背中を伸ばしなさい!! | オリンピック選手もサポートするカナダ公認マッサージ・セラピストが教える身体と健康【第44回】

お子さんの姿勢を見て「猫背になっているよっ!背筋を伸ばしなさい!」と注意した覚えは皆さんあるのではないでしょうか?

このアドバイスが間違っている可能性があります。

「背中を伸ばしなさい」と言われたお子さんは、背中の筋肉に力を入れて体を後ろに引っ張って一時的に丸まった背中を伸ばします。

しかし、時間経過と共に元のポジションに戻ってしまいます。理由は、背中が丸くなる根本原因が改善されていないからです。

多くの場合、背中を丸めてしまう原因は背骨周辺のコリなどの違和感を避ける動作であったり、肩甲骨のポジションが前に引っ張られている事が多いので、この部分を改善してあげないと、いつまでも問題解決しません。

肩甲骨のポジションが前に引っ張られてしまう原因は、胸の筋肉が直接肩甲骨を前に引っ張ってしまうからです。

肩甲骨は背中側にあるイメージですが複雑な形をした骨で、一部分が突起状に鎖骨の下、すなわち胸側に位置しており、そこに付着する小胸筋などが硬くなると直接肩甲骨を前方に引っ張り、ねこ背ポジションを作り出してしまいます。

ですから、「背中を真っ直ぐ伸ばしなさい」と言いたくなったら、グッと堪えて「小胸筋をマッサージして緩めなさい」と言った方が正しく、効果も期待できる可能性が高いのです。

2018年も、「ちょっと役に立つお話し」を心がけてコラム担当させていただきます。宜しくお願いします。


FLOW SHIATSU CLINIC

720 Spadina Ave. Suite 507 スパダイナ駅徒歩2分
電話: 416-323-3700
テキスト: 647-828-0700
tadshiatsu@gmail.com

テキスト、E メールでのご予約をおすすめします。