Immigration law is all about someone’s life 40回

Work Permit 4年間制限

Work Permitには期間の上限があることをご存知でしょうか?Citizenship and Immigration Canada(”CIC”)は2011年4月1日に「Work Permitの発行上限期間を最大4年間とする」規定を発表しました。そしてその規定が実際に有効となったのは今年の4月1日になります。今月はこの規定についてお話させて頂きます。

■4年間の制限とは

Temporary Foreign Worker、すなわち外国人労働者がカナダで就労できる期間の上限は最大で4年間と定められました。後に説明させて頂く「例外に該当するケース」でない限り、この規定が適応されるとお考え下さい。

大切なのは、4年間のカウントがいつから開始されたかということです。これはこの規定が発表された、2011年4月1日になります。従って1番早い人で2015年4月1日に4年間に達する計算となります。4年間の上限に達した人はその後の4年間をカナダ国外で過ごすか、Work Permit以外のビザ(Study Permitなど法的なビザ)で4年間カナダ国内で過ごすかのどちらかを経て再度Work Permit申請することが可能になります。

この4年間に唯一カウントされないのは、Study Permitで滞在中、フルタイムで就学している間にOff-CampusやCo-opプログラムを利用して就労した期間となります。

■その目的

CICがこの規定を設けた目的は、「Temporary Foreign Workerはその名の通り短期外国人労働者として本来カナダにて扱われるべきであり、Work Permitを更新し続けて就労することは避け、雇用者・外国人労働者両方共に外国人労働者の移民申請に取り組むよう促す」というものです。またもう1つ重要な目的と言われているのは「移民申請を希望しない外国人労働者が長期間カナダにて就労することで母国との結びつきを失くしてしまうことを防ぐため」であることです。

要するにCICとしては、外国人労働者がWork Permitを何度も更新し続けることで結果としてカナダ人・移民の人達の仕事を長期間に渡って奪うこととなり得ること、また最終的に母国へ帰国しなくなることを懸念していると言えます。これを未然に防ぐためにこの規定が発足となりました。

■4年間の制限が該当しないケース

この規定が適応とならない例外のケースは以下となります。

  • NOCコード0、或いはAの職種で就労している方
  • NOCコード0、或いはAの職種で就労している配偶者に同伴している方
  • Labour Market Impact Assessment(”LMIA”)免除対象の職種で就労している方
  • 季節農業労働者
  • Work Permitを必要としない職種で就労している方
    (例:アスリート、コーチ、Business Visitors、 聖職者、政府関係者、軍関係者など)
  • (FSW、CEC、Live-in Caregiverなど)し、Positive Selection Decision、或いはApproval in Principleを受領している方
  • Provincial Nominee Programで移民申請し、Nominee Certificateを受領してWork Permitを取得している方
  • NAFTAなどの国際協定を利用して就労している方

これらのケースに該当する方々は4年間を越えてもWork Permitを延長申請することが可能ということになります。

■注意すべき点

今後Work Permitの延長申請を考えていらっしゃる方は、必ずこの新しい規定のことを頭に入れ、ご自身のケースが該当するか否か、該当するのであればいつの時点で上限である4年間に達するのかということをまずは予め確かめる必要があります。

また移民申請を視野に入れている方に関しては、いかに「現在保持しているWork Permitが4年間に達する前に移民申請、ならびにPositive Selection Decisionまで持っていくことができるか」ということを視野に入れて計画を練る必要があります。ご存知の通り本年1月よりExpress Entryが発足し、移民申請はしたいと思った時に(申請条件を満たしていても)できるシステムではなくなりました。従ってInvitation to ApplyをCICより受領するであろうタイミングも見計らってプランニングをする必要があります。更にExpress Entryのスコアを上げるために、雇用主がPR申請用のLMIAをEmployment and Social Development Canadaに申請する予定でいらっしゃる方に関しては、最低でもWork Permitが失効する8ヶ月~10ヶ月程前から雇用主にお願いして準備に取り掛かる必要があるとお考え下さい。

駐在でカナダに滞在してらっしゃる方、病院で就労していらっしゃる方など、「雇用主の要望によりWork Permitを更新したいのですが申請可能でしょうか」というご質問を多く頂きます。ご不安な方は必ず予め弁護士、或いは政府公認移民コンサルタントにご相談することをお勧め致します。


aya-kawakita-profile川喜多 綾
カナダ政府公認移民コンサルタント
Aya K. Immigration Services Inc.代表
移民法以外にも様々な法律を学んだ後、有名移民弁護士事務所にて実務を学ぶ。移民コンサルタントとしての国家資 格取得後、2009年に起 業。お客様とご相談しながら、ビザや移民取得に向けたプランを提案。個人のみならず、大手日系法人のクライアントも多い。
Website: www.ayak.ca
Email: aya@ayak.ca
Phone: 416-890-4303