アイスクライミングに魅了された登山家 Will Gadd さん インタビュー

世界初、凍ったナイアガラの滝でアイスクライミングに挑むウィルさん

世界初、凍ったナイアガラの滝でアイスクライミングに挑むウィルさん

ナイアガラの滝登頂直後には笑顔を見せるウィルさん

ナイアガラの滝登頂直後には笑顔を見せるウィルさん

史上初、ナイアガラの滝をアイスクライミングで登頂!!

2015年1月、カナダが誇る世界三大瀑布ナイアガラの滝が凍結した。待ってましたと言わんばかりにアイスクライミングに挑戦したエキストリームスポーツアスリートWill Gaddさん。アイスクライミングだけでなく常に新しいことにチャレンジし続けるWill Gaddさんに、アウトドアスポーツに対する思いや魅力について語ってもらった。

アイスクライミングはいつ、どうして始めようと思ったのですか?アイスクライミングの魅力を教えてください。

最初は1984年頃アルバータ州カルガリー近くのカナディアンロッキーで父親と一緒にアイスクライミングを始めました。私は凍っているところをあえて登るというアイデアが気に入りました。普通は水の上を登ることなどできないように思えますが、凍ってしまうほどの気温さえあれば、できるようになるのです。また、普段道路や歩道が凍っていたら危険ですが、私のようにアイスクライミングをしたり、スケートリンクの上ではアイススケートだってできます。氷は危険なことだけではなく楽しいことも見つけられるのですよ。それに登りながら見る氷の結晶や白銀の景色は美しいですし、刻々と形を変えていくアイスクライミングでは二度と同じ経験はできないのです。私はこんな体験ができるアイスクライミングが本当に好きですし、特に光が氷にあたっている様子は現実とは思えないくらい魅力的なのです。

アイスクライミングをしているときは何を考えているのでしょうか?

ほとんど登ることに集中しています。私はアイスクライミングに挑んでいる時は、お金のことや仕事での問題など日常の煩わしさから解放されるほどの高い集中力を要するという点もこのスポーツが好きな理由の一つです。ただただ自由にクライミングの魅力を満喫しています。

ナイアガラの滝.クライミングに向けて道具を運ぶ

ナイアガラの滝.クライミングに向けて道具を運ぶ

ナイアガラの滝の凍った部分を登るウィルさん

ナイアガラの滝の凍った部分を登るウィルさん

2015年に史上初、ナイアガラの滝でのアイスクライミングを達成されましたが、登ることになった背景を教えてください。

私にとってナイアガラの滝は世界で最も素晴らしい滝ですし、アイスクライマーとしていつか登ってみたいと思っていました。様々な人とその考えを話しているうちに本格的に挑戦してみようと決め、約一年の時間をかけて許可を取り、安全な登山計画を立て、撮影チームを揃えました。今までの私の人生でこんなにも長い時間をかけて計画を練った登山は他にはありません。ただ、ナイアガラの滝は安全に登れるくらい十分に凍ることはほとんどないのですが、2015年はタイミングよく絶好の機会に恵まれて本当にラッキーだと思っています。

凍りついたナイアガラの滝を登っている時の心境をお聞かせください。

登っている時は、すべてが安全な状態であるかどうかを確認しながら登る、ということにとにかく集中していました。かなりの集中力が要求されますが、小さなミスでも大きくクライミングに影響が出てしまうことがあるので、水や氷の状態を常に確認し、チームの安全を第一に考えていました。登り終えた時にはナイアガラの滝のパワーを全身で感じましたね。驚くほどの振動で、体の芯から揺さぶられ、私たちは本当にちっぽけな存在なのだな、と思い知らされました。

ナイアガラの滝登頂目前!!

ナイアガラの滝登頂目前!!

絶壁に挑むウィルさん@Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

絶壁に挑むウィルさん@Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

アイスクライミングをする上で一番大変なことはなんですか?

体を温かく、かつ安全な状態に保つことです。登山は初心者でも割と簡単に学ぶことができ、実際に山登りへ行くことも可能ですが、マイナス20度30度の世界で体を適切な温度に保ちつつ、安全な状態を保ち続ける方法を習得するにはそれなりの経験が必要です。

難しいことにチャレンジするとき、心の支えとなっているものはなんですか?

私は基本的に面白いことが好きなのです。自分で始めた企画がどんどん大きくなっていき、周りを巻き込みながら私自身もその企画にのめり込んでいく。そうやって自分の企画に没頭し、実際に行動に移す時にはしっかり計画通りに、卓越した感じでやり遂げることができればとても楽しめますし、意味のある経験になります。逆に辛いと感じてしまうのは、挑戦を終えた後ですね。

クライミングに向けて入念に準備をするウィルさん @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

クライミングに向けて入念に準備をするウィルさん @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

ゆっくりと着実に登っていく @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

ゆっくりと着実に登っていく @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

難しい登山に挑戦するチームメイトはどのように選び、連携を深めるのですか?

気持ちが安定していて、賢く、高いモチベーションがあり、集中力のある人をいつも探しています。エキストリームスポーツをアドレナリンのために挑戦しているようなアドレナリン中毒の人は、アイスクライミングのようなスポーツでは命を落としてしまう危険性があります。これは私が最も誇りに思っていることの一つですが、今まで経験した登山、アイスクライミングなどで、私を含めたチームメイトが重大な事故に遭ったことは一度もありません。私たちはいつも安全確認と話し合いをしてから1日をスタートし、一生懸命登り、必ずその日のうちに家へ帰ることを毎日の目標にしています。

目標が達成できたとき、思い浮かべることを教えてください。

いつでもその企画やアイデアが安全に実行されたかどうかということを考えます。登頂を成し遂げても山頂は通過点であって、最も大切なことはそこから無事に戻ることです。なので、ナイアガラの滝の頂上に立った瞬間は喜びましたが、全てが終わり、全員の安全が確認され、皆でビールを飲むまでは登頂できたことを祝うことはできませんでした。それらを全て確認できてやっと私の登山は終わるのです。そしてそれと同時に、まずはその時の登山を見直します。上手くできたこと、できなかったこと、もっとこうした方が良かったなど、その登山から学んだことを確認し、新しい経験を整理します。いつも登山やアイスクライミングなどの企画を通して新しいことを学ぶので、それも私がそのスポーツを愛する理由の一つです。

Niagara Falls登頂直後のウィルさん

Niagara Falls登頂直後のウィルさん

クライミング前に周囲の状態を確認するウィルさん @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

クライミング前に周囲の状態を確認するウィルさん @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

アイスクライミング以外ではどんなアウトドアアクティビティが好きですか?

パラグライダー、カヤック、スキー、カヌー、ワピチ(鹿の一種)狩り、そして日曜大工です。日々の生活の中にも様々なことにチャレンジするチャンスがありますよね。新しい場所を訪れることも大好きです。例えば日本で行った登山はとても素晴らしかったので、次は日本でパラグライダーやカヤックをしたいと思っています。

次はどんなことにチャレンジしたいですか?

現在は2017年の登山に向けてグリーンランドと南極大陸での企画を進めています。きっと素晴らしいものになるでしょう!

氷と石が混じった難しいルートの登り始め @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

氷と石が混じった難しいルートの登り始め @Helmcken Falls in Wells Gray Provincial Park, BC

轟々と流れる滝の横を登り続ける

轟々と流れる滝の横を登り続ける

カナダでアクティビティを楽しむ際のオススメスポットなどあれば教えてください。

ぜひカナディアンロッキーに来てください。バンフやレイク・ルイーズ、キャンモアなど、スキーが楽しめる場所がたくさんあります。日本ほど雪は多くありませんが、ここでのスキーはとても楽しいですよ。大自然の山々に囲まれて、地元の人はとても穏やかですし、日本の方でも安心して利用できるような観光施設が整っています。また、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、カナダが最も誇る山の一つであるアルバータ山で初めて登頂を成し遂げたのは日本の登山チームなのですよ。その当時からカナディアンロッキーは日本の皆さんに愛されているのだと思います。

All Photos ©Christian Pondella/Red Bull Content Pool


Will Gadd(ウィル・ガッド) willgadd.com

登山、パラグライダー、カヤックなどアウトドアスポーツを中心に活動するアスリート。カナダ全国登山大会やアイスクライミングワールドカップでの優勝、アメリカ・カナダパラグライダー大会での入賞記録を持つ。カナディアンロッキーの最高峰ロブソン山に一日で単独登山に成功。2015年凍結したナイアガラの滝アイスクライミングに史上初挑戦で成功を収め、一躍有名になる。現在も娘とともにアウトドアスポーツを続けながら、自らの経験を人々とシェアできるよう世界に発信していく活動を行っている。