止まらない温暖化事情

こんにちは。日本では桜が咲いて新学期。ウキウキの時期ですね。一方こちら、カナダのカレッジでは雪が降るなか期末試験が迫り来るバリバリ緊張感満載のとってもピリピリした季節です。

つい先日、朝起きて外に出たらえ?2月?みたいな天気でおったまげました。

小学生の頃(かれこれ15年くらい前)は、地球温暖化という言葉が出回り始めたばかりで先生が黒板でわかりやすく説明してくれたのを覚えています。当時は省エネという言葉が流行り、夏はエアコン28度にしましょうポスターが街中に貼られていました。

それから5年7年たってみると、毎年のように今年の夏は暑い、とか今年の冬は寒いとか前年よりも天候が悪くなると呟かれるようになるのが当たり前になり、実際にここ5年くらいではかなり日本の気候が変わったと思います。本当に50年後くらいは東南アジアみたいな天気になってそう。。他にも地震や火山噴火、ゲリラ豪雨などの災害も多いしこれからどうなっちゃうの!?なんて心配です。
私は名古屋出身なのですが、2年前に地下にあるレストランで働いている時、ゲリラ豪雨のたびに店が100%の確率で浸水したり、地下鉄の排水溝から水がギャグレベルで吹き出していたり、笑えないけどどう考えてもギャグにしか思えないレベルでひどい被害に出くわしたことが多々あります。

そんな災害大国日本を出て、地震もないし、ハリケーンなんてまず起こらないでしょうなんて呑気に過ごしていたらこの寒さ。4月ですよね?って毎朝、自問自答しています。温暖化が確実に進んでいるんだなあと、世界のどこにいても実際に体感できるレベルまできていると思うと、改めて今、ここで来たる未来の世代のために何ができるのかと考える機会なのかも、と思います。

私の好きな言葉で、0は何をしても0のままだけど、1は1以上になる。というものがあります。旧職場の鬼怖いマネージャーから教わった言葉です。誰か一人でもゼロの人がいたら、力を合わせてもゼロのまま。でも、全員が1だけ行動を起こせば必ず結果に繋がる。

要はチリツモですね。(チリは積もれば山になる)
まずは、ゴミの分別だけでもしっかり取り組んでみようかな〜何より、この気温差で風邪をこじらせないように、お気をつけください♪