真の国際人を目指せる学校 CanPacific 満足度No.1プログラムの秘密と英語習得のポイント

ビジネス・コミュニケーション・ディプロマプログラム講師 ガイヤン先生に聞く!

ダウンタウンに位置し、実践型カリキュラム、一人一人の生徒とじっくり向き合える少人数制や、徹底された“English Only Policy”を持つ学校として人気のあるCanPacific。インテンシブESLプログラムをはじめ、プラクティカルスピーキングプログラム、日英バイリンガルプログラムといった生徒のニーズに合った個性豊かなコースが揃っているのも魅力の一つである。今回はCanPacificでビジネス・コミュニケーション ディプロマプログラムを担当するガイヤン先生にインタビューを行った。

なぜ教師の道を志されたのでしょうか?

教師を目指した理由はたくさんありますが、まず一つは私にとって「教える」ことがとても楽しく感じられたからです。「教える」ということは、何かを生徒に与えることに他なりませんが、最終的に彼らがゴールとしている目標へ到達するのを目にした時というのは、とても嬉しくやりがいを感じます

さらに私自身、知識や学識というものは、他人へと共有されなければその価値を失ってしまうものだと捉えています。教師として教壇へ立つことは、その価値を生み出すことのできる、一番の手段であると思うのです。

授業の様子

教師をやっていて良かったと感じる時はどんな時ですか?

先ほど言ったように、私の生徒たちが勉強においての目標に達成した姿や優秀な成績を収める姿を目にする時ですね。また、現在私が担当しているビジネス・コミュニケーション ディプロマプログラムについて「たくさんのことを学べた」、「授業がとても楽しい」というポジティブなフィードバックをもらえる時も、非常に嬉しく思います。

CanPacificで英語を教えるにあたり、キーとなる教育方針を教えてください。

主には実践的なカリキュラムを組むこと、生徒主導型のアプローチ方法をとること、生徒らの興味をそそるアクティビティを用意すること、そしてフレキシブルであることです。

過去にはビジネス英語部門で賞を受賞

ガイヤン先生が担当されているビジネス・コミュニケーション ディプロマプログラムとはどのようなコースですか?

当校のビジネス・コミュニケーション ディプロマプログラムは徹底した実践型プログラムであると言えます。英語を使うビジネスシーンにおける、効果的なコミュニケーション能力を身につけるため、生徒の英語力が向上するようにカリキュラムが組まれています。またクラスで学習した内容は、普段の生活や学校生活の中でも役に立つものばかりです。

本カリキュラムには大きく4つの要素があり、一つ目「ビジネスコンセプト」では、ブランド戦略やマーケティング、財務、マネジメント、人事など幅広いビジネスコンセプトを学ぶ中での英語力向上を目指します。二つ目「ライティング」では、ビジネスメール、レポート、レジュメ、カバーレターの書き方を学び、ビジネスシーンでのライティングスキルを向上。三つ目の「ボキャブラリー」では、ビジネス用語や役に立つフレーズ、イディオムを学ぶことで語彙力を高めます。最後の「ビジネスオーラル」では、ビジネスミーティングや商談を想定したロールプレイング、プレゼンテーションやその他様々なアクティビティを通して、流暢に英語を操るスピーキング力を高めます。

クラスでは、全員での取り組みのほか、小さなグループやペアに分かれたりして課題をこなし、また授業で習ったポイントや語彙を利用した宿題や研究課題も用意されています。その他には、机上だけではない様々な学び方を経験するため、ビデオによるレッスンやボードゲームを用いたようなバラエティに富んだ授業が行われます。授業で学んだことの理解をより深めるために、市場調査やジョブフェアー、トロント証券取引所を訪れるといったフィールドトリップも取り入れており、生徒たちは皆それぞれ楽しんでくれています。

プログラム完了後には修了証がもらえます

英語を効果的に学ぶにあたり重要となるポイントは何でしょうか?

多くの要素が関わってきますが、当校では、まず生徒たちの興味が湧くようなカリキュラムを用意し、クラスで使用する教材・資料などは最新のものにアップデートしています。また実践的演習、コミュニケーションベースの生徒主導型アプローチ、質の高い英語教育、生徒と先生の距離が近いフレンドリーな学習環境、素晴らしいカウンセリングサービスが整っており、それら一つ一つが重要な役割を果たしています。

学習者である生徒の皆さんにとっては、モチベーションを保ち続けることがとても重要です。積極性を持って学習におけるそれぞれの壁に挑むこと。それこそがあなたの学びを大いに助けてくれることでしょう。当校では生徒のモチベーション維持をサポートし、彼らの英語能力の向上を目指します。

フィールドトリップの様子

最後にビジネス・コミュニケーション ディプロマプログラムで身につけられることを教えてください。

私たちは毎日、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングという4つ全ての言語スキルを上手く取り入れ、授業を行っています。このプログラムでは、日々学びの目標設定がしっかりと定められており、メインフォーカスはもちろん、ネイティブスピーカーたちの中で自分の考えやアイデアを明確に表現し、豊かなコミュニケーションを取れるようになることです。それと同時に、商談などビジネス交渉スキルといったようなプラスアルファの能力もしっかりと身につきますよ。