「犬に名前をつける日/フォスター編」 | トロントの日系幼稚園の園長先生コラム【第87回】

 このコラムでも数年前に数回に渡って連載した事もある保護犬についての内容なので、今回また少々重複はしますが、その続編とでも言いましょうか、私とマークが9月から飼い始めたフォスター犬についてお話ししたいと思います。

 思えば3年前のこの時期でした。息子共々、私たち家族が長い年月を共にした愛犬が亡くなり、私たちの心にぽっかりと穴が空きました。と、同時に、当時一緒に過ごして来たもう一匹の犬が、食べず散歩も行かずと、いきなりうつ状態になってしまったのです。家族を失うというのは、人間だけではなく相棒を失った犬にまで影響していたのです。その犬もその当時は10歳。新たに仔犬を飼うことはその犬の生活を乱す事になると思い、少し歳を重ねた保護犬を受け入れたいと考えて同年齢の犬を探して行くうちに知ったのがパピーミルの存在でした。

 そのパピーミルについてご存知でない方のために。パピーミルとは「仔犬工場」の事。営利目的で、特に人気の犬種(時にネコやその他の愛玩小動物)を劣悪な環境下で大量に繁殖させる悪徳業者(ブリーダー)のことです。とにかく、生き物を商品として扱い、生き殺し状態で飼い、犬が繁殖できなくなると殺処分の施設に送るケースも多く、今現在我が家にいるのもそこから保護されて来た2匹なのです。人から愛されることなど一度もなく、怯えた目をしていた彼女達が我が家に来てから、180度変化して行く姿を見て、一匹でも多くの犬を保護したいと考えるようになりました。しかし、うちで最後まで飼ってあげられる犬の数などは限られています。そこで、今度は保護犬に家族を見つけるお手伝いをする事にしたのです。

 辛い過去を乗り越え、残りの時間をずっと一緒に過ごす事が出来る温かい家族に出会えるまで、そしてその環境に馴染む事が出来るよう生活習慣を学べるお手伝いをする、日本語だと『預かりさん』と言うらしいです。

 そして、初めて我が家で迎え入れたフォスター犬はやはりアメリカのパピーミル出身、推定7歳、3㎏程度のちっちゃな体でいっぱい子供を産んで育てて来たヨークシャーテリアママ。我が家の2匹の犬もそうだったのですが、7年間、小さなケージの中に閉じ込められたまま、ケージの外に出て他の犬と遊んだり、散歩したりなどは一切させてもらったことはありません。もちろん、美味しいごはんやおやつなどももらったことはありません。トイレもご飯も寝るのも同じケージの中です。

ヨークシャーテリアのさくらちゃん


 ただただ、子供を産んで育てたら、悪徳オーナーに子供を取り上げられ、また子供を産まされる。7年間、その繰り返しでした。子供が産めなくなったら殺処分の施設に送られて、本当はそこで命が絶たれるはずでした。人間のエゴで犬はそんな生活を強いられて来たのです。
 しかし!!幸いにもそこで、カナダのレスキューグループによって、その殺処分施設から数十匹の犬が助けられ、その中の1匹を私達がフォスターする事になったのです。

 引き取る際に私達が犬に名前をつけます。愛らしくて、一生懸命生きているその姿を称えて命名しました『さくら』ちゃん。今までの人生、辛く愛情のない世界で生きて来たので、これからは本当に幸せに過ごして欲しい。心からそう願って、今一生懸命お世話しています。

 ただ、いろんな人から「情が移って、手放せなくなるよ〜。このまま池端家に置いておく事になるんじゃない?」と、よく言われます。確かに私もさくらが可愛くて、本当にこのままそばに置いておきたい気持ちは山々なのですが…さくらにフォーエバーファミリーが見つかれば、さくらも幸せ。そして、私達もまた次のフォスター犬を預かることが出来、助けられる犬の数も増えるので、涙をこらえてさくらを嫁に出します!


 さて、最後になりましたが、皆さまの中で犬を飼いたいと思ってらっしゃる方がいらしたら、ぜひ保護犬も考えていただきたい!人間の勝手で毎日ものすごい数の生命が絶たれています。ぜひその子たちを救ってあげてください。

 パピーミル出身の犬は初心者の飼い主さんには難しいかも知れませんが、色々な種類の保護団体があり、飼いやすい犬もたくさん待っています。
 また、それが出来なくとも、絶対に絶対にペットショップやオンラインでペットを買わないでください!それらで販売されている犬こそ、パピーミルで大量繁殖されている犬だということを多くの方に知っていただければと思います。


池端友佳理

京都出身。大阪の大学看護科を経て同大学病院の産婦人科で看護師として経験後、1990年に渡加。伴侶は日系カナダ人三世。一人息子(大学生)の母。1993年に自宅で池端ナーサリー託児所を開設。1999年日系文化会館内に池端ナーサリースクールを設立。園長を勤める傍ら、カナダ唯一の産後乳房マッサージ師として活躍中。