突然の自宅出産を乗り越えて得た掛け替えのない家族

日本とカナダ、病院と自宅など様々な違いを体験して感じたことを語ってもらう。

Eri GouveiaさんDanielさん、Denzelくん(5ヶ月)ファミリー

Eri GouveiaさんDanielさん、Denzelくん(5ヶ月)ファミリー

初めての出産で自宅出産を選ばれた経緯について教えて下さい。

現在、私は永住権の申請中でOHIPを持っていません。なので、産科医のところではなく妊婦検診の費用がカバーされる助産師のところへ通っていました。ただ、初めての出産でしたのでそれぞれの助産師に対応できるエリア、提携している病院に決まりがあることなどを知らず、旦那の親族から紹介してもらった助産師のところへ通っていました。始めは病院での出産を希望しており、デポジットなど金額の確認までしていました。ですが、その助産師グループが提携している病院は自宅から車で40〜50分、ラッシュの時間帯は一時間以上掛かるところにあり、更にデポジットを払いに行った時に“エリア外に住んでいるので追加料金が発生します”と言われ、額も大きかったので迷ってしまいました。また、母も祖母も初産の時でもお産が早く、きっと私も早いだろうと言われていたので、陣痛が始まった後に1時間近く掛けて車で病院に行けるか心配になりました。それを助産師に相談し始めたのは予定日の2週間前ほどでした。自宅出産の話もその時話題に上がりましたが、紹介で通っていたためにその助産師が対応できるエリア外に住んでいたので自宅出産も難しい、追加料金を払って頑張ってダウンタウンの提携している病院に行くべきか、でも万が一救急車で病院に行くことになったら自宅近くの助産師グループが提携していない病院に運ばれることになるかもしれない、など複数の問題が出てきてしまいました。予定日の11日前に助産師グループでどのように対応するべきか会議が行われましたが、その結果を聞くはずだった予定日10日前の朝方に陣痛が始まってしまい、助産師に連絡したところ“今から行くわ”と言われ自宅出産することになりました。

急に決まった自宅出産で不安や戸惑いはありませんでしたか?

自宅出産への不安よりも、お産の途中で万が一自宅では無理と判断され、1時間掛けて提携先の病院へ移動することへの不安の方が大きかったので、もう何がなんでも自宅で産んでやる、という気持ちが大きかったです。

実際に体験してみて、カナダの自宅出産はどのようなシステムなのでしょうか?

初産なので病院での出産と実体験を通して比較できるわけではないですが、陣痛に耐えて普通分娩する場合は殆ど病院での出産と変わりないように感じました。私の場合はギリギリになって決まったので、自宅出産に対する準備は何もしていませんでしたが、立ち合ってくださった助産師さんが必要な物を全て用意してくれて、準備も片付けも特別大変なことはなかったです。むしろ自宅にいるのでお義母さんがスープを用意してくれたり、好きな飲み物を飲めたり、旦那に至っては好きなスポーツ中継をみたりとそれぞれが好きに過ごすことができました。陣痛の痛みに対しても助産師さんが様々なポーズや方法を勧めてくれて病院のベットで過ごすよりは良かったと思いますし、息子の取り上げも旦那にやらせてくれたりと自宅だからこその特別な体験ができたと思います。またカナダでは産後すぐに退院することが一般的だと思うのですが自宅ですので移動もなく、産後検診も初めの一週間は直接自宅に来てくれてとても良かったです。
jitakushussan-02

(Visited 749 time, 1 visit today)