【トロントに来て一ヶ月の所感】今回は、私がカナダに来て思った日本との違いについて綴っていきます

★カナダ人はコミュニケーションを大切にする

日本で生活していると、普通の人に街中で声をかけられたり、電車やバスを待つ際に会話に花が咲くことはめったにありません。日本人は礼儀正しいとは言われますが、特に通勤電車の中では、みんな時間に終われているようで余裕がない…。ですがここトロントでは、いい意味で皆が時間を気にせず(時刻表も見かけたことがありません)、人々にも余裕があるように感じます。実際私もバス停で現地の方と会話が生まれたりしましたし、ショッピングモールや本屋さんで商品を選んでいるときでも、他のお客さんとの間で会話が生まれたりしました。声をかけられて話が弾むのはすごく楽しいですし、カナダに来て驚いた経験の一つでもあります。

★カナダは多国籍・多文化の国

来たる年に開催される東京オリンピックのおかげもあり、今やたくさんの観光客が海外から来ていますが、家、学校、職場、生活と、日本で普段私が接するのは日本人ばかりでした。ですが、ここトロントではやはり出自の違う人々がたくさんいます。学校、バス・電車のなか、お店と、みな多様な国から集まっています。そんな人々と交流するのは、異なる文化を知るということで良い刺激になりますし、自分の当たり前だと思っていたことが覆されたりと良い機会になります。

写真は先週初めてMacに立ち寄ったときのものです。カナダの国旗を発見して思わず撮ってしまいました。

中川夏希