体感−9℃のアイススケート

こんにちは、yoshieです。カナディアンは冬になると、皆家に引き篭もるようですが、そんな彼らが唯一?外で楽しむアクティビティと言えば、アイススケートです。
手始めに行ったのは一番有名なネイサン・フィリップススクエア。この日は前日に吹雪だし、ちょうど本格的に寒くなり始めた極寒の夜でした。体感温度は−9℃。初めての境地に突入です。今後、増すばかりの寒さに自分の生命力が立ち向かえるのか不安に駆られます。

受付でスケート靴を借りる際に、デポジットとして運転免許証かパスポートが必要なのですが、うっかりそのことを忘れ何も持っていませんでした。しかし、スマホを預けることで貸してくれたので、ホッ。おそらく受付の人によって対応が変わりそうなので、皆様はお忘れなきよう。

貸靴は2時間で$10(現金のみ)。ロッカーはありますが、鍵なしですので自己責任で利用しましょう。

驚いたのが、リンクに手すりが無い!幸いにも、私は日本でたまに滑るので問題ありませんでしたが、初めてする人には結構厳しいのではないかと感じました。


すい〜


すいすい〜


すすすい〜っと。

我ながら楽しそうですが、とてつもなく寒かったです。止まっていると寒さが身体を突き抜けるので、滑っているほうがまだましでした。朝10時〜夜10時まで、3月19日まで開催されるそうなので、寒すぎない日を選んで楽しみましょう。
(skate6)

▼公式サイト
http://nathanphillipssquareskaterentals.com/home/