JCCC映画鑑賞会「お父さんと伊藤さん」2016年11月10日(木) 7:00pm~

mydad-and-mrito01
2014年に発売された中澤日菜子の同名小説「お父さんと伊藤さん」を原作に「百万円と苦虫女」など登場人物の心の機微を描くのに定評があるタナダユキ監督が、父親と娘、その同棲相手との3人による奇妙な同居生活を描くヒューマンドラマ。

自分のペースで、日々の暮らしを大切に生きる女性・彩を上野樹里、ウイットに富み飄々と生きている彼氏・伊藤さんをリリー・フランキー、そして、頑固ながらも愛くるしい一面を持つ父親役に藤竜也。今の時代を生きる、新たな“家族”の物語だ。

書店でアルバイトをしながら自由気ままに暮らす34歳の彩の彼氏は、給食センターでアルバイトをしている20歳年上のバツイチ男・伊藤さん。互いにいい年だが、特に将来について話し合うこともなく流れるままに付き合うことになり、小さなボロアパートで同棲している。華やかではないが庭で家庭菜園をしたり、ふたりなりに慎ましく暮らしていた。

そんなある日、息子夫婦の家を追い出された彩のお父さんが、ボストンバッグと謎の小さな箱を持って突然転がり込んでくる。年齢の割には頼りなさげな伊藤さんの存在を知り、驚くお父さんだったが、この家に住むと頑として譲らない。その日から、彩とお父さんと伊藤さんのぎこちない共同生活が始まった。

やがてお父さんと伊藤さんの間に不思議な友情が芽生えていく中、爆弾のように激しい性格のお父さんは、彩たちの穏やかだった日常を一変させてしまう。それでも毎日のおかしなハプニングを経て、3人がひとつの家族のようになりかけた矢先、「しばらくでかける」と情けない文字で書かれた置き手紙がひらりと一枚机に置かれ、お父さんは行方不明になってしまう……。

すれちがう3人の心が通じ合う日は、果たして訪れるのかー? お父さんが彩たちの家にやって来た、本当の意味とは―!?

チケット: JCCC会員 $10 / 一般 $12 お問い合わせ: 416-441-2345

(Visited 49 time, 1 visit today)