アフガニスタン料理をトロントで食べられるなんて。

こんにちは。最近、モントリオールとケベックに行ってきました。数日間旅行後、トロントに戻ってきたのですが、到着した瞬間のホーム感・安心感におどろきましたMizukiです。第二のホームってこういうことなのか?とりあえず、自分がトロントにいかに居心地の良さを感じているか実感できました。笑

さて、突然ですが皆さんアフガニスタン料理を食べたことはありますか?
というか、そもそもアフガニスタン料理と聞いて何か思いつきますか?

実は、トロントにいくつもアフガニスタンレストランがあるんです。
アフガニスタン人の友達に連れられ、この前行ってきました。
まさかまさか、トロントでアフガニスタン人の友達とアフガニスタン料理を食べられるなんて!!
流石マルチカルチャー社会と言わざるを得ない。。

今回行ったお店はヨーク大学近くの『Bamiyan Kabob』というお店です!

そう、みなさん、このレストランの名前にあるバーミヤンという名前。
聞いたことある人いませんか?
ありますよね、日本にこの名前を使っている有名なファミリーレストランが!笑
バーミヤンとはアフガニスタンの地名なのに、何で中華レストランでバーミヤンという名前なのだろうと調べてみると……。

『バーミヤンは、シルクロードの中心地にあったアフガニスタンの古い都で、隊商の休息の地、東洋と西洋の文化の交流の地として栄えました。それにちなんで、世界をクロスオーバーさせた新しい中華料理をお届けしたいという思いをこめてつけられた名前です。』
らしいです。(オフィシャルサイト引用)
面白いですね!雑学でした!笑

そんなバーミヤンで食べたのは
お店の名前にもあるKabobです! 
ウィキペディアさんによるとKabobとは『中東とその周辺地域で供される、肉・魚・野菜などをローストして調理する料理の総称。』らしいです。
お肉は、チキンやビーフ、ラムなどがありました。

サワーソース、トマトソースとチリソースを合わせたソースをお肉に付け食べます!
これが本当に美味しい‼
日本の焼き鳥に似ているような似てないような。

そして面白いことに、一食でパンとお米両方食べることもあるのがアフガニスタン流。これ、おもしろくないですか?
パンもお米もなかなかのボリュームでした。

そして、Mantuもみんなでシェアして食べました。アフガニスタンでも有名な料理らしい。
餃子のように皮の中にお肉が入っているのですが、餃子とは違ってしっかりトマトソースがかかっていて、本当に本当に美味しかったです‼

初アフガニスタン料理安くて、おいしくて、ボリューミーで最高でした!
ランチだとほぼ10ドル以内でしっかり食べれます。

気づいてないだけで、皆さんの周りにもあるかもしれませんよ。アフガニスタン料理。
是非探してみてください。

(Visited 48 time, 1 visit today)