食の編集部が行く September 2017

のどごしスッキリ爽快!こだわりのクラフトビールが飲めるブルワリーパブ2選

Indie Alehous
2876 Dundas St W
416-760-9691
indiealehouse.com

趣味でビールの醸造を20年以上続けてきたオーナーのジェイソンが2012年に満を持してオープンさせたマイクロブルワリー。一般的には見つけにくいより濃厚な味わいのエールや、自然発酵ビールなど、種類豊富でユニークなビールが並ぶ。特に試験的に作られた新作や年季節の限定ビールはすぐに売り切れてしまうため、気になる人は随時チェックが必要だ。購入前に有料で試飲することも可能。

または、併設されたレストランでこだわりのフードとのペアリングを楽しみながら色々試すのも面白いだろう。ただし、レストランは事前予約ができないので、週末は特に早めに行くのが◎。自宅でのパーティを予定している人や家で一杯飲みたい人はぜひトロントの地ビールもラインアップに加えてほしい。

1 : ビールとの相性抜群なサラミピザ、ツナタコス、ポレンタ 2 : それぞれのビールに最適なグラスで提供される – Skyfall 3 : Instigator IPA 4 : すっきりと洗練されたデザインの外観
5 : ローカルアーティストAlexy Berezovが手がけるポスターも要チェック

Duggsn’s Brewery
1346 Queen St W
416-890-7339
duggansbrewery.com

パークデールエリアに位置するこちらのお店では通常のIPAだけでなく、ダブル・トリプルIPAに加え、フレイバーエールからラガーまで様々なビールを醸造している。特に一年熟成されたバーレーワインがおすすめで、ワイン同様のアルコール度数とキャラメルやメープルなどの甘さを感じながらすっきりとしたホップの味わいが特徴的。ビールに使用されている材料は麦芽もホップも全てオンタリオ州産という地元素材へのこだわりが詰まっている。

もちろんレストランで提供されている食材も全てローカルにこだわり、シンプルかつビールとの相性抜群なスナックを始め、バーガーやピザなどのパブフードが並ぶ。一度こだわりのビールと美味しい料理を食べれば、きっと続けて通いたくなること間違いなしのスポットだ。

1 : 週末のブランチはスタウトビールで決まり 2 : 素材の旨みを活かすシンプルな調理がポイント 3 : 一番人気のNo.9 IPA 4 : ワイン同様の深い味わいが人気のバーレーワイン