11月9日~11日 世界最大の日英バイリンガルのための就職・転職イベント『ボストンキャリアフォーラム』開催

 就職活動中の海外留学生にとっての登竜門とも言える就職・転職イベント『ボストンキャリアフォーラム』が今年も開催される。

 今年も200社を超える企業が世界中からこの3日間のためにボストンに集まって採用活動を行う。フルタイムのポジションはもちろん、インターンシップポジションや企業研究を目的とした学生も毎年多く参加している。

今年は230社の企業が世界中から参加!

 『ボストンキャリアフォーラム』は、日本国外で学んだ経験や知識を生かすために、日本人留学生や日本語を学んでいる方、または日本国外での就労経験のある転職者などのバイリンガル、バイカルチャルの方に向けた就職・転職イベントだ。

 このイベントでは説明会なども行っているが、メインは採用につながる面接となっている。今年度は230社の企業が集まり、3日間かけて面接をしていくので、イベント期間中に内定が出ることも多く、選考スピードが速いのが特徴だ。

 就職先も日本だけでなく、世界中にあり、またインターンシップから転職者の募集まで幅広い求人を募集しているのも注目だ。

日本企業、外資系の各業界を代表する企業が勢ぞろい!

 世界中の就活生から注目され、『ボスキャリ』と呼ばれているこのイベントは、各業界の企業が幅広く参加していて、日本企業、外資系の各業界を代表する企業が目立つ。

 日本企業からは、江崎グリコ、NTTデータ、花王グループ、資生堂、清水建設、JTBグループ、ソフトバンク、日本IBM、日本テレビ放送網、野村證券、日立製作所、みずほフィナンシャルグループ、三井不動産、三菱商事、楽天などが参加する。

 外資系では、アマゾンジャパン合同会社、アップル、P&Gジャパン、ブラックロック・ジャパン、ブルームバーグL.P.、ボストン・コンサルティング グループ、KPMG LLP、モルガン・スタンレー、ツイッター、ウーバー・ジャパン、ウォルマートなどが参加を予定している。。

 そのほかにも、日本銀行や日本政策投資銀行、外務省などの政府系機関も参加が決定している。

参加学生へのアドバイスや就活テクニック

□ 参加企業が230社もあるので、事前に志望度の高い順に企業リストを作っておき、効率よく回れるように準備しておくこと。
□ 多くの参加者が事前応募を行い、事前に面接の予約を行っている。
□ 希望する企業がまだ事前応募を受け付けている場合には事前応募を行うこと。
□ 事前応募後に連絡がない場合でも、当日企業ブースでウォークインを受け付けてくれる場合があるので、是非積極的にブースに足を運んでみること。

参加者コメント

 本当にこのような場を設けていただいて感謝しています。内定をいただくことだけに捉われず、私が知らなかった企業との出会いや挑戦する気待ちなど、色々な経験ができた3日間でした。
 あまり事前エントリーをしていなかったにも関わらず、ウォークインで面接をいただけたことも何回かあったので全体的には満足しました。
 かなりレベルの高い企業と学生が集まりとても刺激を受けました。内定はもらえませんでしたが、準備をした上で参加するならば価値があると思いました。
 これだけ多くの企業を一度に見られる機会はなかなかないので、とても良い経験になりました。仕事に対して考える良い機会となったので参加して本当に良かったと思います。

2017年度参加者アンケートから探るボスキャリ攻略方法

事前準備


イベント当日

参加対象者
日本語力、英語力共に少なくとも初級レベルをお持ちの方で以下のいずれかの条件を満たす方

・日本国外の大学の学士又はそれ以上(修士、博士等)の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
・1年以上の交換留学経験をお持ちの方で日本の学士又はそれ以上の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
・留学経験をお持ちの職務経験者や海外での職務経験をお持ちの方

お問い合わせ
cfn@careerforum.net
careerforum.net/ja/

開催日:11月9日(金)〜11日(日)
会場:Hynes Convention Center (900 Boylston St, Boston, MA 02115)


<情報提供>
DISCO International, Inc.