編集長Sの食放浪記。2014年大胆予想!らーめん戦争本格化!

2012年後半から2013年は居酒屋・らーめんを中心に日本食出店ラッシュが続いたトロント現代日本食元年。年末に差し掛かり、その勢いも少し落ち着いてきたかと思っているそこのアナタ!アマイ!甘すぎる!(ちなみに次号11月号の特集は甘辛です)

戦その1

「雷神、オーナーシップがざっ串に代わり、心機一転さらなるクォリティアップを期待!」

ダンダス×ジェラルドの好立地に位置する雷神。このたび経営権がざっ串に代わり、あらたなマネジメントのもとで始動した。ざっ串といえば、バンクーバー発の大人気焼き鳥居酒屋。およそ1年前にトロント店をオープンさせ、その立地に驚いた日本人もたくさんいたそうだが、なんのその。現在では週末は予約無しにはなかなか入れない大繁盛店となっている。焼き鳥でトロントのお客さんを掴み、接客サービス面も徹底的に考えている同グループ。もともとこだわりを持った雷神のブランドを活かして、どのようなアプローチをするか非常に楽しみだ。

zakkushi


戦その2

「山頭火、1周年。ハズレ無しのくじ引き実施!さぁ、2年目の展開は!?」

santouka0111月10日で1周年を迎える同店。その人気は全世界で不動のものになりつつある。トロントでも繁盛している同店が一周年を感謝して、11月8・9・10日の3日間、ファン感謝祭としてハズレ無しのくじ引き大会を行うという。食べにいかなきゃ。

ちなみに、

1等「とろ肉らーめん無料券」
2等「レギュラーらーめん無料券」
3等「餃子無料券」
4等「味玉無料券」
5等「トッピング無料券
(ねぎ・メンマ・きくらげのいずれか)」

となっている。

ところで二号店がそろそろ囁かれてもよいはず!エグリントン辺りからノース方面にあると嬉しいなぁ・・・。キラーーーン


戦その3

「クィーン&ユニバーシティに本格鶏パイタン、Touhenbokuオープン!」

一等地にまたまたらーめん店がオープンできる。11月中旬にオープンを予定としている同店は、本格鶏パイタンで勝負するとのこと。キッチンには製麺機もセットされるとのことで、トロントではなかなかお目にかかれないオリジナル麺に期待したい。オーナーは日本でも飲食店を経営されているとのことで、この新店もらーめんだけでなく、様々な仕掛けが用意されている匂いがぷんぷん。楽しみです。

touhenboku01.png


戦その4

「三草亭、ヤング沿いブロアーとウェルズリーの間に2号店準備中!」

ダンダスStにある三草亭。ご主人と奥様で切り盛りするこのお店、いつもピーク時には行列がちらほら。ワタクシ、ここの担々麺大盛りの大ファンです。

この三草亭、昨年数多くの有名らーめん店が相次いでオープンするという噂が飛び交う中、ダークホース的にオープン。当時も多くの日本人が舌鼓を打ったほどです。。2号店はヤング沿い、ダウンタウンの少し上の位置で、最近留学エージェントさんなんかもこの辺りオフィスを構え始めている、若い層もたくさんいるエリア。某らーめん店にも近いですね。一号店も二号店も。あの辺はボクのお客さんも多いから、通っちゃいそうだなぁ~。

sansoutei01

要注目その1

「金とん、2号店、3号店はまだか!?」

1週間も過ぎるとまた食べたくなってしまう癖になる金とんのらーめん。ボクも何気に隠れリピータです。なんか行くたびに味やプレゼンテーションがちょっとずつ違う。きっと研究研究・改善改善をしているのでしょう。さて金とんはらーめんカルチャーをトロントでどこよりも先駆けて広げたパイオニア。毎日ランチはオープン10分前から行列が出来始める大繁盛店。洒落た店内、GUUトロントのグループらしいスタッフのノリとサービス、そしてなんといってもこだわりの素材と研究で独特のテイストを出している同店に病みつきのファンは多い。先駆者だけにいつも出店の噂は絶えないが、いったい次はどこに!?きっと万全の準備でオープンして、あっという間に行列を作るのでしょう。えっ、次号TORJAをお楽しみにだって!?

kinton01

要注目その2

「トロントの人気店、まだまだあります!」

ryouji01沖縄りょう次

沖縄りょう次の人気らーめんオトコ味・オンナ味は日本人のファンも本当に多い。ここのらーめんが一番だという人もたくさんいるし、なんといっても一風堂との提携は味を極め続けている裏付けだろう。お酒と日本食の最後に、〆の一杯って出来るのも嬉しい!


ryu01Ryu’s Noodle bar

今年6月末にオープンしたRyu’s Noodle bar。バンクーバーの人気店で腕を磨いてきたオーナーシェフのこだわりは、欧米の方々にもウケるんでは!?と思ってる。味はもとよりプレゼンテーションでは選べるソース・トッピングがあったり、とんこつだけにこだわらない鶏の活用など、次の一手をいろいろ考えている感じ。ローストビーフもおもしろい!ペロっと食べれる旨味がそこにはあります。


momofuku01Momofuku

最近は行っていないけど、やはりセレブリティ・シェフのらーめん、ニューヨークの有名店Momofukuもはずせない。今やニューヨークだけじゃなくて、世界ブランドになってきているもんね。お味は健康志向のセレブが好きそうな感じ。


番外編!

「バンクーバーからはもう来ないのか!?」

もともと2-3年前はバンクーバーがらーめん天国。もちろん今も大繁盛しているお店がたくさんあるみたいだけど、トロントへの出店を考えているお店もあるのか・・・ないのか・・・。

勝手な予想で恐縮だけど、次はやっぱり「陣家」の動きに注目。オープンしたての頃こそスローな感じだったけど、最近はすごく忙しいみたい。洒落たプレゼン、濃厚な味わいはアメリカで人気があるのもうなずける。もともと日本でも飲食の実績がある企業だし、当然トロントも視野に入っているんだろうなぁ。

JINYA01

それにしても日本人はらーめんに本当にうるさいですよね。個人個人の好みがあるってのは、それだけバラエティ豊かな食文化ってことなのかもしれません。下記はあくまでもボクの好みなので、あまり厳しい目でみないでくださいね。長文失礼しました!

(Visited 261 time, 1 visit today)