カナダ(北米)のデート事情/ovrseeのカナダライフ日記【第7回】

2017年から開始したovrseeのLGBTサポート。きっかけはovrseeで働いているLGBTスタッフが語ってくれたこれまでの人生。日本での自分、トロントに留学して変わった自分のストーリーはとても心に響くものがあり、その体験談を元に日本のLGBTの方、またはLGBTコミュニティーに関心のある方に向けLGBT留学サポートを開始しました(http://ovrsee.ca/support-lgbt/)。

フレンドリーさが人気のovrsee。完全予約制のカウンセリングでは、恋愛相談をしにきてくれる生徒さんもたくさんいます。今回はカナダ(北米)のデート事情をお話したいと思います。

カジュアルなデートは軽装デートではない。


カジュアルデートって言葉は聞いたことありますか??カジュアルなお洋服を着てお出かけではありません。casual dating(カジュアル・デーティング)は恋愛関係を表す言葉です。たぶん人によって捉え方って少し違いがあると思うんですが、私の認識では「1人に決めず、いろんな人とデートしてる状態」だと思っています。

Are you seeing anyone?
今誰かと付き合ってるの?

I am casually dating now.
(特定の人を作らず)いろんな人とデートしてるんだ。

日本だと、複数の人とデートしてるって遊び人なイメージだと思いますが、ここでは複数の人と同時に付き合っているわけではなく、あくまで、特定の人を決めずいろんな人とお互いを知り合っている状態です。なので悪い印象はありません。今は特定の人を”作る予定がない”という場合だったりもします。長く付き合った人と別れたばっかり、仕事に集中していて恋人はあまり考えてない。と言う人がこう言うのを耳にしたりします。


だた、casual dateだからといて映画や食事、お茶だけといった、プラトニックという訳ではありません。一晩を共にしたりと言うこともあります。有名なアメリカのテレビドラマSex And The CityでSamanthaが「車買うのに、試乗しないで買う人はいないでしょ。」って言ったぐらいなので、まさに”お試し期間中”といった感じでしょうか。

恋人に発展する予定がなく、フィジカルだけの場合はcasual dateではなくfriend with benefitなどといいます。その他言い方もありますが、言葉が美しくないのでここでは控えたいと思います。笑

casual dateから進展する場合もあります。他の人と会うことをやめ、お互いだけの場合をexclusive(エクスクルースィブ)と表現したりします。casual dateで始まった場合、どの段階でexclusiveに進展するのかは話し合いが必要になりますね。暗黙の了解は危険なので、きちんと話し合いましょう。自分は真剣に1人の人を探しているのに、相手がずっとcasual datingを望んでいる場合は相手が自分だけになるのを待つこともできますが、嫉妬とか生まれてくるので精神的なタフさが必要です。

ただ相手がcasual datingを望んでいる場合は、基本は自分も他の人とあっても良いと言うルールなので、自分が他の人出会って、「真剣に付き合う人ができたからバイバイ」というのもOKですよ。

3人のマイクと同時にデートする。


私の知り合い男性の話をしたいと思います。許可はもらっています笑

私の知人は、昔サンディエゴ(カリフォルニア)に留学していました。その時に語学学校の先生に恋をしてしまったそうなんです。

先生の名前はマイク。

授業中にドキドキしたりして、なんと携帯番号もゲットしたそうなんですが、気持ちを伝えたりすることはできずに、あくまで生徒と先生という関係だったようです。そんな友人は上記で述べたカジュアルデートを体感するべく、郷に入っては郷に従えということで、他にも2の人とデートを開始。

そのうちの1人の名前がマイク。先生と同じ名前のマイク。カジノでディーラーのお仕事をしていた彼。彼とはあまり会話が盛り上がらず、デートにいったりということもほとんどなかったそうなんですが、【その他】の相性がとってもよかったらしい。大人のみなさんは”その他”が何かわかっていただけるかと。。。お泊まりして朝一緒にファーマーズマーケットに行ったりすることもあったんですが、仲のいい友達止まり。

同時にもう1人デートしてた人の名前もなんとマイク。先生のマイクと、ディーラーのマイクではない第三のマイクの登場!! 第三のマイクはお金に余裕のある少し年上のマイク。普段いけないようなレストランに連れて行ってくれたり、真っ赤なスポーツカーでドライブをしたり、ペントハウスのマンションのパーティーに呼んでくれたりと今まで経験したことないことをたくさん経験できたそうなんですが、友人の心には全く興味がなく、まるで飾りのように扱われ方に慣れなかったそうです。

この話を面白いなと思ったのは3人のマイクと同時にやりとりしていただけではなく、

マイク1 心
マイク2 体
マイク3 お金

と魅力が全員バラバラだということ。本当に携帯にMike1, Mike2, Mike3と登録していたらしいです。笑

マイク1は心を魅了しているけれど、叶わない恋。
マイク2は体を魅了しているけれど、心がともわない。
マイク3は様々な経験をさせてくれるけれど、ただの飾り。

もちろんどのマイクとも未来の話をすることもなく日本へ帰国することに。その後、数年して留学したカナダで今のご主人に出会い結婚した友人。これで、友人の夫の名前がMikeだったら超面白かったんですけど、Daveでした。


留学中にいろんな人に出会います。生涯の友人に出会うこともありますし、運命の出会いをすることもあります。ただ”その他”の関係になる場合はきちんと考えてくださいね。自分が準備できていないと思うならきちんとNoと言いましょう。それでもプッシュしてくる人はサヨナラバイバイです。


ovrsee co. 秋山みほ

2017年から開始したovrseeのLGBTサポート。きっかけはovrseeで働いているLGBTスタッフが語ってくれたこれまでの人生。日本での自分、トロントに留学して変わった自分のストーリーはとても心に響くものがあり、その体験談を元に日本のLGBTの方、またはLGBTコミュニティーに関心のある方に向けLGBT留学サポートを開始しました。2018年にはTorontoのLGBT情報を紹介する日本語サイトLGBTxトロント(http://lgbtoronto.ca/)を公開。