月刊ダイジェスト コミュニティニュース 2月号(2017年)

サマーキャンプ in ぎふ 2017 実施決定

comunity-news-170201
米日教育交流協議会の主催で日本語の学習意欲を芽生えさせる多彩な自然・文化・歴史を体感できるプログラム「サマーキャンプ in ぎふ」が今年も実施されることになった。今年で12年目を迎える同プログラムは、昨年に比べ第1期の参加対象年齢を引き下げ、公立小学校での体験入学が可能になったほか、第2期の実施期間を1日延長するなど、より充実した企画内容になっている。興味がある人は下記概要、またはウェブサイト[ujeec.org]にて詳細を確認してほしい。

■ 実施期間:第1期-7月8日〜17日、第2期-7月25日〜8月1日  
■ 実施場所:岐阜県山県市の里山
■ 主な体験プログラム:古民家での生活体験、伝統文化体験、自然体験、地域交流体験、地域生活体験、禅寺体験など。第1期では地元の公立校での体験入学、第2期では手作りのいかだでの川下り体験や農業体験などもある。

■ 参加対象・資格:①海外在住で日本語学習中であること、②次の日本の学年・年齢であること。第1期:1999年4月2日から2007年4月1日までに生まれた者。第2期:2002年4月2日から2008年4月1日までに生まれた者、③必要最低限の日常会話を聞いたり話したりできること、④規則を守り、指導者の指示に従うことを約束できること、⑤心身ともに健康であること
■ 参加費用:第1期 $1,975、第2期 $1,665ドル
*日本との往復航空券代、集合・解散場所(JR東海道線岐阜駅)までの交通費などは含まない。
■ お問合せ・お申込先: IACE TRAVEL アジア課、 E-mail:info@iace-asia.com 電話:1-866-735-4223

2016 JSS Holiday Driveの結果とお礼

昨年11月号のコミュニティ記事に掲載したJapanese Social Services(以下JSS)主催の歳末Holiday Driveでは過去最高額の現金に加え、様々な食品や物品が寄付された。それらは昨年クリスマスホリデー中にサポートを必要としている人たちの元へ配達され、JSSからは下記のようなお礼状が届いた。

コミュニティのみなさまへ
いつもJSSの活動を温かく見守りくださり、ありがとうございます。昨年末に実施した「第17回ホリデードライブ」ではみなさまにご協力をお願いしてまいりました。おかげさまで30家族、71名を超える方々に数多くのプレセントとコミュニティの皆様の心温まるお気持ちをお届けすることができましたことをご報告させていただきます。

このプログラムは今回で17回目となりましたが、多くの物品や食品に加え、今年は過去最高額の現金による寄付をいただきました。それらは昨年同様、JSSカウンセラーの判断のもと、サポートを必要とされている方々に必要な品物を購入し、プレゼントに加えました。

これ以降お送りいただける金銭的寄付に関しては、2017年のホリデードライブプログラム用として蓄えていきますので、引き続きどうぞご支援を賜りますようお願いいたします。また、2017年ホリデードライブプログラムの運営・仕分け・配達などのボランティアに興味のある方々は、ぜひ奮ってJSSまでご連絡ください。

みなさまのサポートなしではこのプログラムは実現しません。改めて、多大なご協力をいただいた団体の皆様、そして寄付をお寄せくださった皆様に厚く御礼申し上げます。JSSの活動へのみなさまの日頃のご理解ご協力に深く感謝し、お礼とご報告に代えさせて頂きますとともに、今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 Japanese Social Services ホリデードライブチーム jss.ca

第35回オンタリオ日本語弁論大会開催決定

3月4日(土)13:00~18:00
@J.J.R. MacLeod Auditorium, University of Toronto

毎年春先の恒例行事となっているオンタリオ州日本語弁論大会が今年も3月4日に開催されることが決定した。同大会実行委員会主催、在トロント日本国総領事館、国際交流基金の協賛の下行われ、出場者はネイティブ言語ではない日本語を用いてのスピーチを披露する。

comunity-news-170202
参加者はオンタリオ州在住、18歳以上で現在日本語を外国語として学習中で教育機関から推薦を受けられる人が対象。初級、中級、上級、オープンの4つのカテゴリーに分かれており、スピーチの題名、題材等は自由だが、カナダと日本を織り込んだものが望ましいとされている。

スピーチの他に行われる「日本文化紹介」ではJCCCの弓道クラスの演武、Fuu-waの歌唱の他、昨年に引き続き一般からのパフォーマンス披露も予定されている。今年から申し込みは全てオンラインで行われるので、スピーチ、パフォーマンス共に参加希望者は下記概要、また大会開催要項をしっかり確認してほしい。

■ 日時:3月5日 13:00〜18:00
■ 場所:J.J.R. MacLeod Auditorium, University of Toronto
1 King’s College Circle, Toronto
■ 申し込み締め切り:2月8日(水)午後5時 ※時間厳守、
■ ウェブサイト buna.yorku.ca/ojsc
・大会開催要領(日本語版):
http://buna.yorku.ca/ojsc/ojsc35_2017/ojsc35_2017_guide_j.pdf
・大会開催要領(英語版):
http://buna.yorku.ca/ojsc/ojsc35_2017/ojsc35_2017_guide_e.pdf

2016年度トロント紅白歌合戦を終えて
寄付金額決定

昨年12月10日に開催されたトロント紅白歌合戦。紅白ともにバラエティーに富んだプログラムで多くの感動を呼び、9年ぶりに白組の優勝で幕を閉じた。尚、純益金から熊本地震に$2,500、日系文化会館に$4,000、ジャパニーズソーシャルサービスに$1,000、もみじヘルスケア協会$1,000の寄付が行われた。

最終実行委員会を終え代表から挨拶が寄せられた。「2016年度トロント紅白歌合戦はお陰をもちまして盛況裡に終えることができました。ご来場の皆様、広告主の皆様、ご支援、ご協力をいただきありがとうございました。併せて熊本地震災害義援金にご協力をいただき厚くお礼を申し上げます。」