JCCC映画鑑賞会「海賊とよばれた男」2017年12月7日(木) 7:00pm~

第10回本屋大賞受賞、400万部突破の大ベストセラーとなった歴史経済小説『海賊とよばれた男』。出光興産創業者の出光佐三をモデルにし、主人公国岡鐵造の人生を描いた超大作が、満を持して映画化。『永遠の0』で百田尚樹とタッグを組んだ山崎貴監督が、今作もメガホンを取った。山崎貴監督作はCGを駆使した高度な映像表現が持ち味の一つで、過去に手がけた『ALWAYS 三丁目の夕日』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『寄生獣』などの作品を見れば、彼の凄さは容易に伺い知れる。


主演は、第38回日本アカデミー賞にて、最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞のW受賞を果たした岡田准一。脇を固めるのは吉岡秀隆、染谷将太、堤真一などこれまでも山崎貴監督作で活躍している演技派俳優たち。そして、日本の映画シーンを牽引している役者陣、綾瀬はるか、鈴木亮平が加わった。


主要燃料が石炭であった時代。石油の将来性を先見していた一人の男、国岡鐵造が立ち上がる。石油業に乗り出す国岡商店であったが、そこに待ち受けていた、国内の石油販売業者や欧米石油会社による高い壁。しかし国岡鐵造はそんな逆風にも負けず、独自の経営哲学、常識にとらわれない驚くべき発想と行動力を持って、部下たちと協力し自らの道を突き進んでいく。


そんな頃、圧倒的包囲網で欧米石油会社の石油メジャーは全ての石油輸入ルートを封鎖。国岡鐵造は、唯一保持していた巨大タンカーを秘密裏にイランへ派遣するという決断を果たすが、果たして皆無事に日本へ帰還することができるのか?なぜ国岡鐵三が海賊と呼ばれたのか?一人の勇敢な男の決断が今、日本に勇気と感動を与える。

チケット: JCCC会員 $10 / 一般 $12 お問い合わせ: 416-441-2345


FUELED – THE MAN CALLED PIRATE

Thursday, Dec 7, 2017 @7:00pm

The team who created The Eternal Zero returns with an epic story of Japan’s post-war rebuilding. Based on a true story, oil company president Tetsuzo Kunioka believes Japanese resurgence must be fueled by oil not coal. With a workforce decimated by the war, and foreign governments sealing oil transportation routes, a desperate Tetsuzo risks international incident by commandeering a large scale oil tanker and sending a secret mission to Iran, earning himself the moniker “pirate.” A huge, thrilling adventure and study of the Japanese spirit featuring an all-star cast including Junichi Okada, Haruka Ayase, Hidetaka Yoshioka, Shota Sometani, Shinichi Tsutsumi and Karu Kobayashi.

$10 members / $12 non-members
Tickets available at 416.441.2345

6 Garamond Court, Toronto, ON M3C 1Z5
www.jccc.on.ca
www.torontojff.com

Co-presented by the Toronto Japanese Film Festival.

(Visited 23 time, 1 visit today)