トロントのコミケって知ってる?


5月も終わりにさしかかり、6月は私事ですがバースデーを迎えます。去年、同月に私の誕生日と3日違いで生まれた姪っ子はもう1歳になるんだなぁと思うと、歳とるのって本当に年々早くなるよね…と焦りを隠しきれないです。


さて、日本ではコミケ、いわゆるコミックマーケットなるものが有名ですが
トロントにもコミケがあったって知ってましたか?


その名も、Toronto Comic Arts Festival!!略してTCAF(ティーカフ)!



トロントのブロアヤングあたりの図書館がもう、人、人、人、人で埋め尽くされて
これは何か天変地異でも起きたのではなかろうかと言うくらいの勢い。

主にはインディーズのコミック、アメコミ、絵本、などなど
本当に多種多様なコミックが集まっていました。
日本の漫画で育った私は、どれも目にするものが新鮮で面白かったです。

ゲストには、あの人気海外ドラマウォーキング・デッドの原作『ザ・ウォーキング・デッド』のイラストレーターであるチャーリー・アドラード氏も来加!(どうやらイギリスの方らしい)




(写真中央がチャーリーさん。)




またアメコミといえばMARVELですが、そのかの有名なMARVELで執筆中のタケダサナ先生のイラストがなんとTCAFのポスターになっていました(しかも一番嬉しかったのはパスにもこの絵が印刷されていたこと…本当に素敵な絵です)。



(写真左がタケダサナ先生の作品)



カナダやアメリカのアーティストの作品もカラフルだったりしてバッと目に飛び込んできますが、やはり日本の漫画家やアーティストの方が描かれる絵というのは、どこか繊細でそこにスーッと吸い込まれるようなそんな感覚さえ覚えますね。新たな発見ができた休日でした。

(KANAHO)

(Visited 58 time, 1 visit today)