Elina Times ~Phi Huynhさん~

今月のお客様 ベトナム系カナダ人 Phi Huynhさん

elina-times160702

■二人の出会い

Phi: 3年前に映画「エクスペンダブル3」ライブショーのキャスティングで、格闘技ができる人を探していました。そこに応募してきたのがエリナです。オーディションの結果、エリナに頼むことにしました。そのショーはTaste of Danforthに集まった大勢の観客の前で行われ、YouTubeにアップされている動画では5万5千回再生ヒットの大成功でした。それ以来僕たちはずっと仲良しです。
Elina: Phiにとってはそのオーディションが初めて私と出会った時だと思うのですが、実は私はその前からPhiのことを知っていました。オーディションに応募する約半年前に、エキストラとしてミュージックビデオの撮影に参加しました。その時にアクロバットダンサーとして空中でジャンプしているムキムキのアジア人がとても印象に残り、それがPhiだったのです。当時はもっと怖い人だと思っていましたが、全然違います。なので、ショーのキャスティングをしているのがPhiだと知って“一緒に仕事がしたい!!”と思ってオーディションを受けました。今では兄弟のように仲良くしています。
elina-times160701

■その後の二人の共演

Elina: あります。あの人気ドラマの新シリーズ”ヒーローズ・リボーン”に2人で出演できた時は、私も本当びっくりしました。ロケ中に寝泊まりするトレーラーの部屋も隣同士で、撮影日もセットもメイクも一緒でした。
Phi: 本当にすごい偶然でした。また、あの撮影ではメインキャストと一緒に仕事したり、話したりすることができて、いい経験にもなりました。待機中にエリナのシーンを遠くから見ることができたのですが、100人以上のエキストラがいる中で、監督がエリナの名前を呼んだり、直接指示を出したり、話しかけているのを見て、特別な感じがしましたね。
Elina: 私の役は本当に小さいものでしたが、有名な人たちと一緒に演技ができてとても嬉しかったです。
Phi: 僕の役はスタントも込みで、しかもセリフが英語ではなく、日本語だったので普段とは少し違った体験でした。メインキャストの祐真キキさんと戦うシーンの撮影は、16時間ほどにも及びました。2日間の撮影のうち何時間もずっと戦い続けていましたね。

■俳優を目指すきっかけ 目標としているスター

Phi: 僕は12歳の時に空手を初めて、その3年後には武道全般を練習していました。当時、武道を教えてくれた師匠が、ステージでスタントをしないかと勧めてくれて、ベトナムで有名なAsia Entertainmentに出演することになりました。僕が演じることになったのは主人公と戦うシーンで、そのシーンはベトナム全土だけではなく、ロサンゼルスでもテレビ放送もされました。その時、ステージに立つ感覚や観客からの拍手が忘れられなくて役者になることを決意しました。
Elina: 私はアーノルド・シュワルツェネッガーに憧れて演技を始めました。彼がアクションに強い役者なので、自然と私もアクションをするようになりました。
Phi: 僕の目標は、アクションも演技も両方できることなので、ウィル・スミス、レイチェル・マクアダムス、レオナルド・ディカプリオなど、アクションは殆どしないけど、本当に演技ができる役者も好きです。もちろんジャッキー・チェン、シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーなどのアクションスターも大好きですし、大きく影響を与えてくれています。



elina-times160705Phi Huynh
ベトナム系カナダ人。12歳の時から空手や柔道をはじめ、14歳の時にはベトナムで有名なAsia Entertainmentに選ばれ舞台に出演。それ以来、武術の腕を磨き、アクションができる俳優・スタントとしてテレビや映画でも活躍している。
phihuynh.com



elina-times160704Elina Miyake
アーノルド・シュワルツェネッガーの影響を受け、2012年にカナダに渡り、演技を始める。現在、テレビ、映画、コマーシャルなどで活躍する一方、映像翻訳家として、テレビドラマなどの字幕を主に担当している。
elinamiyake.com