やっぱり一人暮らしがしたい!カナダ・トロントでアパートを借りる手順とリアルにかかる月々コスト

カナダ留学中は一人暮らしですか?シェアハウスですか?
留学中の住居といえばホームステイやハウスシェアが王道ですが、1年以上のステイともあれば自分で部屋を借りるというオプションも。そこで今回は現役カナダ留学生の私が、アパートを探す手順と、見落としがちなコストを紹介します。

空き部屋を手に入れるまで


カナダには日本のような不動産手続きをしてくれる会社はなく、自分で探して手続きをするのがスタンダード。部屋探しのタイミングは引っ越し希望日の2ヶ月半前くらいがベストです。まずは予算とロケーションを決め、部屋探しのウェブサイト(view it:http://www.viewit.ca やkijij:https://www.kijiji.caが人気)や、看板に空き部屋のサインがあるところへ電話をかけまくるところからスタート!メールでもコンタクトは取れますが、電話の方が圧倒的に早く物事が進むので、勇気を振り絞って電話をかけてみましょう。部屋のサイズ(バチェラーなのか、1ベッドなのか)と入居希望日が伝われば大丈夫です。

自分の希望と、アパート側の空き部屋がマッチすれば下見を予約して実際に足を運んで、必ず自分の目で部屋の状態を確認しましょう!部屋以外にも、ビルのメンテナンス(清潔に保たれているか)、洗濯事情、ジムやプールなどの施設、周辺施設や交通の便の確認をお忘れなく。
実際にlandlordに会って、信頼できる人か、そして何よりコントラクトなどの契約内容の確認を綿密に行いましょう!だいたいのアパートは最低1年契約で、その後は月ごとに契約更新です。

部屋が気に入れば、コントラクトにサインして必要書類を提出します。収入があると証明できる書類が必要になってきますが、もし学生やワーホリの場合は銀行の残高証明を提出し、家賃が払えるという証明ができればオッケーです。

これで契約完了。時間と精神力はかかりますが、実は特に難しい手続きなどはありません!しかし、入居してからかかるお金が実は家賃だけじゃない!実施にlandlordに支払う家賃は、契約書に書かれた金額ですが、以下の4つはとりあえず空き部屋を探そうと必死になって見落としがちな出費です。

見落としがちなリアルな月々のコスト

ハイドロと洗濯代

大体のアパートはwater and heatは家賃に含まれていますが、Hydro(電気代)は別です。大体、一人当たり約20〜30ドル/月ですが、予算を設定する時に組み込むことをお忘れなく!!家賃 + 20〜30 = リアル家賃 です。

洗濯機が部屋ではなく、地下などに設置されている場合は使用するのに料金が発生します。日本みたいに毎日毎朝、洗濯はできません。。

家具

賃貸には、家具付き(furnished)の部屋 とそうでない部屋があります。家具付きでない場合は、必要最低限の家具を購入することになりベッドや机など、意外とお金がかかる!中古品などを買ってコストを抑えるのもありですが、マットレスやソファはダニやベッドバグのリスクも高いので、気をつけたいポイントです。

ほとんどのアパートは冷蔵庫とストーブがついてきます。しかし、電子レンジやフライパン、ケトルなど何気に必要なものは一切ないので自分で揃えることが必要です!

Wi-fiとテレビ

ホームステイやシェアハウスだと、あらかじめ設置されていてそのありがたさには気付かないWi-fiの存在!自分で部屋を借りることになれば、自分で契約して月々携帯と同様に支払いが必要になってきます!会社やプランによりけりですが、大体月50〜80ドルくらいが相場。

テレビもチャンネルを引けば料金がかかりますが、Wi-fiさえあれば映画もニュースも観れてしまいます!

保険(ベーシックなもので約30ドル/月)

部屋引き渡しの際に、テナント保険に入っていることが義務付けれているアパートも多くありません。どこの保険会社に頼めばいいの!?と一瞬パニックになりますが、大体の銀行は保険会社と提携しているので口座を持っている銀行に出向いてテナント保険に入りたいと訪ねるか、またはウェブサイトで見積もりを出すこともできるのでそのまま電話で契約も可能です。意外と簡単なので、特に心配することはないです!

1ベッドルームのベーシックなプランで年間300ドル前後。一括払いか、月々の支払い、どちらでも可能。

まとめ

このように家賃の他にも思わぬ出費が月々必要になってくるのです!
トータル家賃 = 家賃 + Hydro + 洗濯代 + Wi-fi +テナント保険

トロントのアパートハンティングは競争率が高いですが、住居は生活の中で最も大切な基盤。 知識は何にも変えられないパワー!自分の希望と予算に沿った住居が見つかるよう、探し始める前にしっかりリサーチをお忘れなく!


この記事を書いた人

セリナ(・トロント在住)

地球に住んでる人みんな話せるようになりたいと、大学で社会言語学を先行。カリフォルニア州での語学留学で日本を離れたことが人生の機転になり、思い切って卒業後トロントへ移住。インテリアやお花などCHICなものが大好きで男気強めな名古屋嬢。