不動産のプロフェッショナルに聞く ~ 服部 江理子さん インタビュー

eriko-hattori01
マーケットはスローになる可能性はあるものの、価格が下落することは無いのでは…!?シングル層は小さなコンドミニアムからでも若いうちから資産作りを。
新築物件はデベロッパーの実績や評判にも左右されるので、経験豊富なエージェントと二人三脚で物件購入を検討するように。

■ここ数年間、不動産市場はバブル期とも呼ばれる状態ですが、現在に至るまでの経緯と今後の予測をどう思われますか?

リーマンショックがあった2008年には市場は一時期下がったようにも思われましたが、アメリカとは違いカナダの場合は翌年にはすでに回復したのが実情です。その後もマーケットは上がり続け、金利が低いことも関係しここ数年は値上がり率も2桁に上ります。買い手にとっては厳しい反面、売る時期としては良い時期なので、家を売ろうと考えていらっしゃる方は今がチャンスだと思います。個人的な見解としては、今後は値上がりのスピードは少し緩やかになるかもしれませんが、GTAの住宅価格の値段が下がるというようなことは起きないのではないかと予測しています。

■不動産価格が上がり続ける中で、家を購入したいという日本人のお客様の状況はいかがでしょうか?またごく一般家庭の方が家を買うとなるとどのような買い方がオススメかアドバイスをお願いします。

金利がまだそこまで高くないこともあり、家賃を毎月払い続けるよりも思い切って購入したいという日本人のお客様は年々増えています。最近は一軒家だけでなくコンドミニアムでさえ価格上昇や競争率は以前にも増して高くなっています。初めて家を購入される方、なるべくトロントに住みたい方でしたら現在のマーケットでいうと、コンドミニアムをお勧めします。値上がり率が一軒家よりやや低めになるので、手が届きやすいかもしれません。一軒家をお探しのご家族でしたらやはり都心から少し離れた場所が、まだ比較的購入可能な物件があるかと思われます。場合によってはベースメントを人に貸すことで負担を少しでも軽くするということも可能です。このような市場状況ですので、私自身はまずお客様のご予算をしっかりと把握し、そこからご希望にあった提案をさせていただくよう心がけております。

■プレコンストラクションなどの新築物件の購入はどうでしょうか?また注目のエリアなどあれば教えてください。

中古物件とは違い、家が完成するまで数年の時間を要しますが、将来性がありますので、1つのオプションになるでしょう。ただし、建物の外観・内観などは完成後しか確認できないので、中にはいざ住み始めようとしたら自分のイメージと少し違っていたというケースが起きることも考えられます。その他には、デベロッパーの評判や実績などから様々なことを判断することも大切な要素になってくるなど、新築購入の際に注意すべき点はいくつかありますので、ぜひ経験豊富なエージェントと相談しながら進めていただければと思います。注目エリアは少し前まではヤング×エグリントンでしたが、今はレスリー×エグリントンのエリアやウエストドンランズのエリアも住宅開発が進んでいるので注目しています。

■今後家の購入を検討している方たちが自分達でできる準備や心得などはどのようなものがありますか?

値段が高騰してしまっている現状ですので貯蓄面を備えることは勿論、後はクレジットレコードを良好に保つこと、そして特に日本の方に言えるのですが思い切りを持つことも大事かと思います。毎月のローンを気にされてある程度お金が貯まらないと購入に踏み切れないという方をよくお見かけしますが、現在の市場状況では数年後は価格上昇はスローになったとしても現在の価格が下がることは少ないという見方が濃厚なので、もし可能であれば少し背伸びしてでも購入を検討されることをお勧めします。家は将来の大切な資産です。自分達が住むという他に、他人に貸したり、しばらくしてまた売却するなど、購入後も様々な可能性を秘めています。最初の大きな投資は少しリスキーに感じられるかもしれませんが、リスクがあるからこそ後々恩恵を得られることも多々有ります。ぜひ信頼出来るプロに相談して、まず自分は何から始められるのか?を一緒に考え、住宅購入の初めの一歩を踏み出して欲しいと思います。

■服部さんについて少しお話をお聞かせください。不動産業界に入った経緯を教えてください。

日本にいた頃より旅行会社で働いていて、カナダに来てからも同じ旅行関連の仕事をしていたのですが、ちょうど自分が家を買うことになり、その時にサポートしてくださったエージェントの方がとてもイキイキと仕事をされていたのが印象的で、自分もこんな風に働きたい!と感じたのです。それをきっかけに2004年にライセンスを取得し、そこからはずっと不動産業界に身を置いています。

■様々なチャレンジを通して、不動産のプロとして自信を持てたきっかけなどはありますか?

自信がついたと感じるようになったのはここ2~3年くらいで、ある出来事をきっかけにというよりは、10年間ここまで積み重ねてきた経験が自信に繋がったのだと思います。「家を買う」という行為は、お客様にとって人生で一番大きな投資です。その大きなターニングポイントに携わらせていただく中で、私は対人間としてお客様との繋がりを大切に一人一人真摯に向き合ってお仕事させていただいていますし、私なら絶対にお客様を助けられるという自信があります。そのように言えるようになったのは、仕事の経験値だけではなく、自身も年を重ねていく中で様々な人生経験を経てきたからだと思います。

■仕事上での「お客様」という付き合い方だけなく、人対人として深い絆を築いてお仕事をされるモットーへのこだわりを教えてください。

やはり仕事だからといって目先の数字やうわべだけのお付き合いでこなしていても、あまり楽しくないなと個人的には感じますね。仕事は人生を占める大部分であるからこそ、人との繋がりの部分を大切にしていくことでよりミッションをクリアした後の達成感や嬉しさが増すと思います。その達成感や喜びが次への原動力になりますし、人との出会いはかけがえのないものです。勿論仕事に伴うストレスも生じてしまうのは事実ですが、日ごろから、ヨガや瞑想をして、心と身体のバランスをとるよう心がけています。