「いくつになっても夢がある人はかっこいい」|トロントのカリスマ美容師 Hiroさん×料理人 山中 隆佑さん 対談【後編】

今後の可能性について語り合う

ヒロ: 日本食ブームとかあるけど、今後はどういったものが流行ると思う?

山中: そうですね。トロントやロンドンの日本食レストランで勤務していた際に、やはり日本食は世界中で人気があると確信しました。これからでいうと、いま漬物に注目しているのですが、専門店であったり、レストランへの卸売なんかも面白いと思っています。

ヒロ: 確かに、漬物は日本の伝統的な食べ物だし、魅力的かもね。 昔より居酒屋も増えたし、漬物を食べたことがあるカナダ人も増えてるだろうしね。

山中: ありがとうございます。日本食材の品質は世界の食品と比べるとやはりレベルが高く、カナダでも人気です。今後はさらに日本の食材を使ってより日本をカナダに売り込んでいきたいですね。

 ヒロさんの今はどんな感じで、今後したいこととかあるんですか?

ヒロさん(左)と山中さん(右)

ヒロ: 今は、年2~3回は日本に帰って、セミナーとかしているけど、トロントで髪を切ることが大好きだし、それが僕の仕事だから、トロントにいる期間はサロンにいる時間を減らさないようにしてる。後は、急に面白いオファーや案件がどこからか舞い込んでくるかもと期待しているし、いつでも新たなことに挑戦できる自分でいたいよね。

山中: いつ何が起こるかわからないから、カナダで働くというのは面白いですよね。僕も以前は、R&Bを歌いたくて何気なく来たワーキングホリデーでしたが、今ではこうして料理長として働いています。人生何があるかほんとにわからないですよね。

ヒロ: そうだよね。 日本の美容業界だと、美容院で働いていたけど環境が厳しくて美容師自体を辞める人も多いから、とても悲しいんだよね。 完全に辞めるのは最終手段にして、美容院を変えるとか、カナダでも再挑戦できるとも知ってほしいね。 日本で美容院勤務の経験なく、英語も話せなかった人でも、カナダで美容師になって夢を叶えた人が何人もいるしね。

山中: そうですよね。いくつになっても夢がある人はかっこいいですし、諦めてほしくないですよね。カナダでそれを叶えることが出来るのであれば、是非たくさんの人にカナダに来てもらいたいですね。

ヒロ: リュウスケ君の将来を想像すると、またイギリスに住んでいて、そこで自分のお店を開いていても驚かないなぁ~。「ヒロさん!いまイギリスにいますよ」って!(笑)。もしくは、トロントで小料理屋を営んで、常連さん達と楽しい日々を過ごしているかもしれない。いずれにしても、隠れ家的な小さなお店で日本料理を振舞っている。10年後とか、そんなリュウスケ君を見たいってのも、僕はあるかもね。

山中: そうですね。チャンスがあれば新たな挑戦だったり自分のお店を持ったりしてみたいと思っています。そのために少しずつ準備をしていますので、いつか形になれば良いと思っています。

 先ほどセミナーというお話も出ましたが、美容業界だけでなく、これからカナダへ来る若い人に先輩としていつもどんな声をかけてあげているのですか?

ヒロ: 一歩を踏み出せない人もいるかもしれないけど、せっかく海の向こうまで来ているんだから、プライドは捨てて、シャイにならず、積極的にいこうとか言ってるかもね。英語が下手でも恥ずかしくないよってね。カナダは英語が母国語じゃない人がとても多く、そんな彼らも生活があるし、カフェ、デパート、銀行、役所など、どこででも働いているからね。だからこそ、プライド捨てて、勇気持ってここだと思った環境があれば飛び込むべきだと思う。そうすれば、英語も必要になり、自然と学べると思う。

山中: せっかくみんなが英語を話すカナダにいるからこそ、地元の友達を作ってカナダを楽しむことがいいと思いますね。限られた時間の中でできることを悔いなく行うことで先の人生を楽しむことが出来ますよね。実際に私も英語を使えるようになってから様々な人々と出会い、仕事の面でも活きていると感じています。

ヒロ: そうだよね。様々な人に出会えるのも英語が話せるからっていうのも大きいだろうしね。話せる言葉が増えるほど、出会える人たちも増えるからね。また、トロントは英語が母国語ではない人が多く住んでいる多民族であり、マルチカルチャーだから面白いと思う。 日本から海外に出たい人には、特にトロントをお勧めしたいね。

山中: そうですよね。もっと多くの日本人に来てもらって、ここトロントを盛り上げてもらいたいですよね。次の世代の人たちにも日本の良さをもっと広げてほしいと思っています。

ヒロ: そうだよね。期待もしているし、さらに日本人として繊細さや美しさとかも、もっと世界に伝えていきたいよね。
(聞き手・文章構成TORJA編集部)

山中 隆佑さん

 Godspeed Breweryヘッドシェフ。愛知県名古屋市出身。
– 2005年〜2006年、トロントに滞在。
その後、日本に戻り、割烹料理店で働く。
– 2009年〜2010年、イギリス•ロンドンのNOBUに勤務。
– 2011年よりトロントに戻り、Ascari Enoteca、Momofukuを経て現職。

Hiroさん

 名古屋出身。日本国内のサロン数店舗を経て渡加。NYの有名サロンやVidal Sassoonの就職チャンスを断り、世界中に展開するサロンTONI&GUY(トロント店)へ就職。ワーホリ時代から著名人の担当や撮影等も経験し、一躍トップスタイリストへ。その後、日本帰国や中米滞在を経て、再びトロントのTONI&GUYへ復帰し、北米TOP10も受賞。2011年にsalon bespokeをオープン。今もサロン勤務を中心に、著名人のヘア担当やセミナー講師としても活躍中。世界的ファッション誌“ELLE(カナダ版)”にも取材された。

salon bespoke

salon bespoke 130 Cumberland St 2F
647-346-8468 / salonbespoke.ca
Instagram: HAYASHI.HIRO
https://www.youtube.com/channel/UCOYcQSWMGI7qz156n2dFMXw