「この人は普通のレベルとは違うなと感じた。」|トロントのカリスマ美容師 Hiroさん×Creators’ Lounge 加藤豊紀さん 対談【前編】

ヒロさん(右)とトムさん(左)


 トロントで、クリエイターのサポートやクリエイティブ・コミュニティの発展を目指す「Creators’ Lounge」。この会社を設立したのが加藤豊紀(トム)さんだ。今回はトムさんをお招きし、ワーホリ経験のある起業家という共通点を持つ2人の対談を実現。第1回目は、2人の出会いや起業を経ての互いの印象の変化等を語り合ってもらった。

ヒロさんの経営者としての顔に興味を持つ

ヒロ: トムさんとは今では色々なことを語り合う仲間だけど、出会ったのは、2012年のサッカーのチャリティーイベントでしたよね。

トム: 私はDJとして音楽を担当していて、お互い関係者というのが最初ですね。

ヒロ: 僕はトロントにいる美容師さん達にご協力をいただき、売り上げ全部寄付のヘアカットギフトカードを販売していました。

トム: 当時すでにヒロさんは有名な方で、話しかけづらかったのを覚えています。

ヒロ: いえいえ、滅相もない(笑)。初対面後に、僕がトムさんに好印象を持って、サロン用のBGM作成を頼んだり、あと、僕はクラブも好きだったから、トムさんのイベントによく足を運ぶようになり、距離が近くなりましたね。

トム: 私はヒロさんのことをトロントですでに成功されていて、そのカリスマ性に日本では会ったことがないような美容師さんだなと思っていました。そして興味を持ったのがヒロさんの経営者としての顔です。経営者として物事を見ているところが勉強になって、距離が縮まったと思います。ちょうど私も起業するというタイミングでもあったので。

ヒロ: 当時、ワーホリのトムさんがカナダ人でも若い人ではできないような箱でイベントをして、1つ1つを形にしている姿を見て、この人は普通のレベルとは違うなと感じた。結果的に、僕にとってもトムさんは貴重な人脈になって、トムさんのおかげで出会えた人たちも増えました。

トム: 私は今でもヒロさんに相談をさせてもらうことは多いですね。 外でも話せないことが話せるのって、このサロンの空間ならではというか…。

ヒロ: うちのサロンは僕以外が全員カナダ人だし、日本語分からないし、何を話しても大丈夫って(笑)。そう言えば、お互いの会話の内容も変わりましたよね。

トム: ヒロさんのところで髪を切るのが2~3か月に1度だから、前回と同じ話はしないようにしようと心がけていました。その都度、新しいプロジェクトの話ができるようにここには来ていました。そういう話ができるのもこの場所くらいでしたし、胸を張って報告をしたいとも思っていました。

お互いにマルチであるところが似ている

ヒロ: ある意味、お互いに似ているのだと思います。 僕は美容師なのに、本業以外にTORJAの連載や大学生向けのセミナーなど美容と関係ない事もさせていただいてます。トムさんももともと警察官なのに、音楽のクリエイターをするし、企業を相手に何でもするというような、マルチであるところが似ていたのかなと。会社員系でなく、典型的な職人系でもない。格好つけるとライフクリエーターというか。一つのベース・本業に対して創造性が豊かで、すぐに行動を起こす、それが結果的に相互的利益を生める。トムさんも同じタイプかなって。

トム: ヒロさんも前に進んでいる人なので、僕の話は受け止めてもらえていましたが、自分がまだまだだなというのもよく感じていました。ヒロさんの姿を見て、自分を奮い立たせ、切磋琢磨していった感じです。

ヒロ: お互いが自分の話をすると、相手が何かを感じてくれる。そうすると、僕らのタイプは自然とポジティブな話しか出てこないので結果的に、こっちも頑張ろうとなる。

トム: 2人とも上に向かっていたので励みになっていましたよね。

着実にステップアップしていくトムさんの姿を見ることが刺激に

ヒロ: 以前は、トムさんの話をしている内容に〝夢〟という部分が強い印象だった。それが経営者になったら変わった。現実も見れて、着実にステップアップしていく姿がとても僕には刺激だった。トムさんの活動を説明すると、その相手も惹き込まれ、相手の反応に応える引出しも次から次へと増えていった。トムさんのトロントでのステータス自体がクリエイトされ、大きく成長しているのを肌で感じれた。日系企業の若手駐在者の人たちもトムさんに魅了されて、単にイベント参加だけでなく、実際にDJ担当したり、駐在期間を楽しんでいるのが本当に印象的でした。

(聞き手・文章構成 TORJA編集部)


加藤 豊紀(かとうとよのり / トム)さん

 神奈川・横浜生まれ。元警察官から、クリエイターの表現の場を創るために世界へ。カナダのトロントを拠点に、企業の広報PR・イベントプラニング事業を中心に展開する。また国際的なクリエイティブ・コミュニティを形成するということを念頭に、アート関連の人材・知識をビジネス関連分野で活かせるような場の提供を行う。

Creators’ Lounge Inc. CEO / Japan Festival Canada Director

Twitter: GOODMUSICTOM


Hiroさん

名古屋出身。日本国内のサロン数店舗を経て渡加。若い頃から憧れた、NYの有名サロンやVidal Sassoonからの誘いを断り、世界中に展開するサロンTONI&GUY(トロント店)へ就職。1年目から著名人の担当や撮影等も経験し、一躍トップスタイリストへ。その後、日本帰国や中米滞在を経て、再び、トロントのTONI&GUYへ復帰。クリエイティブディレクターとして活躍し、北米TOP10も受賞。2011年にsalon bespokeをオープン。今現在も、サロンワークを中心に著名人のヘア担当やセミナー講師としても活躍中。

salon bespoke

WEB: salonbespoke.ca
TEL: 647-346-8468
130 Cumberland St, Toronto, ON M5R 1A6
Instagram: HAYASHI.HIRO
https://www.youtube.com/channel/UCOYcQSWMGI7qz156n2dFMXw