引っ越しのプロ、米国ヤマト運輸トロント支店長の山本 昌寛氏に聞く、スームズな引越し術

yamato-moving01
春の訪れとともに、6月から9月過ぎにかけて引っ越しシーズンが到来する。カナダでの生活を終え日本への引越しを予定し、そろそろ色々と準備をしなければと考えている人も多いのでは…!?そんな方々のために駐在員もワーキングホリデー(ワーホリ)の方も必見な国際宅急便や引越しについての気をつけるべき点などについてお話を伺った。

●この夏~秋にかけて引越し業界はどのようなシーズンに当たるのでしょうか?

一般的に5月は閑散期で、6月からは帰国する人が増えるため忙しくなります。夏は少し落ち着き、また9月以降も引越しのお客様が増える傾向にあります。主に引越しのご相談などは、予定日のおよそ2ヶ月前くらいからいただくことが多いです。またワーホリで帰国されるお客様は別送サービスをご利用いただくことが主となりますが、その時期はビザの関係により人それぞれになります。

●ワーホリの方々が利用する別送サービスについて、よくある相談事を教えてください。

お問い合わせが多いのは免税についての質問や、別送サービスと国際宅急便などのサービスの違い(※1)、送れない品物は何か、またどのくらいの量の荷物を送れるのかといった質問になります。最近は代理店が増えているのでそちらで説明を受けられることもあります。今年の一月末には留学エージェントでヤマト帰国便セミナーを開催し、ワーホリの方達にもたくさんご参加いただきました。

●お互いにとってスムーズに行くために、サービスを受ける側で注意しておくことなどはありますでしょうか。

ヤマトではプランにより無料集荷サービスを行っているのですが、集荷時にお客様との連絡がつかなかったり、パッキングが未完了だったりして集荷がスムーズにいかなかったという様なケースはありますね。集荷サービスは二回目から有料になってしまうので、ご注意いただければ幸いです。

●荷造りをする上で何か大切なポイントはありますか?

国際便になりますと規制が厳しかったりもするので、配送伝票の書き方などの説明は一読いただければと思います。また梱包のテクニックとしましては、基本的に重い物は下に置き、軽いものやワレモノなどが上になる様にすることと、箱の中身をしっかり詰めておき、中で物が動いてしまわない様に固定させることが大切です。そして、お使いになる箱はやはり丈夫なものを用意されることをお勧めいたします。

●夏過ぎは駐在員の帰国シーズンになります。ご家族で帰国されるために貴社の引越しサービスを利用される方も多いと存じますが、その中で多い相談事などは何でしょうか?

駐在員としてこちらに住まわれていて日本に帰国されるというケースですと、どのくらいの量の荷物を送れるのかといったご相談が一番多いです。これについては引越し前にお客様のご自宅へ伺い、送る荷物等の下見を必ず行いますので、その際にアドバイスさせていただいています。他にはカナダで購入したお酒は日本へ送れるのか?といった質問もあります。配送は可能ですが個人使用に限り、配送可能な量・免税できる量にも上限がありますので、その点を詳しくご説明するようにしています。

●引越しサービス依頼者側が注意する点などはどのようなものがあるでしょうか?

梱包はできますが、仕分けはご自身でしかできませんので、ご訪問時までに仕分けが完了されていますとより引越し作業がスムーズになるかと思います。そしてパッキングリストの金額はしっかりと書かれることをお勧めします。金額を少なくしていると、万が一輸送中に破損してしまった場合など、その商品価値に対して正当な補償を受けられないケースが発生してしまいますので、ご注意いただいている点です。また貴重品や大事な書類、お子様の学校や病院関連の書類などを誤って荷物に入れてしまったというようなケースも見受けられますので、引越し後すぐに必要になる書類などは手荷物に入れられるよう十分お気をつけください。

●貴社の国際宅急便や引越しサービスの強みはどういった点であるとお考えでしょうか?

まずは何と言っても小包の宅急便の配達スピードが速いという点です。2013年に竣工したヤマトの日本最大級物流センター羽田クロノゲートを始めとし、中部地方にもまた新たに物流施設ができたことで、航空便による小包配送のスピードが格段にアップしました。そのおかげで商業用貨物のお客様も増え、企業様からのニーズも徐々に増えてきています。引越し荷物も航空便であれば日本での配達は宅急便扱いになり、お届けまでのスピードが非常に速くなるという場合もあります。また弊社で用意するダンボール箱は二重構造で衝撃に強く、丈夫であるという特徴があるため、国際配送には非常に適していると言えます。

●読者の皆様に一言お願いします。

国際引越しや宅急便は通関の規制などが厳しいのでご相談はお早めにされることをお勧めいたします。早ければ早い方が事前準備がしっかりと出来るため、より安心してサービスをご利用いただけます。作業員は全員日本語対応可能で、女性スタッフも配属することで女性にも気兼ねなくサービスをご利用いただける環境づくりに努めています。国際輸送やお引越しについて何か分からないことがあれば、我々スタッフにお気軽にお尋ねください。

※1、国際宅急便と別送サービスの違いとは?
国際宅急便とは贈り物や、商品販売の輸送、店舗への卸等様々な用途に使えるサービスであるが、別送サービスとは帰国時の身の回り品、お土産等を送る際に利用可能なサービスである。自分が帰国しないケースに関しては、国際宅急便のサービスになるので注意が必要。


トロント周辺での取り扱い店一覧

【国際宅急便・別送サービス】
BRAND NEW WAY
IACE Travel
Assiston Information Center
【つめ放題パック・別送サービス】
Japan Beauty Images
【別送サービスのみ】
Will Education Consulting
【お願い】 
取扱店でのお荷物の梱包はご遠慮くださいますよう、お願いいたします。