物語性に溢れた着物で世界を虜にする 久保田 一竹 展

日加修好90周年の今年、Textile Museum of Canadaでは久保田一竹展が2月7日から5月13日まで開催されることが決定した。久保田一竹は1917年に生まれた日本を代表する染色工芸家だ。その作品は辻が花と呼ばれる15世紀後半から16世紀前半に失われてしまった染色・装飾技法の復刻への取り組みが世界的に評価されている。

このような伝統を重んじる面と同時に草木染の染料の代わりに化学染料を使用したり、金糸を使ったりといった工夫をすることで着物に色鮮やかな物語を作り込んでいき、〝光のシンフォニー〟とも呼ばれるその作品は高く評価され、1990年にはフランス芸術文化勲章シュバリエを受章、更に1995年には〝宇宙の威厳〟の作品の一部がワシントンにあるスミソニアン博物館に展示された。

今回トロントには1976年から一竹の没年である2003年までの作品の内41点が展示されており、壁一面に飾られた色鮮やかな着物は近くから見たり遠くから見たり、様々な角度から物語を感じることができる。

日本を代表する芸術家 久保田一竹
 

着物をキャンバス代わりに心に刻まれた風景を

展覧会は3階で開催されており、一歩踏み入れるとまず目に入るのは1986年に発表された「燦(シベリアの夕陽)」という作品だ。この作品は戦時中、シベリアでの過酷な交流生活を経験した久保田の心に刻まれた風景であるシベリア海に沈む太陽を思い出して作った着物だ。遠くからみても勿論美しいのだが、近くで見ると幾重にも金糸が織り込まれており、その輝きに惚れ惚れしてしまう。

美術館を少し進んですぐのところには全80連作で四季・海・宇宙を表現しようとする一竹のライフワークである「光響80連作(宇宙)」が展示されている。この作品は宇・波・渦・炎・宙・頭・主の順に並べられており、一着を見るだけでは気が付かないが燃え滾る炎の中には化学染料を活かした色彩豊かな龍が描かれている。このように、一着見るだけでなく連作として様々なテーマが描かれている作品の多い一竹の作品は人々を魅了し、作品の前で足を止めている人も多く見受けられた。

また少し進んだところには「光響80連作(秋)」が展示されている。この作品は一竹が70歳になってから取り組んだ壮大なプロジェクト。何枚もの着物をキャンバス代わりに秋からはじまる日本の風景を描いた連作だ。河口湖周辺の山々が紅葉し、雪が降り始め、一面が雪景色になっていく様子が29枚の着物に描かれている。春と夏は未完成だが今後一竹の弟子が完成させていくのが楽しみだ。

「燦」で描かれている夕陽はバックストーリーを知った上で見ると更に味わい深い

一竹作品の見どころは「光響80連作(冬)」

数々の魅力的な作品が展示されているこの展覧会で特に来場者に見ていただきたい作品を同美術館のキュレーターであるナタリア・ネクラーソヴァ氏に伺うと、「光響80連作(冬)」だとのことだ。染料の使い方や丁寧に刷毛で塗られた金銀の糸で見事に雪のニュアンスや冬の朝焼け、夕焼け等カナダでも親しみのある冬景色を見事に描いているという。連作だからこそ少しずつ雪が積もり、やがては一面が真っ白になる冬の物語はカナダに住む方々にはきっと親しみやすいだろう。

化学染料も用いて作られた「光響80連作(宇宙)」は 鮮やかな彩りから 目を離せない


また、一竹の作品を楽しむ上でネクラーソヴァ氏は「足を止めてじっくりと一着一着を鑑賞してほしい。ゆっくり立ち止まって近づいてみたり、遠くから見たり、作品がつくられるに至るまでを知ることで心から作品の美しさを感じられることだろう」と語った。

館内には実際の製作の様子も紹介されている


最後に、ネクラソーヴァ氏は「久保田一竹展覧会では日本の伝統である失われた辻が花を蘇らせただけでなく、新しい技術や染料を用いて常にイノベーティブな作品作り出してきた一竹の生き方を感じることができる素晴らしい展覧会であり、TORJA読者の方々にはこの貴重な機会に足を運んでいただき、直接見ることでしか感じられない作品たちの息吹を感じてほしい」と期待を寄せた。

少しずつ暖かくはなってきているもののまだまだ寒いトロント。是非Textile Museum of Canadaに足を運び、久保田一竹の着物から一足先に春を感じていただきたい。


ARTISTRY IN SILK: THE KIMONO OF ITCHIKU KUBOTA

■開催期間
2018年2月7日(水)~5月13日(日)
■入場料
一般$15、学生$6、シニア(65歳以上)$10、子供(5歳以下)無料、家族(最大5名内大人は最大2名)$30、メンバー無料
55 Centre Ave / 416-599-5321
textilemuseum.ca