「ホグワーツの食堂」での食事

こんにちは。Hinakoです。

今日は私が通う大学の食堂についてご紹介。
海外の大学を見学している際によく見るのが「ハリー・ポッター」の学校、ホグワーツのような食堂。

もちろん、私の大学も例外ではありません。私がよく利用する食堂はこんな感じ。


重厚な作りで、今にも幽霊が出てきて話しかけてきそうです。

そこで気になるのが食事の内容。「食堂は似てるけど、ホグワーツのような豪華な食事が毎晩出るの!?」と思った方も少なくはないのでしょうか。実際、私も留学するまではその一員でした。

留学してみて、いざ蓋を開けてみると…


なんとも普通の学食です。むしろ、「美味しくない」と嘆く学生がほとんど。器も全てプラスチックで高級感なんてどこにもありません。

ある日の昼食はこんな感じ。ラザニアにガーリックブレッド。まさに欧米の学食、っていう感じですね。なかなか日本の大学ではこの献立は目にしないと思います。

ただ、そんな中でも私が毎回欠かさず立ち寄るのがこのサラダバー。これはその日の献立に関係なく毎日置いてあります。やはり栄養バランスを気にする学生も多く、具材も豊富です。


いかがでしたか?やはり食事の内容までは魔法界には敵いませんね!それでも、毎日こうして食事を提供してくれるのは勉強やクラブ活動で忙しい学生からしてみるととてもありがたいことです。

皆さんも機会があったら一度は大学の食堂で食事をしてみては?