学生団体PORTA 第5回座談会 留学生×駐在員 2月10日@トロント商工会議場

porta-zadankai501
学生団体PORTAが主催する「座談会」も今回で第5回目を迎えた。毎回好評を博している同イベントはゲストに招かれた駐在員の生の声や経験を聞ける貴重な場であり、また少人数制だからこそ聞きたい質問や疑問をじっくりと話すことができるようになっている。

今回の座談会に参加した人はワーキングホリデーや語学留学者に留まらず、現在トロントでカレッジやユニバーシティに通っている人もおり、性別や年齢層も幅広く将来のキャリアについて真剣に考えている人たちが集まった。ゲストに招かれた駐在員はYAMAHA CANADA MUSIC Ltd.の西村壮史氏、UNIQLO Canada Inc.の井出享良氏、そしてKubota Canada Ltd.の朱膳寺尚貴氏の合計3名。参加者14名は3つのグループに分かれ、駐在員一人一人が30分間ずつ、ローテーション式でそれぞれのグループを周り、全員がじっくりと交流が持てるような形で座談会は進められた。

座談会の初めにはトロント商工会専務理事の伊東義員氏からカナダの日本企業が今どのように変化しているのかについて話があり、参加者はカナダと日本での働き方、文化の違い、駐在者としてカナダで働く中での苦労や、どのように現地社員たちとコミュニケーションをとるのか、カナダで働くために必要な資格についてなど、たくさんの質問を投げかけながら海外で働くことや自身のキャリアについて考えを巡らせていた。今回も駐在者の方たちの体験やキャリアについて深く話を聞くことができるとても貴重な機会となったようだ。

座談会終了後、参加者たちからは「このように直接いろいろな質問を駐在者の方たちに聞くことができてとてもいい経験になった」、「就活をする前にたくさんのお話をきけて、就活に対する意欲も上がった」などという感想の声が上がり、伊東氏からは「これからの日本を担っていく人たちを応援しています」と若者にエールを送り、この座談会を締めくくった。

次回の座談会は、4、5月開催予定。学生団体PORTAでは、一緒に団体を盛り上げてくれるメンバーを募集しており、興味がある方はPORTAのFacebookから問い合わせが可能だ。
学生団体PORTA Toronto  facebook.com/porta.toronto

porta-zadankai502

porta-zadankai503
porta-zadankai504

(Visited 190 time, 4 visit today)