙220社、自動車330社)④金融(760社)、⑤クリーンテック、⑥食品飲料(80社)等がある。拠点を設けるグローバル企業にはMicrosoft、HP、Honeywell、City Bank、Royal Bank、TD Bank、Air Canada等フォーチュン500の71社が有る。ミシサガ市に拠点を持つ日系企業拠点はGTAに於ける最大の97社を数え、日立、日産、日野、スバル、キヤノン、ニコン、富士フィルム、日通、近鉄、など多くの企業の活躍の場となっている。特に南米、インド、日本、韓国、中国、ロシアとの貿易投資促進に力を入れている。カナダの人件費はG7中一番低く、ミシサガ市には人材育成として150余の専門職訓練プログラムが設定され、ミシサガへの投資条件は完備され整っている。2016年は州政府目標のライフ・サイエンス関連への対内投資強化プランを設定している。

同市の行政で特筆すべきは、女性の活躍がめざましいことである。先代女性市長に続き現職市長、6名の市会議員、経済開発部長、総務管理部長など多くの職責で女性が活躍している。日本との関係に於いては、1981年NTNベアリングの鈴木社長(現本社会長)により刈谷市と姉妹都市交流が始まり市役所前に「Kariya Drive」の命名と共に、Burnhamthorpe Rd.とKariya Dr. に「カリヤ・パーク」が造られた。2001年刈谷市にも「ミシサガ通り」の命名や「ミシサガ・パーク」が造られた。

2016年4月クロンビー市長は初めての訪日ミッションを実施した。在京カナダ大使館訪問を始め同市に拠点を構えるデンソー、三菱重工、パナソニック、日通、大林、日本トムソン、ユニクロ、住友精機、フジトランス、東明各社を訪問し、竹中刈谷市長、吉村大阪市長と交流を深め訪日投資促進の成果を達成した。ミシサガ市と愛知県刈谷市による姉妹都市協定は今年35周年を迎える。この記念を祝して今年7月10日に竹中刈谷市長を招き日本との交流行事「Japan Festival Mississauga」が開催された。ミシサガと日本との絆をますます深める交流の機会となり、多くのカナダ人、日本人、日系カナダ人が参加し、盛大な交流行事となった。
bonnie-crobie20160802
bonnie-crobie20160801
bonnie-crobie20160803