プエルトバジャルタ(Puerto Vallarta)今、注目される人気の隠れ家的リゾートへ | H.I.S.オススメ オトナの旅


 カナダから気軽に行ける人気のデスティネーションとしてメキシコが挙げられるが、今回はカンクンやロス・カボスのようなリゾートではなく西海岸のプエルトバジャルタ(Puerto Vallarta)を紹介しよう。

 カナダ各地から直行便も就航し、クルーズの寄港地としても人気のプエルトバジャルタは、アメリカ合衆国カリフォルニア州東部から縦貫するシエラ・ネバダ山脈(スペイン語で「雪の山脈」の意)と太平洋に挟まれた海も山も楽しめるリゾート。古くから、太平洋からの物資をメキシコ内陸部に運ぶ重要な起点として栄え、海に面して南北に広がる街である。

 空港から新市街のダウンタウンまではタクシーで15分ほど、さらに南へ向かうと石畳の街並みと赤いレンガの屋根、コロニアル調の歴史的建造物が残る旧市街へと抜ける。昔ながらの面影を残す街並みと海沿いに広がる遊歩道(マレコンウォーク)に建てられたアート作品などが混在し訪れる人々を楽しませてくれる。


 旧市街の中でも目を引くのは聖母グアダルーペ教会。メキシコでは「聖母グアダルーペ」と呼ばれる黒いマリア様が信仰の対象として祭られており、建物自体も独特で王冠を掲げる鐘楼がとても印象的。街のランドマークともなっていて夕日に照らされるその姿はなんとも美しいものである。旧市街にはレストランやバーも多く、海岸線沿いの遊歩道を散策しながらのんびりと過ごす大人の休日を満喫できる。

 さらに車で10分ほど南に行ったエリアは、カップル、ファミリーにおすすめのオールインクルーシブホテルが並ぶ。全室オーシャンビューで、美しい太平洋の海を堪能できるこのリゾートでは、レストランやバーも充実していて、ホテルライフをお楽しみいただける。


 プエルトバジャルタでのアクティビティとしてオススメは、ヒドゥンビーチとして有名なマリエタス諸島にあるプラヤデルアモール(スペイン語で恋人たちの砂浜)で、観光客は唯一許可された観光用のボートでしか行くことのできない秘境中の秘境のビーチ。インスタ映えはもちろん、特別な休日を演出する最高のシチュエーションだろう。港からボートに乗り込み約2時間、ホエールウォッチングでも人気のマリエスタ諸島周辺は、11月後半から3月中旬にかけて子育てをするクジラと出会える人気のスポットで、移動中も目が離せない。



 野鳥の楽園としても知られており、真っ青な水かきが美しく映えるアオアシカツオドリはガラパゴス諸島と、このマリエスタ諸島周辺でしか見ることが出来ない貴重な動物である。

 無人島にあるプラヤデルアモール(恋人たちの砂浜)へは船から泳いで上陸する必要がある。泳ぎに自信が無くてもライフジャケット着用で浮力が保たれるので心配はない。島の周辺でのシュノーケルなどもツアーに含まれているので、大人も子供も楽しむことができる。


 そのほかにも山の中を乗馬で楽しんだり、美しい夕日の中、サンセットクルーズ&ディナーなども人気。「リズム・オブ・ザ・ナイト」とばれるサンセット・ディナーは陽が暮れるころ、フェリーで約1時間、プライベートアイランドまで行き、キャンドルに囲まれた野外の特設シアターでメキシコの文化や歴史をモチーフにした歌や踊りのショーが楽しめる。その後ロマンティックなディナーを楽しみ、フェリーで港に戻る頃には満天の星も楽しめるといった欲張りなツアーとなっている。移動の船内もスタッフの陽気なステージが催され、乗客全員が楽しい空間を共有することができる。


 そんな特別な演出が無くとも、ゴルフ場にはワニが休憩していたり、ホテルの敷地内では野生の雉が羽を広げて優雅に歩いていたり、港ではイグアナが日光浴をしていたりと、日常の中にもメキシコらしいワイルドさを感じることもできる。

 都会の喧騒から離れ、ゆったりとした時間の流れる、ここプエルトバジャルタでオールインクルーシブな大人の休日をお楽しみいただきたい。