トロント対談 トロントFC 遠藤翼選手 × salon bespokeオーナー Hiroさん Part2

tsubasa-endo-hiro201

今年1月に開催されたメジャーリーグサッカー(MLS)のドラフトにて、トロントFCから1位指名されたMF遠藤翼選手。開幕後、初のホームゲームで初ゴールを決めると日本でも話題になった。今回は、遠藤選手のヘアカットを担当しているヒロさんとの対談インタビューが実現!MLSでの様子はもちろん、遠藤選手の人柄が垣間見える貴重なインタビューを2号にわたってお送りする。(後編)

美容業界とスポーツ界、フィールドを異にするお二人ですが、どのようなお話をされるのですか?

遠藤:サッカーの話はあまりしませんね。僕はオンとオフをはっきり分けたいタイプなので、髪を切る時はリフレッシュをしに行っています。その中で、ヒロさんとは色々な話ができるので楽しいです。美容師のセミナーに限らず、日本に帰国の際には大学での講演や、チャリティーヘアカットなど様々な活動を精力的に行われているという、ヒロさんのお話は刺激になります。

Hiro:髪の毛を切ることをリフレッシュ、と言ってくれるのはとても嬉しいです。僕も美容師として、毎回良いものを提供したいし、やりがいがあります。翼君との話では、JFAアカデミーに在籍されていた頃、サッカー以外のこともたくさん学んだ、という話をされていたのが印象的です。また、大学時代英語を一生懸命学ばれたお話や、ご家族とのお話なんかもします。翼君のご家族はとても仲の良いイメージがありますが、ご家族の存在はやはり大きいですか?

遠藤:そうですね。特にアメリカに来てから、周囲の人たちの家族の絆、家族愛の強さを目の当たりにして、自然と家族の大切さを改めて実感しました。大学生の頃は、年に1度の帰国の際に家族と触れ合う時間をすごく大切にしていましたし、トロントでプロになってからは家族と頻繁に連絡を取っています。シーズン中も家族がトロントまで観戦に来てくれました。気にかけてくれているんだな、というのが本当に嬉しいです。

将来的な大きな目標はありますか?

遠藤:日本代表という目標はもちろんありますが、ヨーロッパのリーグに所属して、チャンピオンズリーグにも出場したいです。「いつまでに」というハッキリした時期はここでは言いませんが、自分の中でビジョンはあります。ただ、将来を見据えつつも、大事なのは今ですから、今を生きることはとても大事にしています。

tsubasa-endo-hiro202

Hiro:現役プレーヤーとしての限られた時間内で、将来・夢を意識しつつ、今現在の与えられたフィールドでベストの活躍をするというゴールに向う。本当に尊敬するし、カッコいいと思います。
遠藤:他のアスリートから学ぶことも多いです。最近ではロジャースカップの際に錦織選手、ジョコビッチ選手とお話をする機会がありました。錦織選手からはすごく刺激を受けましたね。違うフィールドのアスリートですが、1日の時間をどのように使うか、短時間でどれだけ効果的な練習をするか、といった話は聞いていて非常に面白かったですし、参考になりました。

お二人とも、いろいろな人からお話を聞く機会を大事にされているようですね。

遠藤:やっぱり人生、生きていく中でサッカーを出来る時間は限られていますから、その後の人生でどうするか、ということも大事だと思います。最近ではビジネスにも興味を持っています。その意味で、たくさんの人からお話を聞くのは面白いですね。一度きりの人生ですから、色々なことを経験しないと、とも思います。自分の計画した通りに進みたいのはもちろんですが、必ずしも計画通りにいかないのが人生ですから。良いこともあれば、悪いこともありますしね。

Hiro:よく冗談で自分を「職権乱用」と表現しますが、僕も本当に多種多様の方々の話を聞きますからねぇ〜(笑)。その中でもやっぱり、プロのアスリートからお話を聞くのは本当に刺激になります。フィールド上の本番での結果が全てですから。だからこそ日々、見えないところでも自分を甘やかさず、心身共にセルフコントロールの努力をされてます。翼君は今後さらに活躍されていくと思いますが、将来振り返った時にこの1年は、プロ1年目ということで特に大きなターニングポイントになると思います。そして、この大切な時期の翼君とこうして対談できたということは本当に貴重で有り難いです。

tsubasa-endo-hiro203
©USA TODAY Sports

©USA TODAY Sports


遠藤:このシーズンを振り返ると、「もっと出来たんじゃないか」と思っている自分がいます。どれだけ短期間で、自分の頭を使って、次に生かせるような成長ができるか、ということが大事だと思っています。結果が第一の厳しい世界ですから、試合にコンスタントに出て結果を残せるように臨んでいきたいと思います。将来、5億円くらい稼ぐプレーヤーになったらまたインタビューしてください!(笑)

Hiro:もちろん!こちらから土下座してでも、お願い致します!(笑)

最後に、弊誌読者へのメッセージをお願いします。

遠藤:僕は日本からアメリカ、そしてカナダへと渡ってきて、色々な世界を見てきました。人生一度きりですから、皆さんも是非海外へ出てたくさんの世界を見てほしいと思っています。僕自身、日本を出ることによって、日本人が持っている良さや、日本という国の素晴らしさに気付かされてきました。

世界に出ると、今までの当たり前が当たり前でなくなる、という経験ができます。ただ、そこには自分の意思がないと世界へ出ても意味がありません。僕の場合、英語を習得したいという強い意思があって大学から海外へ出てきました。自分の意思があれば得られるものは多いですから、ぜひ、意思がある人は世界に出ていってほしいと思います。

今回の対談の前編はこちら:トロント対談 トロントFC 遠藤翼選手 × salon bespokeオーナー Hiroさん Part1


遠藤翼選手

1993年生まれ、千葉県出身。12歳から18歳までJFAアカデミー福島に在籍し、卒業後アメリカ・メリーランド大学に入学。スポーツ強豪校で4年次には背番号10を背負い、2015年のビッグ・テン・カンファレンスではMost Valuable Offensive Playerに選ばれている。2016年1月のドラフトでトロントFCから一位指名を受け、入団。シーズン中に行われた2016年6月のカナディアンチャンプオンシップでのチーム優勝にも貢献した。


Hiroさん

名古屋出身。日本国内のサロン数店舗を経て渡加。若い頃から憧れた、NYの有名サロンやVidal Sassoonからの誘いを断り、世界中に展開するサロンTONI&GUY(トロント店)へ就職。1年目から著名人の担当や撮影等も経験し、一躍トップスタイリストへ。その後、日本帰国や中米滞在を経て、再び、トロントのTONI&GUYへ復帰。クリエイティブディレクターとして活躍し、北米TOP10も受賞。2011年にsalon bespokeをオープン。今現在も、サロンワークを中心に著名人のヘア担当やセミナー講師としても活躍中。

salon bespoke Tel: 647-346-8468
130 Cumberland St. 2nd floor / salonbespoke.ca
PV: “Hiro salon bespoke”と動画検索