TTCの運賃の支払いミスには十分に気をつけて!|留学カウンセラーが説くワーホリカナダ生活 Vol.71

 早いものでトロントの夏も今年もあっという間に終わりに近づいてしまいましたね。皆さんは今年の夏は楽しまれたでしょうか。ここ最近オフィスにいらっしゃる皆さんから良く相談されたり、報告されたりする事柄の一つに、TTCのストリートカーやバスでたまたま乗れてしまったので支払いせず(Prestoのタップせずに)乗ったらまさかのInspectorに遭遇し、無賃乗車がばれてチケットを切られた、というものがあります。夏のイベントなどに参加したり、友達と夜遅くまで遊んで(お酒なども入って)少しふわふわした感じの状態で帰りのTTCで無賃乗車をしてしまうというようなケースも多いようです。でもそんなちょっとした出来心からのハプニングが、最終的に400ドル近くの罰金を課せられる結果になるので要注意です!

日常生活編31: TTCの運賃の支払いミスには十分に気をつけて、正直に支払いをするようにしましょう。

 TTCの支払い方法として現在ではPrestoカードでのタップ方式が主流になりましたがその割にPrestoのマシーンがまともに機能していないことなども多々あり、確かに利用者としては不便な思いをする事も多いと思います。料金も決して安くありませんので、もし1回でも支払わなくてもすむ方法や少しでも安く済ませることができるのであれば、その手段を選びたくなる気持ちは十分理解できるのですが、「たまたま支払いせずに乗れてしまった」とか「学生用のパスが買えてしまったので」という理由で、本来は正規の料金を支払わなくてはならないところを誤魔化して乗車した場合、そこでInspectionに引っかかり誤魔化していることが分かった際には結構大きな痛手を負うことになります。TTCの公式サイトには、そういった運賃支払いに関する違反があった場合、その種類によって具体的に幾らくらいの罰金が課せられるかが分かる表が掲載されていて誰でも確認ができるようになっています。(https://www.ttc.ca/Riding_the_TTC/TTC_Bylaws/Bylaw_No_1_Fines_Table.jsp

 これをみると、予想以上に細かくいろんな違反内容とその罰金がリストにされていて、中には結構よくやってしまいがちな事でも「この違反をしたら実はこんなに罰金とられるの?」という項目があります。例えば結構良く見かける行為ですが、あいている席に足を乗せたりTTCの敷地内や乗り物の中で寝転んだりしたりしたら195ドルの罰金を課せられる可能性があるようです。酔っ払ってTTC内で寝てしまったりしないように十分に気をつけないとですね。またTTC内に設置されているゴミ箱以外の場所にポイ捨てした場合も195ドルもの罰金となるようです。実際によほど明らかな無賃乗車や誤魔化し乗車であることが分かるケースでない限りは、まともな罰金を課せられたというケースを見ることは少ないのですが、とはいえTTCのInspectorのオフィサーが罰金を課そうと思えばこんなにも違反チケットを切ることができる項目があるのだ、と思うと日頃からしっかり注意をしておく必要がありますね。以前、罰金のチケットを受け取った後で罰金額を軽減させたりする方法があるという噂をどこかで聞いて、その方法を教えて欲しいと相談されたこともありますが、私たちはその様なサービスはいたしませんのであしからず…。

高林紘子

East-West カナダ留学センタートロント社代表

大学卒業後2001年に語学留学でトロントに渡来。語学留学とビジネススクール、ワーホリなどを経たのち、ジョージブラウンカレッジに進学。 成績上位者Dean’s Honour のタイトルを得てPost-Graduate Diploma取得。カレッジ卒業後、現職に就き就労ビザを経たのち永住権取得。カウンセリングした留学生は延べ1千人以上にも及ぶ。

HP: www.eastwestcanada.jp