日本とカナダのビジネスの可能性第16回

カナダのビジネス環境で起業し発展が期待される魅力的な企業を紹介

yoshihiko-ichida-16-01

Bioenterprise Corporation

(Agri-Technology Commercialization Centre)

Dave Smardon, President and CEO

Dave Smardon, President and CEO

yoshihiko-ichida-16-03

Yoshi Ichida and Dave Smardon

Yoshi Ichida and Dave Smardon


バイオ・エンタープライズ社は、先端農業技術により新たな事業挑戦、生産性の向上、ビジネスの拡大に向けて加速化と商業化を支援する農業技術商業化機関である。カナダ連邦及びオンタリオ州農務省、オンタリオ・アグリフード・テクノロジーズ、ソイ20/20、ライブストック・リサーチイノベーション等の支援を得て2008年設立された。運営財政は公的30%と私的70%の支援を受け、40余社の会員に各種サービスとアドバイスを提供している。

起業から事業運営に至るビジネス展開の過程に於いて、様々な指導と幅広い促進策を支援している。同社が持つグローバルネットワークを駆使し、産業界や専門家による起業時に遭遇するリスクの軽減やスムーズな運営指導をしている。今日に至るまでこれら支援企業は500余社に及び農業技術事業家や農業ビジネスを繁栄に導いて来ている。事業支援策の内容は、事業計画作成、金融計画とマーケティング開発、市場及び競合の分析、財務戦略の構築、資本調達適用指針、継続的な提案指導と相談等がある。また同社はATCCアグリ・テクノロジー・コマーシャライジング・センターの傘下として他の農業関係協会と協調運営に参加している。

カナダ農務省は、一次産品ビジネスから脱皮し、イノベーションによる技術改革を図り、高付加価値産業を推進し、国際競争力により輸出を拡大する次世代戦略を目標としている。2015年1月オンタリオ州政府は先端技術開発し、雇用拡大し、経済発展を目指し、更なる事業拡大に向けて発展を加速させる目的で、同社に次の5年間にC$2.5Mの基金供与が発表された。

事業分野として、アグリベース・ライフサイエンス、アグリベース・ヘルス、銀マネージメント・ツール、アニマル・サイエンス、養殖、バイオエネルギー、バイオ製品、クリーンテクノロジ―、穀物サイエンス、食品と機能性食品、フーズ・イングリディエント、食品廃棄物管理、有機食品、栄養補助食品、ウオーター・マネージメントなどがある。

バイオ・エンタープライズ社が提供する「プログラム」は、1.事業計画立案、2.マネージメントチームの設立、3.約半年前後の指導後に起業の可能性分析、4.市場や競合の調査、5.財務計画と戦略。6.マーケティング戦略、7.資金調達指針、8.対話指導、9.投資準備と蓄積、10.継続的なアドバイスとカウンセリング等「事業の目利き」役割を担っている。

同社の会員制度の特典には、北米、欧州、アジア地域における27の農業関係大学や研究所、各種企業に張り巡らされたグローバル・ネットワークによりビジネスの開発と商業化への促進支援、投資支援先の選定、事業展開のスピード化と市場拡大、グローバル提携先企業との関係構築の機会発掘などの各種サービスが手軽に受けられる。同社が関係を持つイノベーション・ポートフォリオには、GE、P&G、BSAF、Dowなど世界的最先端的技術を持つ企業や、大型投資が可能な一流企業との関係構築の支援を享受できる。

また、同社を今日の繁栄に導いたデイブ・スマ―ドンCEOは、P&Gに勤務していた父親の成功に習い経済学を専攻した。Apple社に勤務し、勤務形態が業務半分、自由研究半分の自由な職場環境で、多種多様な社員達、優秀なリーダーやメンター達から多くを学びビジネス挑戦の可能性に目覚めた。その後二社を設立し、優秀な人材によるチームワークと共に事業の成功を収めた。ビジネス成功の鍵は、「ネットワークの拡大、研究開発の推進、遠隔と面談によるコミュニケーションの充実、グローバル展開」が重要と述べる。特に技術立国であり新ビジネスの盛んな日本と資源大国カナダとの交流が更に拡大し、日加両チームがWinWinと盛況する事に大きく期待している。

支援例企業にはPlantForm Corporatiom、AbCelex Technologies Inc.、Anatis Bioprotection、Wellington Agribusiness Development、Troll Bridge Creek Inc.、Cennatek、Be Seen Be safe等と他600余社の候補企業がある。

www.agritechcentre.ca/en

<資料:同協会、ウエブサイト、D.Smardon氏、文責不問>


ichida02市田 嘉彦

京都五条坂出身のビジネスコンサルタント。民芸、ラテン 音楽、合気道愛好家。座右の銘『今ここで頑 張らず に い つ 頑 張る』京 都 大 徳 寺 大 仙 院 尾 関 宗 園 住 職。JAPAN TRADE INVEST (Consultant) 、 Former Investment Advisor at JETRO Toronto