SEAMAX Trading社 丹英克さん

水産業の世界で40年以上の経験を持つ魚のプロフェッショナル

丹英克さん

丹英克さん


カナダで年間を通じてメキシコ産本マグロを取り扱う唯一の会社であるSEAMAX Trading社。築地と九州から週2回に渡り、日本の鮮魚も直輸入しており、多くの高級日本食レストランを顧客に持つ。同社で魚のプロフェッショナルとして働く丹さんは長い経験と豊富な知識で昔から多くのシェフを支えている。同時に同社が魚介類を卸す魚屋YU SEAFOOD MARKETでも店頭に立ち、日本の鮮魚や豊富な魚介類をニーズに合わせて一般のお客さんに提供している。

水産業の世界に入ったきっかけを教えてください。

1976年に自営していた飲食店の顧客の一人で、札幌中央市場に勤務していた水産関係者から水産会社の社長を紹介され、札幌に営業所を設置するので任せたいと話をもらいました。突然の話でしたが、なぜか興味をひかれ、店を従業員にまかせ水産の世界に入りました。

どうしてカナダに?

札幌の水産商社の社長より、海外での水産物の買い付け、そして生産工程での技術指導の仕事を依頼され、1985年にカナダに来ました。ケベック州やニューブラインズウィック州にて、ズワイカニ・ロブスター・ニシン・数の子・甘エビ・鰈類などを買い付けし、日本へ送っていました。

職人の皆さんから絶大な支持を集める丹さんですが、その理由にはどのようなことがあると思いますか?

私のような仕事の場合、通常は特定の範囲の水産物を担当するのですが、私の場合は魚を穫ること、加工すること、さらには市場で買い付けをして飲食店等やスーパーへの販売、また、札幌でも鮮魚店を自営したこともあり、幅広い水産物に携わってきた経歴があることで、水産物の経験と知識が豊富でお役に立てることだと思います。

メキシコ産本マグロが一年通して手に入る

メキシコ産本マグロが一年通して手に入る

カナダ近郊にも魚介類は豊富ですが、日本の鮮魚が重宝される理由を教えてください。

カナダに限らず、日本以外の国では漁業方法や取り扱いに大きな差があります。その理由は生食するための鮮度保持意識がないためです。そのためその意識が高い日本の魚介類の鮮度や味などが結果的に支持されているのです。

カナダで日本食は今や非常に高い人気を誇るようになりました。日本食に携わるシェフや関係者の方々にメッセージをお願いします。

昨今、カナダだけでなく世界で日本食、特に寿司や刺身文化は広く知られて来ております。日本からの鮮魚の利用のみ限らず、葉物類(つま等)などの使用目的、意味等も正確に広めて頂ければ嬉しいです。

魚屋でも店先に立ち、多くのお客を相手にされておりますが、日本人の方々にメッセージをお願いします。

当店では、週2回、築地と福岡より旬の鮮魚や魚介類を直輸入しております。刺身、寿司に限らず、ご用命を頂ければ、ご予算に応じて対応しております。是非ご来店、ご連絡を頂きたいと思います。

右:週二回直輸入される築地・九州からの鮮魚が豊富に並んでいる店内 左:予算に応じて刺身や寿司の盛り合わせも対応してくれる

右:週二回直輸入される築地・九州からの鮮魚が豊富に並んでいる店内
左:予算に応じて刺身や寿司の盛り合わせも対応してくれる



【プロフィール】
1974年:札幌ススキノにて飲食店を自営。
1976年:オホーツクに本社のある水産会社にて札幌営業所 所長を担当。
1985年:札幌、東京の水産商社に勤務し、アラスカ、カナダ、ノルウェー、オランダ、アイスランド、他10カ国以上にて水産物の買い付け、技術指導に従事。
1995年:ウニの買い付けのためにノバスコシア州へ来加し、定住することになり、移民そして会社設立。
2005年:トロントに移住。食品卸売会社で輸出入部門に従事。
2008年〜2013年:J-Town内にて魚屋を自営。
2015年:Chef’s Depotにて水産コーナーの責任者として立ち上げ。
2016年:SeamaxおよびYu Seafood(Retail部門)で勤務。


卸売会社 SEAMAX TRADING LTD.

Unit#11, 120 West Beaver Creek Rd. Richmond Hill / 289-597-8288

魚屋 Yu Seafood Market

Unit#1. 270 West Beaver Creek. Richmond Hill / 905-881-3618