アウトドアをよりエンジョイしよう「夏の虫刺され対策」 [TORJA × WELLNESS KIZUNA]

待ちに待った夏がやってきました。薄着で外出する機会が増え、気が付いたら 蚊に刺されていたという人も多いはず。郊外にキャンプに行く人はもちろん、トロントは自然が多く、街中で蚊に刺されるだけでなく、ウァスプ(Wasp)と呼ばれるスズメバチ科の ハチなども多く生息しています。天気が良いのでパティオで食事や、裏庭でスイカなど食べようものなら、あっという間に何匹ものウァスプに囲まれ屋内に逃げ込む…と毎年虫には悩まされます。

どんなに気を付けていても、ひと夏の 間に何回かはやられてしまう虫刺され。 しかし単に「虫刺され」とは言え、原因となる虫もいろいろ。蚊、ノミ、ハチなどの 昆虫類、ダニ、クモなどの節足動物から、吸 血する蚊やアブ、刺すのはハチ、咬むのはクモなど様々です。触れるだけで皮膚炎を起こす有毒の毛虫などもいます。

虫刺されによって生じる皮膚症状は「痛み」と「かゆみ」。「痛み」 は皮膚を咬まれたり刺されたりすることで生じる物理的痛みと、皮膚に注入された物質の刺激でおこる痛みがあります。「かゆみ」は皮膚に注入された物質に対する反応で、刺咬を受けてすぐに出る かゆみや発赤は数時間で軽快することが多く、それに対し遅延型反応は水ぶくれやブツブツといった反応が一般的。

これらの反応は、虫にさされた頻度やその人の体質によって、大きな個人差があります。どんなに蚊に刺されても痛くもかゆくもないという人もいれば、乳幼児では一か所刺されただけで、大きく膨れ上がるという子どもも多いので、まずは刺されないように気を付けましょう。


また、カナダ・オンタリオでは、マダニではライム病、蚊ではウエストナイル熱など、虫が媒介する伝染病が毎年報告されています。虫以外にも触れるだけでかゆみや湿疹を起こす植物もあるので、アウトドアを楽しむ際は出来るだけ肌の露出は抑 え、虫や植物から身を守ることが一番の予防策です。

対処法

まず虫刺されで「かゆい」「痛い」という症状が出たら、街の 薬局で市販薬(OTC薬)を買って試してみよう。

軽傷の場合:かゆみ止め外用薬を使用する。代表的なものは BenadrylやLANACANEのクリームタイプ。すでに掻いて皮膚 に傷ができている場合は、Polysporinという抗生物質の配合 されているもので感染を防ごう。


かゆみが強い場合:かゆみは掻く刺激で更なるかゆみを引き 起こし、その結果、皮膚を傷つけ状態を悪化させる。出来るだけ掻かないようにすることが大切。かゆみが強い場合はステロ イド外用薬であるCORTATE CREAMというものも市販薬とし て処方箋なしで購入できる。これはステロイドが配合されているため、傷や膿がない場合に使用する。それでも我慢できない 場合や、子どもが我慢できず掻いてしまう場合などには、抗ヒ スタミン薬が有効。BenadrylやREACTINEなどというOTCの 飲み薬がある。


ただ、これらは皮膚症状を抑えるだけであり、原因虫から回避しないと、新たに虫に刺されることになるので要注意。また、感染などを起こしている場合や、強いアレルギー反応がある場合は、必ず医師の診察を受けるようにしよう。

ハチに刺された場合


まず、ハチには刺されないように回避することが重要。ハチにいたずらしたり、むやみに巣には近づかないようにしよう。香水やヘアスプレーなどもハチを刺激するので、アウトドアを楽しむ際には使用しないこと。 それでも刺されてしまったら、まずは安全な場所で静かに横になり、局所を冷やす。アンモニアを塗るということを聞いたことがあるかと思うが、これは全く効果はなし。 腹痛や蕁麻疹、気分が悪いなどの場合は、直ちに救急車を呼ぶこと。元気であっても、あとで症状がでる場合もあるので、医師の診察を受けるようにしよう。

アウトドアの虫刺され以外にも、ベッドバグや原因の分からない蕁麻疹・湿疹の症状を訴える人が増えています。海外での 新しい環境でストレスも溜まりがちになり、アレルギー反応などが新たに出る人もいるので、不安な人は早目に医師の受診・ 検査を受けるようにしましょう。 オンタリオ健康保険をお持ちの方はもちろん、既往歴のない皮膚の問題であれば、海外旅行保険にご加入の方も保険適用です。掻きむしって皮膚に痕が残っ てしまう前に、適切な治療を行いましょう。

WELLNESS KIZUNAでは提携病院 Health One Medical Centre (5292 Yonge St.)の日本語受診のお手伝いはもちろん、緊急の場合もすべて日本語でサポートしております。海外旅行保険をお 持ちの方は、受診費、薬代、通訳費を含むすべての費用を弊社が立替し、保険金申請も代行致しますので、お金を一切出すことなく、受診・診察いただけます。気軽にご相談ください。



wellness-kizuna-tsuru-keiko鶴 慶子さん(RN-日本、RPN-オンタリオ州)

日本で9年看護師経験を積んだ後、渡加。ジョージブラウンカレッジナーシングコースを卒業後、オンタリオ州看護師免許を取得。現在はトロント市内の医療機関で看護師として勤務する傍ら、日系コミュニティー向けの医療サポート会社WELLNESS KIZUNAのクリニカルディレクターとして活躍中。www.wellness-kizuna.ca



WELLNESS KIZUNAではクリニックの紹介、受診時の通訳など、すべて日本語でサポートしております。海外旅行保険をお持ちの方は、受診費、薬代、通訳費を含むすべての費用を弊社が立替し、保険金申請も代行致しますので、お金を一切出すことなく、受診頂けます。気軽にご相談ください。

wellness-kizuna-logowellness-kizuna.ca
Tell: 647.628.0023 / Email: info@wellness-kizuna.ca / LINE ID: wellnesskizuna
Regular Hours: Mon – Fri, 9:00~18:00
facebook