GO train で羽生選手の試合観戦へGO!〜初日編〜

 こんにちは、yoshieです。トロントで2度目の秋を迎えました。秋と言えばフィギュアスケートのシーズン開幕ということで、行ってきました!崇拝する羽生結弦選手の試合観戦にぃぃぃ〜!!!!

 大会は「Autumn Classic International」という、2014年に始まったばかりの新しい国際競技大会で羽生選手は2015年から毎年出場しており、初出場から金、金、銀メダルという結果を残しています。私は昨年に続き、今年で2度目の観戦となりますが、この大会ほどファンにとって満足度の高いものはないと思っています。その理由は3つ。

 1、会場が小さい(大体1500席)→至近距離で見ることができる
 2、チケットが安い($36程度)→日本だと遠い席でも1万程度
 3、新プログラムがいち早く見れる→新しい衣装・髪型のお披露目の場でもある

 今年はトロントから電車とバスで2時間程度の場所にあるオークビルという街での開催だったため、GO trainを使い日帰りで行くことに。トロント滞在1年半にして初のGO trainに気分も高揚し、連日夜更かし三昧でしたが朝5時起きも何のそのでした。座席が3フロアーに分かれているのが特徴的で全席自由席。体感速度はすごく遅かったのですが、実際は150km/hだそう。


 Danforthを6時に出発し、8時過ぎに会場到着。席を確保した後はひたすら公式練習を待ちます。最前列確保できました!!

 9時半に登場した羽生選手は約30分の氷上練習を終え、13時の試合に備え姿を消します。ここからまた待機の時間です。彼の出番は終盤(15時頃)なので本番まで実質【約5時間】・・・・・・。彼のファンには忍耐力も必要なのです。と言っても、その間にアイスダンスや他選手の試合は行われているので観戦すればいいのですが、私はTHE NIWAKA FANなので羽生選手にしか照準を合わせておりません。

※写真は削除いたしました。

 本番直前と直後の様子です。本番中は直視したいため、スマホは触りません。どうでも良い私のポリシーです。日本では写真撮影が禁止ですが、ここでは撮り放題なのも嬉しいところ♥(※動画は禁止)ただ、撮った写真はどれもブレブレ。これは私のスマホの限界なのか、彼のスピードが速すぎるのか・・・・

 SP(ショートプログラム)の結果は、2位に7点以上の差を付け「97.74」で暫定トップ。転倒も無く、素人目からは綺麗にまとまった演技のように映ったのですが、実はスピンでミスがありその得点は0だったとのこと。

 男子の試合の後は、女子のフリープログラムの試合だったのですが、朝が早かったこと、そして会場内が思っていたより寒かったこともあり疲れが溜まっていたのでそのまま帰宅し、最終日に備えることにしました。(続く)

▼大会概要はこちらから▼
https://skatecanada.ca/2018-autumn-classic-international/

[お知らせ] 先日まで執筆者によって撮影された写真が掲載されていましたが、これよりスケートカナダに規定確認と掲載許可をとる予定です。確認が取れた時点でまた掲載したいと思います。