FR-S Release Series 1.0

FR-Sで巡るカナダ・ロードトリップ旅を通してドライブの楽しさを知る!

今月のパートナー FR-S Release Series 1.0

fr-s-release-series-1-0-01

鮮やかな柚子色が特徴的なFR-S Release Series 1.0は同モデル初の限定生産車で外観、内装にこだわりの部品を使い、デザイン性の向上を図ると共に純粋に走りを楽しめるスポーツクーペとして生産されている。走り、デザイン、個性全てに妥協したくないこだわりを持った人への特別な1台だ。

伝説のスポーツカーで楽しむ夏のドライブ
鮮やかな柚子色が特徴的な外観

鮮やかな柚子色が特徴的な外観

今回試乗したScion FR-S Release Series 1.0はダイナミックな走りに定評のあるサイオンブランド、スポーツクーペのFR-Sの限定モデル。FR-SはトヨタのSports 800、2000GT、AE86の3モデルからインスピレーションを受けて作られたモデルで、日々の運転の楽しみや興奮を存分に楽しめる1台だ。今回は後輪駆動の本格スポーツカーでワサガビーチを中心としたジョージアンベイ周辺を巡ることにした。


ジョージアンベイを一望できるScenic Caveで大自然を楽しむ
 

トロントからハイウェイ400を使い、北西に約2時間半行ったところにあるのがScenic Cave。家族連れでも楽しめる2時間程度のハイキングトレイルでは苔むした谷間や深い森など緑に囲まれながらゆっくり歩くのに最適な場所だ。トレイル内では深い渓谷にかけられたオンタリオ州内で最も長い吊り橋、複数の洞窟など見所もたくさんだ。ジップラインに挑戦し、フレッシュな空気とマイナスイオンでエネルギーをチャージする。ここでは木々の上に渡された細い橋を渡るツリートップ・ウォークなど冒険的なアトラクションも多く、アクティブに挑戦したい人にオススメだ。

ワサガビーチを目指すドライブでは、スポーツカーながら大人4人でも快適に座れる広い車内空間を感じることができ、Bluetooth対応のオーディオシステムと8つのスピーカーを通して流れるお気に入りの音楽を聴きながらゆったりとドライブを楽しめる。到着したワサガビーチの14㎞に及ぶビーチは淡水ビーチ世界最長の長さを誇り、毎夏多くの若者や家族連れで賑わっている。ビーチは6つの小さなビーチに分かれており、遠浅なので水遊びするにはもってこいだ。午後遊び疲れて、気温も上がってきたところで本日の最終目的地に移動する。混雑した駐車場でもRelease Series 1.0限定の鮮やかな柚子色が青空の下、どの車よりも輝いている。TRD製リアウィングスポイラーを筆頭にTRDサイドフェンダーや運転性能の向上を意識してより改善されたエアロパーツを使用することによって、性能面だけでなく同時に滑らかで人目を引く洗練された外観を魅力的に作り上げている。また、通常左右1本づつのマフラーに変わりRelease Series 1.0限定で使われている左右2本ずつのTRDマフラーがスポーツカーらしい力強い印象をあたえてくれる。後部座席に乗り込む友人もPassenger Side Rear Walk-In Assistのおかげで楽々と次のドライブを楽しむ気満々で乗車した。

オンタリオ州一長い吊り橋

オンタリオ州一長い吊り橋

世界最長の淡水湖ビーチ@Wasaga Beach

世界最長の淡水湖ビーチ@Wasaga Beach

美しい渓谷が楽しめるハイキングトレイル

美しい渓谷が楽しめるハイキングトレイル

ジョージアンベイ湖畔穴場のオンタリオ州立公園Awenda Provincial Park

45分弱の運転で到着したのが本日の最終目的地Awenda Provincial Park。ここはBruce Peninsula National Parkのようにジョージアンベイ湖畔に位置する州立公園で、静かな環境でキャンプやハイキングを楽しみたい人におすすめのロケーションだ。ビーチでの喧騒から離れ、湖畔沿いを歩くWendat Trailも気軽に楽しめて、リフレッシュした状態で友人と語らうことができた。キャンプグラウンドもグループフレンドリーな場所が多く、複数の家族や大人数でのキャンプを楽しめるのも人気の秘密だろう。日が暮れはじめ肌寒くなってきたところで帰路につく。車内はDual Zone Automatic Climate Control Systemのおかげで運転席、助手席それぞれで快適な温度に設定することができる。またサイオンFR-S独特のT-pattern Insertsが施されたGT86同様のBlack Sport Seatsがすっぽりと体を包んでくれ、快適な座り心地と同時に高速などでの運転時にかかる重圧からもサポートしてくれる。帰りの高速では2Lの水平対向4気筒エンジンが生み出す、200馬力の加速を再び楽しみながら運転する。しっかりとした握り心地のTRD製皮ハンドルがコーナリングへの安定と自信を与えてくれ、同じくTRD製のギアチェンジをよりスムーズに行えるように改善された皮のシフトノブのおかげで、あまり慣れていないマニュアル車の運転を苦もなく、走ることへの高揚感と期待感とで楽しむことができた。乗り心地や運転のし易さを意識して作られた運転席はスピードメーターやマルチインフォメーションディスプレイなど運転に必要な情報が確認しやすい位置にあり、まさにストレスフリーの運転を楽しむことができるだろう。

Release Series 1.0限定のエアロパーツが運転性能とデザイン性を高めている

Release Series 1.0限定のエアロパーツが運転性能とデザイン性を高めている

力強い印象を与えてくれる限定マフラー

力強い印象を与えてくれる限定マフラー

ゴルフやスノーボードにも十分な収納スペース

ゴルフやスノーボードにも十分な収納スペース


性能、デザイン、安全性とバランスのとれた万能なスポーツクーペ

今回のドライブのように少し郊外に行くと気軽にアウトドアを楽しめるのがオンタリオの良いところ。少し前には携帯などの充電を心配することもあったが、12v Accessory Power Outletを通してUSBとつなげるものなら大抵充電可能になり、道の悪いところなどで気になるタイヤの空気圧もTire Pressure Monitoring Systemで確認できる。もちろん6つのエアバックをはじめ、Scion Star Safety Systemが誇る6つの安全機能がさらに車に対する安心感と信頼感を高めてくれる。FR-Sはアウトドアに向かないのではと思ってしまう車体の低いスポーツクーペだが、後部座席を倒すことで十分なスペースにスノーボードやゴルフセットを積んで出掛けることもできるだろう。これからのカラフルな紅葉にも引けを取らない鮮やかな柚子色のFR-S Release Series 1.0。多くの人を惹きつける色味と滑らかでセクシーな車体は、この車の多様性、デザイン性、運転性能のどれも最高のパフォーマンスで期待に応えてくれる最高の一台だ。車にこだわりを持ちたい人、運転性能を追求したい人、デザイン重視の人など、多方面で満足出来る妥協のないパーフェクトな1台だ。