トロントの居酒屋風雲児 #15「日本の居酒屋とタバコ事情」

「日本の居酒屋とタバコ事情」

先月は少しお休みをいただいて、久々の日本を満喫してきました。子供ができてからというもの、以前の一時帰国の様に毎日友人とリサーチという名の飲み歩きも無くなり子供中心の行動になり、水族館や動物園など今まで滅多に行かなかった場所に行き、また何か新鮮な旅となりました。これからの子供の成長に伴い、あんな所に行きたいこんな事をしたいといった子供からのリクエストが増えてくるのかと思うと、楽しみな反面、お父さんって大変だなと少し思ってしまう、まだパパ歴2年ちょっとの新人パパです。

1いつの間にかこんなに沢山の家族になってました。弟のところにも4月には第一子誕生予定なので、もっと大きくなる予定 2地元の行きつけのBarアパカバーで息子との一枚。一緒にここで飲むのが待ち遠しいです 3横浜は麺場浜虎のこく塩鶏そば。鶏ガラスープと鶏白湯のダブルスープ。鶏油、焦がし玉ねぎ油、鶏チャーシュー。うん、うまし

1いつの間にかこんなに沢山の家族になってました。弟のところにも4月には第一子誕生予定なので、もっと大きくなる予定 2地元の行きつけのBarアパカバーで息子との一枚。一緒にここで飲むのが待ち遠しいです 3横浜は麺場浜虎のこく塩鶏そば。鶏ガラスープと鶏白湯のダブルスープ。鶏油、焦がし玉ねぎ油、鶏チャーシュー。うん、うまし

一時帰国するといつもの事ですが、コンビニの便利さや自動販売機の数、どこのトイレにも付いているウォッシュレットなど日本に住んでいた時には気付かなかった当たり前の事に小さな感動を覚えます。また何処でも何時でも飲めるお酒や店内での喫煙は少し違和感を感じ日本独特だなぁと感じます。先月号のコラムで2020年のオリンピックに向けて飲食店などの店内での禁煙活動について書きましたが、子供連れでの今回の帰国でさらに色々と考えさせられました。

居酒屋でのお酒を飲みながらのタバコの美味しさは十分に知っていますし、煙モクモクの居酒屋も好きなので、飲食店での喫煙は許してもいいと思う反面、子供の横でタバコを吸われるのはやはり嫌ですね。他のお客さんからすれば居酒屋に子供を連れてくるなよと思われるかもしれませんが、パパもママだって居酒屋に行きたいわけで、子供だけでなく非喫煙者と喫煙者の意見のバランスをうまく取るのはかなり難しいのかもしれません。

4外国人に人気のリアルマリオカートを渋谷で目撃。噂では聞いていたけど、面白そうでした 5横浜駅西口駅前の屋台ラーメン。こんなのトロントでオープンしたいですね 6横浜の有名な蕎麦屋、角平のつけ天そば&かき揚げ。胡麻油の香る天ぷらと温かいつけ汁は最高です

4外国人に人気のリアルマリオカートを渋谷で目撃。噂では聞いていたけど、面白そうでした 5横浜駅西口駅前の屋台ラーメン。こんなのトロントでオープンしたいですね 6横浜の有名な蕎麦屋、角平のつけ天そば&かき揚げ。胡麻油の香る天ぷらと温かいつけ汁は最高です


またカナダのように建物の中は禁煙にして店頭に灰皿を置けばいいと思っていましたが、多くの地域で路上喫煙禁止条例があるので、店頭での喫煙は条例違反になってしまうのが現状のようです。以前に比べればタバコを吸う人の数も減ったみたいですが、飲食店での完全禁煙実施までにはまだまだ時間がかかりそうですね。

また日本で多く目にしたのが、加熱式タバコのiQOS(アイコス)。カナダでも流行っている電子タバコに似ていましたが、通常の紙巻タバコに比べて、副流煙が少なめでニオイも気になりにくく、有害物質も9割ほど低減できるという新しいタバコ。その代表格であるアイコスは、2016年のヒット商品で今は品薄状態が続き入手困難との事。他にもPloom TECH(プルーム・テック)やglo(グロー)など類似商品も販売されているようですがどれも予約受付停止になるほどのヒットを記録しているそうです。都内ではこの新型タバコのみ喫煙可能といった飲食店も出始めているそうで、今後はこのタバコが定着していくのでしょうか?お酒とは切り離しにくいタバコですが、今後の飲食店の対応が気になります。

また日本では2月から毎月の月末の金曜日に午後3時をめどに早目に仕事を打ち切り、消費を喚起しようという『プレミアムフライデー』が開始されました。まだまだ色々な意見がある様ですが、この取り組みは定着するのでしょうか?私達飲食店で働く者からすると週末の金曜日3時からビールが飲めるなんて夢の様な話ですが、これを機に飲食業界を始め、小売、旅行業界などがさらに盛り上がるといいですね。日本も皆んな頑張っていますので、私たちもカナダで負けない様にもっともっと頑張らなくちゃと、今回も沢山パワーをもらった一時帰国でした。

7横浜家系、壱八家の特製ラーメン海苔増し。やっぱり家系大好きです 8最近は横浜の野毛や伊勢佐木町が面白いですね。大好きなお店、魚市も載っていました 92歳なのに最近よく喋る息子。ポーズが決まってます

7横浜家系、壱八家の特製ラーメン海苔増し。やっぱり家系大好きです 8最近は横浜の野毛や伊勢佐木町が面白いですね。大好きなお店、魚市も載っていました 92歳なのに最近よく喋る息子。ポーズが決まってます

10横浜平沼橋の田中屋の裏横チキンカレーせいろ。ご飯かパンがサイドに選べるのが嬉しいです 11横浜家系ラーメン町田商店。最近では都内やシンガポール、ロスにも出店している人気店 12帰ったら必ず行く横浜馬車道のイタリアン、テンダロッサ。ソムリエは昨年のイタリアワインソムリエコンクールの優勝者、航くん

10横浜平沼橋の田中屋の裏横チキンカレーせいろ。ご飯かパンがサイドに選べるのが嬉しいです 11横浜家系ラーメン町田商店。最近では都内やシンガポール、ロスにも出店している人気店 12帰ったら必ず行く横浜馬車道のイタリアン、テンダロッサ。ソムリエは昨年のイタリアワインソムリエコンクールの優勝者、航くん



ogasawara-masaru-profile小笠原 克 Ogasawara Masaru

日本ではファッションブランドGapでアルバイトからマネージャーまで7年間勤務、新規店の立ち上げや日本売り上げNo.1店舗での管理職を経験し、2005年にワーキングホリデーでバンクーバーに渡加。ファッション業界からの転身となるが、調理師免許保持や両親の飲食関係の仕事の影響などもあり、大人気居酒屋Guuでワークビザを取得し男前店で副店長を務める。その後2009年トロントでのFC立ち上げ総責任者に任命されトロントへ。寒い冬でも毎日行列のできる大繁盛店となり、トロントの日本食パイオニアとなる。2014年にはKinkaFamily Inc.の副社長に就任し、居酒屋の他、ラーメン、寿司、焼き鳥などのブランドを管理、2015年10月末GuuとのFC契約終了とともに独立・起業。現在は世界で皆に愛される飲食店を開業できるようにと奮闘中。

(Visited 351 time, 1 visit today)