主役になれるクリエイティブ・スイーツと京都うまれのジン | 日本の上質ギフト | 特集「カナダの大切な人へ贈りもの」

カナダの大切な人に贈りたい日本の上質ギフト

まるで本物の千代紙!薄さと美しさに息を呑む
「千代ちょこ」

 一目見てその美しさに息を飲む人も多いのではないか。パレスホテル東京が手掛けるなんとも芸術的なこのショコラは、「人の和が永遠(千代)に続くように」という願いが込められている。まさに千代紙のように薄いショコラ。6枚組と12枚組があるが、どちらも一枚一枚違う種類のショコラが入っているため、目と同時に舌で楽しみながら味わうことが可能だ。なんとも繊細なこの贈り物。箱を開けた時の驚きと喜びが目に浮かぶようだ。

パレスホテル東京
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1 B1F SWEETS&DELI
TEL: 03-3211-5315 / 営業時間: 10:00-20:00
shop.palacehoteltokyo.com(オンラインストア有)

「七味唐からし」の生みの親が手掛けるスイーツとは!?

 日本人なら大半の人が見覚えのある缶入りの七味唐辛子。この「七味唐からし」を手掛ける八幡屋礒五郎がプロデュースするのがKongen Sweetsだ。「七味唐からし」に使用される原材料を使ったチョコレートとマカロンを扱っている。「七味唐からし」に用いられている製法で作られたチョコレートは全八種。プレーンの他にも柚子や山椒、そしてもちろん唐辛子味もある。さらに驚きなのは「七味唐からし」の七つの味が楽しめるマカロン。サプライズをプレゼントするにも最適なギフトだ。

根元 八幡屋礒五郎
〒380-0841 長野県長野市大門町83(本店)
TEL: 026-232-8277 / 営業時間: 9:00-18:30
yawataya.co.jp

日本初。イギリスと京都が出会って生まれたジン


 日本で初めてのジン専門蒸溜所、京都ディスティラリー。その名の通り、京都で作られているドライジンは柚子、玉露、赤紫蘇、山椒など日本特有の素材を用いて作られている。「季の美」をはじめ、十種類以上のジンや熟成ジンを展開。また、水には伏見の名水、玉露には宇治の茶葉、レモンには広島の無農薬有機栽培レモンを使用するなど日本の特産品にもこだわっている。ホームページには京都ディスティラリーおすすめの飲み方も日本語と英語の両方で掲載されているので、ジンに親しみのない人にも嬉しい。

The Kyoto Distillery 【取扱店】 東京: 新宿伊勢丹本店、信濃屋食品など、
京都: JR京都伊勢丹、高島屋京都店など、
大阪: 阪急百貨店梅田本店、高島屋大阪店など
kyotodistillery.jp

日本とヨーロッパの色彩の融合。
「新しい京あめ」

 「新しい京あめ」と称された美しいあめ。色の一つ一つに意味が込められており、日本の奥ゆかしさを感じられる贈り物だ。例えば「言祝(ことほぎ)」は紅白で彩られ、まさにお祝い事にぴったり。一方でカラフルな「白絹手鞠(しらぎぬてまり)」は京あめの代表的なデザインで、「祝いと清廉」を象徴している。味も定番のレモンやオレンジから桜餅・いちじく・ペリー二など珍しいものまで様々だ。ヨーロッパの色彩からもインスピレーションを受けているため、日本に馴染みのない人にも親しみやすいのではないか。

Crochet
〒600-8052 京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町69(京都本店)
TEL: 075-744-0840 / 営業時間:10:30-19:00
crcht.com(オンラインストア有)

まるでケーキ?ドライフルーツの羊羹

 「和菓子で何が出来るか」という思いをもとに作られたwagashi asobi。その名の通り、少し「遊び」を加えた和菓子が今、密かに注目を浴びている。今回紹介するのは「ドライフルーツの羊羹」。まず目に入るのはパウンドケーキやテリーヌを彷彿させるような断面図。その中に含まれているのは無花果、胡桃、苺など、食感も楽しいものばかり。舌はもちろん、目でも楽しめる、まさに芸術作品だ。羊羹であるものの、ラム酒との相性も良いらしいので和菓子にあまり馴染みのないカナダ人にももってこいだ。

wagashi asobi 
〒145-0064 東京都大田区上池台1-31-1-101
TEL: 03-3748-3539 / 営業時間: 10:00-17:00(不定休)
wagashi-asobi.com(オンラインストア有)