はじめまして

tiff1

はじめまして。新しく編集部に加わりさっそく10月号から少しお手伝いをさせて頂きました。みきです。
約1か月前、私はトロント国際映画祭が開催されるなど全く知らずにこの地に来ました。友人から情報を聞き、せっかくの機会だから映画祭の雰囲気味わいたい、と思い9月10日土曜日に「怒り」をプレミアムで見てきました。会場に着いた時には既にレッドカーペット周辺は一目俳優さんを見ようとたくさんの人でいっぱい。
そして会場の中に入り挨拶が終わり、映画が始まると思ったら、ちょうど私の席の後ろが渡辺謙さん、宮崎あおいさん、李相日監督の席で、勝手に一緒に映画を見に来た気分で鑑賞させていただきました。上映後の盛大な拍手とスタンディングオーベーションを受ける姿はとても誇らしく日本人として私も嬉しく思う瞬間でした。映画の内容は全体的にとてもシリアス。客観的見ている分には、それは良くないな~、そうしなきゃ!など色々感じる反面、でももし自分が実際にその立場なら出来ないかもしれない、と、ぐさっとくるものでした。また映画の中の「大切なものは増えていくのではなく減っていく」というセリフはとても心に残りました。
そしてその後は、さすが世界中から注目を浴びている映画祭だけあって見たい映画は全て満席です。しかし映画祭が始まる前から話題になっていた映画「La La Land」はどうしても見たかったので開演1時間以上前からlash ticketに並びましたが、惜しくも見れませんでした。結局観客賞をとったらしいので、やっぱり気になる!早く見たいな!

tiff2

(Visited 104 time, 1 visit today)