Canon 今月の注目プリンター「MAXIFY MB2320」

キャノン・カナダからTORJA読者にスペシャル・オファー!

カメラ・アクセサリー15%OFF

ディスカウント・クーポンコード:TORJA15

http://estore.canon.ca/shop/en-CA/catalog
※2015年1月1日〜2015年12月31日まで、または在庫がなくなるまで有効
※カナダ国内のみ有効(このクーポンが禁止されている地域では無効になります。)
※特定の商品は数が限られていることがございます。
※在庫状況により、1商品につき10個まで注文可
※価格には税金が含まれていません。(お客様負担)
※デリバリーはカナダ国内のみ(個人や法人が在住する住所のみ)
※ディーラー、代理店、その他販売業者はこの割引が適用されません。
※キャノンeStoreの利用規約に従っています。 このキャンペーンコードは一年間有効なので、ぜひお手元に保管ください。

Colourful days with Camera in Canada

第4回 仕事もプライベートもプリンターとともに。 川喜多 綾さん

canon-maxify-mb2320-01カナダ政府公認移民コンサルタントとして活躍する川喜多さん。 ご自身のビジネスの魅力を教えてください。

カナダで永住したい、就労したい、勉強したいといった目標を持つ方々のお手伝いができることです。お客様お一人お一人の人生の一部に関わっているということを常々実感しています。責任の大きな職種ですし、日本人コミュニティという小さな 世界の中で確実な仕事をしていくことにプレッシャーを感じることもありますが、カナダの大手移民法律事務所で就労していた強みを生かして仕事をしています。個人のお客様の将来をサポートすることもそうですが、日系企業のお客様が(日本で培った知識を生かし)カナダでご活躍されるという場をサポートさせて頂くことにもとてもやりがいを感じています。

ホームオフィスビジネスの魅力を教えてください。

一番の魅力はオフィスを借りるコストが節約できることでしょうか。ホームオフィスと言っても、お客様とお話しするスペースはプロフェッショナルな雰囲気にするよう心掛けてきました。多くのお客様が「堅苦しい法律事務所の雰囲気よりも、アットホームで話がし易い」とおっしゃって下さったことも嬉しく思いました。またオフィスを借りるコストが制限できる分、お客様にかかるご負担も低く設定できるというメリットもあります。でも正直にお話すると一番の魅力は大雪の日に暖かくして仕事に出勤しなくてもいいことかもしれません。

お仕事の関係上、プリンターはかかせない存在だと思いますが、どのような活用をされていますか?

近年オンライン化が進んでいますが、法律分野ではまだまだ紙に頼っている部分は多いということもあり、プリンターは私のビジネスで起業当初よりとても大事な役割を果たしています。お客様の書類を全て印刷して保管することもそうですが、書類の発送の追跡結果を印刷したり、企業のお客様に見せる資料を印刷したり、様々なラベルや封筒の印刷など、毎日フル活用しています。特に最近ではスキャナーとプリンター一体型を利用しているため、書類を瞬時にスキャンしてお客様にメールでお送りすることができるためとても便利です。

また、スモールビジネスをしている方であれば皆様お分かりになるかと思いますが、意外と会計関係でプリンターを使う機会は多いと思います。カナダでは税金関係の書類は最低でも6年間保存という法律があるため、必ず印刷・ スキャンして毎年保管するようにしています。

新しくオフィスを構える川喜多さんですが、どのようなオフィスにされる予定ですか?

今のオフィスもそうですが、新しいオフィスも大きな窓があってとても気持ちのいい環境です。今まではホームオフィスでしたが、今年の夏に新しく家族が増えるため思い切ってビジネスとパーソナルを切り離すことにしました。新しいオフィスの内装はまだ決まっていませんが、お客様に威圧感を与えるようなオフィスではなく、清潔感のある、居心地のいいオフィスにしたいと思っています。

これからご出産も控えていますが、お子様の写真印刷などプリンターをどのように活用されますか?

夫が一眼レフなど、写真好きなのできっと子供の写真を沢山を撮ると思います。私の家族も夫の家族もトロントに在住していないので、写真をプリンターで印刷してアルバムにし、家族に送ってあげるのも喜ばれるのではないかと思っています。また 妊娠中に撮ったお腹の写真を印刷して日記に張り、子供が将来大きくなってから見せてあげるのもいいかなと思っています。
実は昨年末に携帯電話に入っていた沢山の写真をプリンターで印刷してコラージュにし、壁に飾ったのですがこれが意外にも皆に好評で「この写真はどこ?」「この写真面白ね!」など話の種になっています。今は携帯電話で写真を気軽に撮ることができますが、やはり印刷して飾るということも楽しみの一つですよね。

今月の注目プリンター「MAXIFY MB2320」

canon-maxify-mb2320-02

canon-maxify-mb2320-03

ビジネス向けインクジェットプリンタ「MAXIFY MB2320」

今回の新しいビジネス向けインクジェットプリンタ「MAXIFY MB2320」は時間とお金を節約し、ホームベース・ビジネスオーナーの成功をサポート。仕事で必要な見やすく、カラフルな書類をより早く、より低コストに印刷することが可能になった。頼れる高性能なMAXIFY MB2320プリンタは高い生産性と効率の良さを追求して作られた。一枚一枚の早い印刷時間と、複数ページ印刷機能で作業効率を落とすことも待つ必要も無い。ペーパートレイには250枚収納できるものが2つ用意されており、大容量の印刷、コピーも楽々こなすことができる。MAXIFY MB2320プリンタ用インクでは従来より多くのページを見やすい文字、はっきりとした発色で印刷、コピーすることが可能になり、印刷された資料はにじまず、ハイライトなどのマーカーをつけても見やすい仕上がりだ。カナダ国内で100%カナダベースのカスタマーサービスやサポートを受けられるのも、いざという時こころ強い。高品質、低コスト、さらに信頼できるプリンタがこのMAXIFY MB2320だ。

時間と用紙の節約術

LetterやLegal、A4、A5などの他にも写真用紙、封筒など幅広い用紙サイズに対応でき、普通紙であれば250枚入るペーパートレイが2つ用意されている。これにより大容量のコピー、印刷でも用紙補充などの作業に追われることはない。また、自動両面印刷を選択することで用紙を裏返す手間を省き、用紙の節約につながる。また、一枚のページに複数枚印刷する2in1、4in1印刷を合わせて活用することで 最大8枚分の資料を1枚に印刷することも可能だ。

FAXの効率化

現在では様々な資料をインターネット、メールなどを通して共有することが可能になったがビジネスシーンではFAXの需要もまだまだある。このMAXIFY MB2320では印刷する時間と用紙を節約しパソコンから直接資料をFAXで相手に送ることが可能。また受信するFAXに関しては自動印刷(片面/両面)またはFAXデータをUSBなどの外部メモリーへ自動保存することもできる。受信したデータを確認必要な部分のみを印刷したり、インク切れで印刷されなかった部分の再印刷、さらに取り込んだデータを社内で素早く共有できるのも魅力だ。

有線/無線LAN対応の快適ネットワーク

MAXIFY MB2320はオフィスの配置やビジネススタイルに合わせて有線でも無線でもコンピューターから資料を印刷することが可能だ。インターネットを介して無線でつなげる場合には複数のコンピューターからアクセスすることもでき、さらにスマートフォンやタブレットなどでは人気クラウドサービス(Flickr®, Facebook®, Twitter®, Google Drive™, Dropbox®など)を使うことでより早く、簡単に資料を印刷、共有することも可能だ。

省エネ重視のエコモード

MAXIFY MB2320は環境保全を意識し、EPEAT®やEnergy Star®などの国際省エネルギー基準を満たしている。エコモードを選択することで受信したFAXやコピーを常に両面印刷し用紙を節約したり、設定された時間に合わせて電源が自動的にON/OFF起動するなど電力の節約機能も備えている。

低コストの大容量インク採用

大容量インクタンクのおかげで一枚毎にかかるコストを低減。また各色のインクタンクが独立しているので必要になった色だけを変えることができる。文書に関しては高い黒濃度で、資料に関しては鮮やかな発色とコントラストではっきりと見やすい印刷を実現。マーカーによるにじみや紙の摩擦などによるぶれもない高品質を提供している。