スターツ・トロント主催 ハワイ不動産投資セミナー 6月9・10日 @JCCC日系文化会館

熱心に耳を傾ける参加者の方々


世界でも多数の拠点を持ち、日本でも不動産の賃貸仲介業や物件管理業を行う東証一部上場企業のスターツ。今年2017年にトロントにカナダ初の拠点を設けた同社が6月9・10日に海外不動産投資として日本人に人気ナンバー1のハワイについてセミナーを開催。

両日ともに、ホノルル・東京の両方でブローカー、宅地建物取引士として 20年以上の実績を持ち、“ハワイトップリアルター100”を数多く受賞している畑華子氏がハワイから駆けつけ、活況を呈する不動産事情や運用方法の手法などについて講演を行った。

畑氏は、長年にわたりハワイがいかに人口増加を遂げ、不動産市場が安定しているか、さらには、ハワイ州における国別観光客や不動産取引においても日本そしてカナダ人が上位のシェアを占めていることをグラフを用いて説明した。またリゾート物件所有形態トレンドとして「コンドテル」と呼ばれるシステムを紹介。これは、ホテルの客室を分譲し、その部屋の管理運営方法をホテルの運営会社に委託するというもので、実際に日本人にも人気のアラモアナホテルやイリカイホテル、トランプ・ワイキキホテルなどが具体的な経費構成と、収益や利回りなどがどのようになっているかを実績ベースで案内した。

左:畑華子氏 右:フランク・キム氏


後半は、現在巨大再開発計画が進行している、ラグジュアリーリゾート「ワードビレッジ」について、フランク・キム氏が案内した。ホノルル・ワード地区での60エーカーのこの開発プロジェクトでは、次々と高層住宅が完成していく新たな街となっており、人気物件「AE’O」「GATEWAY」等の在庫状況、今春よりセールス開始となった「A’ALI’I」の最新売出し情報が紹介された。

当日は不動産投資に興味がある人や、冬のトロントの時期を暖かいエリアで過ごしたい人、ハワイ好きな人、日本にいる両親や親類と合流しやすいエリアであるハワイに興味がある人などが集まり、皆さん最後まで熱心に講演に耳を傾けていた。


Starts Realty Canada, Inc.

info@startstoronto.com
https://kaigai.starts.co.jp/toronto/