コミュニティニュース3月号(2014年)

毎年恒例のお正月が今年も開催、約1000人が日本式お正月を堪能

1月26日 / 日系文化会館

community-03-2014-01

二人のかわいい巫女さんがお出迎え

community-03-2014-02

餅つきのデモンストレーションには子供たちも参加


新移住者協会とJCCCが共催で毎年行うお正月会が今年も1月26日に開催された。毎年1000人以上が訪れるというこの冬のビッグイベント。当日は雪の降りしきる天候にも関わらず約1000人が集まり熱気溢れていた。会場には鳥居が置かれ、その横ではかわいい巫女さんがお出迎え。ハネツキやカルタ、百人一首、囲碁など、日本伝統の玩具がずらりと並び、親子で楽しむ様子が伺えた。そして小林ホールではおとそや餅つきのデモンストレーションが行われ、本格的な餅つきを子供たちも体験した。その後つきたてのお餅が振る舞われ、お正月ならではの美味しさを来場者は味わった。獅子舞など日本の伝統の演舞も繰り広げられ、来場者は海外でなかなか触れることのできない日本式の正月文化を味わっていた。


バッハのソナタを奏でるバイオリンシリーズ「The Violin」最終公演、盛況で終わる

2月1日 / 生長の家トロント会館
community-03-2014-03

2つのバイオリンでハーモニーを奏でるErika Raunさん(左)とEmily Kruspeさん(右)

毎回異なる奏者によってJ. S. バッハ作曲のソナタが演奏されるコンサートシリーズ「The Violin」の最終公演が2月1日に生長の家トロント会館にて行われた。

このコンサートシリーズは昨年春から始まり、全6回の公演によりバッハ作曲のソナタ全てが演奏された。最終回には12歳からプロとして活躍し、ブダペストのヨゼフ・シゲティ国際バイオリンコンクールで優勝、これまでヨーロッパをはじめとする世界各地でコンサートを行っているErika Raunさんが演奏。第1部ではErikaさんのご主人で作曲家のOmar Danielさんが作曲した2つのバイオリンのための楽曲を彼女の教え子のEmily Kruspeさんと演奏。そして第2部ではコンサートシリーズの要である、バッハのソナタ第2番を披露し、最終の第3部では再びEmilyさんとの共演が披露され、観客の盛大な拍手に包まれてコンサートは幕を閉じた。

今コンサートシリーズの収益金は生長の家トロント会館屋根部分の修繕費用に充てられる予定で、次回のコンサートシリーズの開催もすでに決定している。


JAVAとJCSAが共催でタックスリターンセミナーを開催

非営利団体のJAVAとJCSAの共催で、会計の専門家によるタックスリターンセミナーが実施される。セミナーは2回に分けて行なわれ、第1回目の準備セミナー、第2回目の書類書き込みセミナーに参加することで、カナダの税金システムと確定申告の申請方法が習得できるよう構成されている。

セミナー参加対象者は以下の通り。
①昨年の収入が2万ドル以下であり、昨年のトロント滞在日数が半年以上であること。
②準備セミナー(3月1日)と書類書込みセミナー(4月5日)の両日に参加できること。
セミナー詳細:
・日時:3月1日(土)正午~午後1時
4月5日(土)正午~午後1時半(収入無し)/ 午後2時~午後4時(収入有り)
・場 所:トロント大学 OISE Building Room 8220(252 Bloor St.W.)
・参加費:$5(資料、スナック込み)
・参加申し込み連絡先:jcsacontact@utoronto.ca (JCSA)、letsjavatoronto@gmail.com
・セミナー詳細(HP):jcsaonline.ca( JCSA)、javatoronto.com(JAVA)


JRACが昨年開催した和食まつりの収益金1万ドルをSickkidsへと寄付

community-03-2014-04「本物の和食をカナダの人々に伝えたい」という思いから有志によって設立されたJRAC(Japan Restaurant Association of Canada)が昨年11月に行った『和食まつり』の収益金1万ドルを12月17日付でSickkidsへと寄付したことがわかった。同団体では、毎年トロントのシェフから有志を募って、本物の和食を提供するイベント『和食まつり』を開催しており、昨年11月11日に第6回目が行われた。今イベントで集まったボランティアスタッフは総勢70名で、アルコール関係7社、レストラン関係15軒、アペタイザー5軒が出店し、251名のゲストが来場していた。


第32回オンタリオ州日本語弁論大会が3月8日に開催

community-03-2014-05オンタリオ州日本語弁論大会実行委員会主催、在トロント日本国総領事館と国際交流基金協賛により毎年行われるオンタリオ州日本語弁論大会が3月8日にトロント大学で開催される。この弁論大会はオンタリオ在住で18歳以上の日本語を外国語として学習している者を対象としたスピーチコンテストで、初級、中級、上級、オープン部門の4つに分けて競われる。入賞者には賞状と日系協賛企業からの賞品が授与され、各部門の1位入賞者には3月29日にオタワで行われる全国大会への出場資格を取得するチャンスもある。

日時:3月8日(土)13:00~18:00
場所:JJR MacLeod Auditorium, Medical Science Building 2158,
University of Toronto, 1 King’s College Circle