ボランティアで映画三昧

トロントもやっと夏らしい日が続くようになってきましたね

最近私は何をしていたかというと、5月末から行われていたInside OutというLGBTフィルムフェスティバルでボランティアをしていました。
そのおかげで映画三昧の日々。

え?ボランティアで映画三昧?どういうこと?
映画が観れるボランティア?

映画好きの皆さん。朗報です。ボランティアをすると映画が見れるんです。

というのも、TIFFやHot Docs、Inside Outなどの映画祭は、期間中は多くのボランティアに支えられて開催されています。
その役割は、入場の際の列の整備やインフォメーションデスク、チケットもぎりまで様々。
基本的に自分のやりたいポジションを選ぶことができます。

これらはボランティアなので、もちろん無償なのですが、シフト毎に映画のチケットと交換できるバウチャーをもらえるんです。


(イスラエル映画のIn Betweenとっても良かった。女性の方はどこか共感できるはず)

TIFFにボランティア参加した友達によると、TIFFのバウチャーはなんと1年間有効!
1年間、もらったバウチャーで好きな時にTIFF Bell lightboxに映画を観に行くことができちゃいます。

映画好きにとってこんな魅力的な話があるでしょうか?

それに、ボランティアは新しい友達を作るいいチャンス!
自分の英語力に自信をつけることもできるので、一度参加してみては?