オールインクルーシブ!ジャマイカの人気ビーチリゾート地 「モンテゴベイ」 | H.I.S.オススメ オトナの旅

 One Love, One Heart♪ ジャマイカというとまず思い浮かべるのがボブ・マーリー。ゆったりとしたリズムに、陽気なメロディーが特徴のレゲエ音楽は、人々をピースフルな気持ちにさせてくれる。そんなレゲエを生み出したジャマイカは、一体どれほど陽気な国なのだろう?期待と好奇心の中向かった今回の旅は、ジャマイカの人気ビーチリゾート地「モンテゴベイ」。

 モンテゴベイでの宿泊先は、もちろんオールインクルーシブホテル。
 この、オールインクルーシブというシステムは、実はジャマイカが発祥といわれており、ホテル代金に食事や飲み物、プール、アクティビティなど全てが含まれているため、滞在中は財布を気にすることなく好きなだけ楽しむことができる。

 旅行というと観光がメインとなることが多いが、ここでは是非ホテルでの滞在を満喫してほしい。例えば、筆者のオールインクルーシブホテルでの過ごし方はこんな感じ。

 朝は早起きして、まずビーチチェアをゲット。その後は朝食ビュッフェでしっかり腹ごしらえ。朝食の後は、ビーチで読書。体を動かしたくなったらアクティビティに積極的に参加。海の中でのエアロビクス、ビーチバレー、レゲエダンスレッスン、巨大ジェンガ対決!?など様々なアクティビティが用意されている。

 お昼はビーチでBBQランチ。お腹いっぱいになったら、しばしお昼寝、たまにアクティビティ。
 夜はドレスアップしてディナーへ。ディナーを満喫した後は、バーで「ラムクリーム」を飲んだり、ビリヤードを練習したり。ホテルのシアター会場では毎晩違うショーが行われているので、ショーを楽しむのもあり。

 さらに体力に余裕があれば、ホテル内のナイトクラブで気が済むまで踊る。ここまで充実したホテル遊びができるのはオールインクルーシブホテルならではだ。

 特にモンテゴベイのホテルで一番印象的だったのは、スタッフのフレンドリーさ。さすが、陽気なジャマイカンスタッフ。お客との距離が近く、よく話しかけに来てくれたり、アクティビティを通して仲良くなったりと、非常にアットホームで居心地の良い空間を作ってくれていた。

 またホテルの近くにはゴルフコースもいくつかあり、カリブ海を眺めながらゴルフも満喫することができる。あまりの贅沢な空間に、どんなスコアを叩いても終始笑顔でコースを回ることができる。

 モンテゴベイでの楽しみ方は、ホテル滞在・ゴルフだけではない。是非訪れてほしいスポットが2つある。

 まずは「ダンズリバーの滝登り」。激しい水しぶきに打たれながら、200mの滝を仲間と協力し合い登っていく人気のアクティビティスポットだ。大自然に囲まれた滝で、ビショビショになりながらも自力でよじ登っていると、まるで自分が野生に返ったかのような気分を味わえる。ここは、朝一番に行くのがおすすめ。日中は人で溢れかえっているが、朝一番に行くと誰もいない滝を独り占めできる。

 続いてのオススメは、サンセットのベストスポットとして有名なバー「リックス・カフェ」。モンテゴベイからは少し離れるが、ジャマイカの最西端に位置する街ネグリルにある。

バーと言ってもただのバーではない。海に面した崖の上にあるのだが、サンセットを待つ間は、崖の上から海にダイブして遊んだり、ステージで繰り広げられるライブパフォーマンスを楽しむことができる。

 お酒を飲み、レゲエの音楽に浸りながら眺めた巨大なジャマイカンサンセットは今でも心に焼き付いている。

 トロントからは直行便に乗って4時間。トロントが寒くなってくるこのシーズン、陽気な楽園ジャマイカに足を伸ばしてみてはどうだろうか。