CJS提供 マクドナルド・ハウスの ディナータイムで日本食を提供

CJS提供マクドナルド・ハウスのディナータイムで日本食を提供
6月29日 @Donald McDonald House Toronto

cjs20160801

去る6月29日にマクドナルド・ハウスが定期的に行っているディナータイムで、Canada Japan Society(以下CJS)の協力により日本食がふるまわれた。この施設は公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズによって建てられた、遠方から来た病気の子供とその家族が一緒に過ごす時間を提供するための施設である。また、この日は事前にマクドナルド・ハウスの施設ツアーも行われた。

cjs20160804

施設ツアーではまず施設内にある学校とそのプログラムの紹介があった。この学校に通っているのは入院中の子供やその兄弟たちで、カナダ国内のみならず人種・国籍問わず、世界中から入院患者が集まってくる。中には都市部から離れたところから来る子供が多いため、電子機器ましてや電子レンジの使い方を知らない子供たちも多く、そういった子供たちにも一からすべて丁寧に教えている。また、授業の取り方は融通が効き、病院との兼ね合い上、3週間に2回しか受けられない子供もいる。授業の内容は座って話を聞く講義のようなものだけではなく、ゲームやアクテビティーといった子供たちが積極的に学校に行きたくなる内容を多く取り入れている。また、恒例行事として今回のディナータイムを含め、キャンプ等いろいろな活動が施設内で行われている。家族や友達と一緒に楽しく過ごすことが子供の回復を助けるとして、家族や院内の友達と休憩室のテレビでスポーツ観戦を楽しんだり、ゲームで遊ぶこともできる。卓球台のある小さな中庭には、本棟とつながった小屋があり、ここでは、病院に外出を禁じられている子供たちが家族とBBQを楽しむことができる。他にも突然の来訪に備えた消耗品の貯蓄はもちろん、各部屋の前には緊急時に備えた伝言用の黒板がドアに設置されている。施設内の環境も良く、スタッフも子供やその親たちとフレンドリーに接していた。

cjs20160803

cjs20160805

cjs20160806

この夜は、多くの人がトレイをもってラウンジの前に並び、各々が日本食を楽しんでいた。用意された日本食は、寿司、味噌汁、白ご飯といったベーシックなものから照り焼きチキン、焼き鳥、サーモンなど様々なものがあった。日本食がこのマクドナルド・ハウスで提供されるのははじめてで、施設のスタッフは「日本食はとても新鮮で、かつジャンクフードよりもはるかに健康に良いのでとても楽しみにしている」と話してくれた。ディナーを手伝っていたCJS会長のジェフさんも満足そうに「日本食のあまり普及していない町からきた多くの人にとっては今回の日本食が初めてで新鮮な経験だっただろう」とコメントしてくれた。

(Visited 119 time, 1 visit today)